2018年03月17日 (土)【3月17日のらじらー!サタデー】


2018-03-17
8時5

2016112606.jpg
こんばんわっふぉ〜い!!
8時台のMCは、Hey! Say! JUMPの八乙女光くんと伊野尾慧くん!

――――――――――――――――――
2018-03-17
8時18


2018031601.jpg
「お弁当ありがとう!」

みんなの思い出に残っているお弁当エピソードを紹介します。

「学校行事の時に母が作ってくれたお弁当に
「あんた朝髪型変だったよ!」のメッセージカードが添えられていました。
そのカードなぜか今も持っています。」
八乙女「素敵ですね」

「幼稚園の頃「キャラ弁作って」と母にリクエスト。
何とおにぎりのラップに目と口が書き添えてありました。
忙しい中、母に感謝です。」
八乙女「いいですね。キャラ弁とはすごいですね」

「ハロウィンの時に指に見立てたウインナーが
ケチャップで血まみれになった感じで入っていました。」
八乙女「面白いねお母さん」
伊野尾「僕らの学生の頃より、
    今の方が圧倒的にデコレーショングッズ多いよね」

――――――――――――――――――

2018-03-17
8時31


201612103.jpg
「今夜、アナタを口説きます!」

今夜のカワイコちゃんは、「第二ボタン」
radirer201803161967.jpg

radirer201803161986.jpg

リスナーからの投票の結果、
勝者は、伊野尾くん!

――――――――――――――――――
2018-03-17
8時44

201710211.jpg
「Come On A My Town」

みんなの街のディープでローカルな情報を紹介していく企画。
全国制覇まで残り2県!今日は福島県を紹介。

radirer201803161982.jpg

「私の住んでいる地域では厄年になると食器用洗剤と紙風船を
近所の人に配ります。意味は「厄を洗い流してください」
紙風船は「破けるまで遊んで厄を飛ばしてください」と言う意味です。
私は今年厄年だったので近所の人に配りました。
その時県外からやってきた人に渡したら、なぜ渡されたのかわからなかったみたいで、
「何でいただいたのでしょうか?」と言われました。
当たり前だと思っていたので、逆にびっくりして検索したら私の地域だけだと
判明してびっくりしました。」
伊野尾「これはニッチな情報ですね」
八乙女「紙風船わざわざ買うのか〜」


「福島県には“いかにんじん”という人参を和えた郷土料理があります。
イカと人参、それぞれの食感が楽しめて、ご飯のお供、お酒のおつまみにもなります。
最近、いかにんじん味のポテトチップスも作られたみたいで、
福島県民には馴染みのある料理だと思います。」
八乙女「どんな味付けなんだろうね。きんぴら風?美味しそう!」

2018031701.jpg
福島県が塗られました。
あと1県です!

――――――――――――――――――
2018-03-17
9時05
 
2016112606.jpg
9時台のMCは、ジャニーズJr.の安井謙太郎くんと髙橋優斗くん

――――――――――――――――――
2018-03-17
9時15


2018031603.jpg
「謙ちゃんいいですか?」
みんながやりすぎちゃっている事をこれからも続けていいか、
謙ちゃんにおうかがいを立てて行きます。

「中学2年の息子が何も話さないので、
机や学校の感想文を見ています。いいですか?
安井「ダーメ!」
髙橋「ラブレターも見たそうですよ」
安井「見ちゃダメ!!!関係が修復できなくなりますよ」


「今年で23歳の私ですが、マザコンすぎて困っています。」
安井「い〜〜〜〜よ お母さんに迷惑かけていないからね。
   友達はいますか?お母さんだけにならないといいかな」


「小学校の低学年から120センチの大きなクマの抱き枕がないと寝られません。」
安井「むずいね」
髙橋「13歳です」
安井「まだいいよ!」

――――――――――――――――――
2018-03-17
9時30

201710072.jpg
「けんちゃん 優斗 YOUはドッチ派?」
リスナーからの2択の質問に
けんちゃんと優斗くんがドッチ派なのか答えます!

「行く予定だった飲食店に行列が出来ていたら?そのまま並ぶ派?別のお店を探す派?」
安井「そのまま並ぶ派」
髙橋「別のお店を探す派。」
髙橋「そこまで食のこだわりはないんですよ」
安井「俺は悔しいから、食べないと気が済まない」

「待ち合わせの時間ぴったりに着く派?時間に余裕を持つ派?」
安井「ぴったりに着く派。」
髙橋「ぴったりに着く派。」
安井「余裕を持ったことがない」
髙橋「この間仕事4時からで、がっつり10分遅刻しちゃって…
   でもそんなに遅刻しない」
安井「俺も前フットサル1時間半遅刻してきた」

――――――――――――――――――
2018-3-17
9時50

201711114.jpg
「ラブ子って、どんな子?」

放送の中で突如現れた謎の子「ラブ子」
ラブ子って、どんな子なのか?キャラクターを考えていきます!
今回のテーマは、「ラブ子が、もう卒業したいと思っていること」です。

「何でもかんでもお寺に行ってお願いすること」

「割引の商品をつい買ってしまうこと」

「男の子から告白されるのに、妄想する男の子が好きすぎてフッてしまうこと」

「ビンテージにこだわりすぎて、友達からもらった洋服を着る」

「大好きなあの人を黙って見てるだけの生活」

「恋愛小説を読むのが好きなのに、実は漢字が苦手で
全部にフリガナをふってしまうこと。」

ここで優斗くんが卒業宣言!!
髙橋「私、高橋優斗はメールにフリガナいりません!!」


ラブ子が、もう卒業したいと思っていることは
「男の子から告白されるのに、妄想する男の子が好きすぎてフッてしまうこと」に決定!

