前のページへ戻る

「胞子を投げる シダの秘密」
大量発生して赤潮をつくるヤコウチュウなどの生態を見る。

昼でも薄暗い林の中。
そんな林の下にも、様々な植物が葉を広げています。
のこぎりのようなぎざぎざした葉は、シダです。
雨の多い日本では、多くの種類を見ることができます。
シダは胞子で殖えます。
葉の裏には丸いものが並んでいます。
よく見ると、小さい粒の集まりです。
さかんに動いています。
これは胞子の入った袋「胞子のう」の集まりです。
直径およそ0.3mm。
この中に胞子が数十個詰まっています。
胞子の大きさは、0.05mmほど。
胞子のうは、胞子を飛ばします。
どのようなしくみになっているのでしょうか。
胞子のうを縁どっている部分は、細胞が1列に並んでできています。
細胞の壁は横から見ると、外側に比べて内側が厚く固くなっています。
乾燥すると細胞内の水分が蒸発し、1つ1つの細胞が縮んでいきます。
しかし、内側は固くて縮まないため、外側だけが縮んでいきます。
縮む力で袋が裂け、どんどん反り返っていきます。
そして限界に達すると、一気に元に戻ります。
まるで、ボールを握ったピッチャーの腕のような動きです。
飛ばされた胞子は、ばらばらになり風に乗って運ばれていきます。
山の斜面に小さなものを見つけました。
1cmに満たないハート型をしたもの。
シダの胞子から育った前葉体です。
多くのシダは前葉体の上で、精子と卵細胞をつくります。
この丸いものが精子をつくる造精器です。
造精器が水に濡れると、精子が飛び出します。
精子は、ほかの前葉体の中央を目指し泳いでいきます。
前葉体の中央にあるのが造卵器。
この中にある卵細胞と精子が出合い、受精します。
その受精卵が成長し、私たちがふだん見かけるシダの姿になっていきます。
大きくなった葉の裏では、小さな胞子のうが、また胞子を投げ始めます。
こうしてシダは、新しい世代へと受け継がれていくのです。