前のページへ戻る

蒼井さんが番組で見せてくれた実験はなぜそのような結果になるのでしょう?
ホームページによせられたみなさんの”考え”をご紹介します。
#12
開く
みなさんの"考え"
古内さん(20代)

この実験を見てて思ったことがあります。ハエと自動車です。慣性の法則により、移動中の車中のどこかに止まっている飛行生物(ハエなど)は車と一緒に進行方向へ移動します。そこでジャンプをしても慣性の法則で着地点は同じ。ただ、ハエ自身が飛行を始め、空中に静止した場合、進行方向とは反対に後退するのではないか。その場にとどまるには、車と同じ進行方向に飛ばなければならないのではないか。と思うのですが、どうでしょうか?

面白い実験を考えたね!ハエは、羽ばたいて何に対して進んでいるのだろうか?地面?自動車?空気?ぜひ検証実験をしてください。そういえば、ハエをどんどん小さくしながら考えるとどうなるかな。たとえば、空気の分子まで小さくしたら?窒素や酸素分子も空中に浮いている?自動車が動き出したら空気はどうなる?

鈴木さん(小学生)

重いものは動きたがらないです。テーブルの上にテーブルクロスをひいて、コーヒーカップを載せ、クロスを急にひっぱても、カップはテーブルの上にあります。

風船の重さの違いで前後の傾き方が違うことは、どう関係があるのかな?また、テーブルクロスの実験では、クロスを急に引っ張らないとうまくいかない、なぜだろう。

浅沼さん(高校生)

軽い風船が前に傾いたのは箱内の空気の重さ>風船の重さとなっていたため『箱内の空気に働く慣性力のほうが大きかった』から。でも、今回の実験では重さの関係は箱内の空気<風船+水となっていた(と推測できる)から『青い風船の慣性力 >箱内の空気の慣性力』となり右に傾いた。

高校の物理で習う「慣性力」を使って説明してくれたのかな。重くても軽くても、慣性力は加速度と逆向きに働くのでは。慣性力の大小だけではまだよくわからないなぁ。