――――――――――――――――――
2018-03-17
10時10

2016112606.jpg
こんばんニャン!!
10時台のMCは、Sezy Zone
中島健人くんと松島聡くんが登場!

――――――――――――――――――
2018-03-17
10時23

2018031606.jpg
「仰げば尊し!?我が師の恩!(ワガシーノーン!)」
卒業シーズン!みんなの心に残る個性豊かな「師(先生)」と
そのエピーソードを紹介します。

「私の恩師は高校1年からの担任の先生です。
私だけ大学受験しないことにしました。
反対する先生がいる中、担任の先生だけは味方してくれ、
「好きなことさせてやってください!お願いします!」と
頭を下げてくれました。
自分と真剣に向き合ってくれる先生にはじめて会いました。」
松島「ちゃんと向き合ってくれるのは嬉しい話ですね」
中島「味方でいてくれることはいいことですね」


「化学の先生です。どうして化学の先生になったのですか?と聞いたら
「お前たちに出会うためだよ」と先生。
 心の中では「健人くんかよ!」と思いました。」
松島「かっこいい先生!」
中島「おしゃれでクールな先生ですね」

――――――――――――――――――
2018-03-17
10時29

201610157.jpg
「マリウス葉の1minute talking」

マリウスくんによる1分間のトークコーナー!
今回のテーマは、「今回のライブの見所は?」
マリウス「アルバムをベースにしたコンサートなので、
今までやったことのない新しい曲やジャンルのダンスに挑戦しています。
個人的にはダンスを通して自分ののメッセージをみなさんに伝えたいです。
あと今回は英語の歌詞が多いので、そこは自分の新しい色で見せ場でもあるので、
カッコよく決められるように頑張りマリウス。」

――――――――――――――――――
2018-03-17
10時38


201803105.jpg
「3月、何してる?」
3月。卒業。別れと旅立ちが訪れる、March。
みんな何してるの?
日常のちょっとした話をSexyZoneのメンバーに紹介。

「私のおばあちゃんがもうすぐ誕生日なので会いに行きました。
私が中島健人くんが好きなのを知っていて、
「健ちゃんは可愛いね」と言ってくれます。」
中島「うちのおばあちゃんも健ちゃんと言ってくれます」
松島「話が合うんじゃない?」

――――――――――――――――――
2018-03-17
10時45

201712024.jpg
「Sexy Zoneの お前しかいない!」

Sexy Zoneがリスナーに思いっきりフラレます!
そして、別れる決意の固いアナタを
「お前しかいない!」と全力で引きとめます!
卒業シーズンにちなんで、「春の卒業スペシャル」です。

別れの一言
「らじらー!って10時台だけじゃなくて8時台、9時台もあるし、
サンデーもあるんだね。これから10時台以外を聴いてみようかな?
私、あなたから卒業します。」
中島「いや〜ちょっと待ってよ!今までずっと聞いてくれたじゃん
どうして聞いてくれないの?寂しくない?忙しいんでしょ!その気持ち受け止める!
ラジオ終わったら俺と二人きりで話そう!お前しかいない!卒業しよう!」

別れの一言
「もうあなたの足の臭さに耐えられない。
今日で刺激臭から卒業します。」
松島「まじか〜そんな臭かったか〜 それだけ汗水垂らして頑張ってるんだよ
じゃあ臭かったら、一緒にお風呂に入ろうよ!お前しかいない!卒業しないで!」


別れの一言
「今日は卒業式だね。今日まで毎日会って幸せだったけど明日からは毎日会えないんだね。
あなたと心まで離れて行きそう。私、あなたからも卒業します。」
中島「これからお互い違う大学恋行くし、心配するのわかるよ だけどさ
お前が「好きなんだよその気持ちどうすればいいんだ! 
俺には卒業して結婚する夢しかない お前しかいない!卒業しないで!」


別れの一言
「私、アナタのこと抱き枕みたいにして毎日寝てたけど、アナタ以上に寝心地が
いい抱き枕を見つけたの。アナタじゃ物足りない!私、アナタから卒業します!」
松島「なんで?いいじゃん?その抱き枕はしゃべらないよ?
じゃあ、いい。今キミをハグして離さない!!
お前しかいない!卒業なんてするな!」


リスナーからの投票の結果、
勝者は、中島くん!
――――――――――――――――――
2018-03-17
10時58

2018031607.jpg
「驚きのrepainting Tour!?」
3月24日から全国7都市を巡る
Sexy Zone repainting Tour2018
そこでメンバーに起きる驚きの出来事とは!?

「ライブ中に「お前しかない」をやり、経験のないマリウスくんが圧勝!!」


投稿者:番組スタッフ(W・K) | 投稿時間:23時00分


ページの一番上へ▲