『進撃の巨人』の魅力を語る!③~宮田俊哉・石川由依・足立梨花~

ざっくり言うと
2018/01/03 ラジオマンガ
「進撃の巨人 第二弾」の放送に向けて第一弾を振り返ります。
宮田俊哉さん、石川由依さん、足立梨花さんが選んだ名シーンは?

アニメ・マンガ

2018/01/03

記事を読む

【出演者】
宮田さん:宮田俊哉さん
足立さん:足立梨花さん
サンキューさん:サンキュータツオさん
石川さん:石川由依さん
渡辺アナ:渡辺ひとみアナウンサー

【インタビュー】
諫山さん:諫山創さん


12月29日(土)午後2時から「ラジオマンガ~進撃の巨人 第二弾~」を放送します。オリエンタルラジオのお2人がアルミン役声優・井上麻里奈さんやマンガ大好きな吉木りささんと名シーンの生アテレコに挑戦!さらに「進撃の巨人」の魅力を語りつくします。

『ラジオマンガ 進撃の巨人 第二弾』公式ホームページはコチラ

この第二弾の放送に先立ち、1月に放送した第一弾を書き起こしで振り返ります!Kis-My-Ft2の宮田俊哉さんや、ミカサ役声優・石川由依さんが登場。作者の諫山創さんの貴重なインタビューもお楽しみいただけます。

『ラジオマンガ 進撃の巨人 第一弾』公式ホームページはコチラ


宮田俊哉と石川由依が選んだ名シーン

渡辺アナ: 続いては、宮田さんと石川さん、お2人が選んだシーン。
一同: おっ、おっ。
宮田さん: 同じシーンを選んだってことですか。
渡辺アナ: 一緒のシーンですね。
宮田さん: あぁ~なるほど、ぼくが選んだシーンはですね。12巻・第50話「叫び」から、エレンとミカサが、絶対絶命のピンチになった場面で、ミカサがエレンに「ありがとう マフラーを巻いてくれてありがとう」と言うシーンです。
サンキューさん: これは、かなり物語序盤で、最初のマフラーのエピソードがありまして、いろいろあっていろんな戦いを経て、もう、もう死ぬと、もうこの先ピンチ絶対絶命って言う時に、ミカサがエレンに対していろんなことを言うんですけど、その最後に…
渡辺アナ: このシーンも石川さんに生アテレコをお願いしたいと思います。
サンキューさん: わぁーすげぇ。
渡辺アナ: もちろんエレン役は宮田さんです。
宮田さん: 頑張ります!
渡辺アナ: ミカサ役・石川由依さん、エレン役・宮田俊哉さんによる「進撃の巨人」12巻・第50話「叫び」名シーン、生アテレコです。

石川さん: エレン聞いて。伝えたいことがある。

石川さん: 私と、一緒にいてくれてありがとう。私に生き方を教えてくれてありがとう。私に、

石川さん: マフラーを巻いてくれて、ありがとう。
渡辺アナ: 右手を力強く握りしめるエレン。立ち上がり、ミカサをかばうように、巨人の前に立ちはだかる。
宮田さん: そんなもん、何度だって巻いてやる。

宮田さん: これからずっと、オレが何度でも。

渡辺アナ: 石川由依さん、宮田俊哉さん、ありがとうございました。
宮田さん: 泣けるわぁ これ。
渡辺アナ: このシーンのミカサは、宮田さんから見てどうですか?
宮田さん: あのですね、ミカサってすごいちょっとね、ツンなんですよ。
渡辺アナ: なのに。
宮田さん: ここでメインヒロイン出してきたなみたいな。
サンキューさん: マフラー覚えてたか~みたいな。
渡辺アナ: そう言うことなんですよね。
足立さん: あとこの顔のね、ミカサ可愛い~可愛いよね。
石川さん: ここアニメでも、スタッフさんから「もっとミカサの乙女の部分出しちゃって大丈夫だから」といわれて、普段すごくクールなんですけどなるべく乙女の部分をだそうと思ってやりました。
宮田さん: この表情から腹筋が6つに割れてるとは思えないよ。
一同: (笑)。
石川さん: そうなんですよね実は。
足立さん: 見えない、見えない。
渡辺アナ: なるほど、石川由依さんはミカサについて、諫山先生に聞きたいことがあるそうですよね、どんな疑問なんですか?
石川さん: はい、エレンがミカサに巻いてくれたのが、どうしてマフラーだったのか、もう今マフラーを巻いたキャラクターのトップ3の中に入ってるぐらい、ミカサはマフラーを巻いたキャラとして有名だと思うんですけど、なんでマフラーだったのかなって言うのをお聞きしたいなと思って聞きました。
渡辺アナ: その石川由依さんの疑問に実は原作者の諫山先生から回答をいただいております。

池袋のネットカフェで誕生したヒロイン・ミカサ

諫山さん: 上京してとりあえず、深夜のネットカフェでバイトしながら生活してまして、池袋のネットカフェだったんですけど、その時「キャラクターのデザインどうしよう?」とか、ずーと考えながら働いていたんですね、そうしたらあるお客さんで、もうひと目見た瞬間からこれだ! と言う顔のお客さんがいて、まさにミカサみたいな。その場でレシートの裏に落書きして、まぁそれが最初にミカサができた瞬間なんですけど、でその人がマフラーを巻いてて、まぁ元々そのマフラーありきのミカサだって言う、マフラーが肉体の一部だったみたいなところですね。

渡辺アナ: 原作者の諫山先生からの回答でした。
一同: えー!
宮田さん: えーすごいー。
石川さん: 非常に貴重なお話聞けましたね、これ。
サンキューさん: ですね。
宮田さん: 池袋のネットカフェ。
一同: (笑)。
宮田さん: ちょっと僕、今から行ってきていいですか?
足立さん: 会えるかも。
宮田さん: モデルに会えるかもしれない。
石川さん: 確かに。
宮田さん: 凄い! まじか!
渡辺アナ: マフラーありきだった。
足立さん: 凄い。
宮田さん: えー。
サンキューさん: 体の一部って言ってましたね。
宮田さん: うん~。
足立さん: じゃこれのこのマフラーどう巻こうかって考えた上でこの話ができたと言うことになると言うことなんですか。
渡辺アナ: そうですね。
足立さん: そう言うことですね。
石川さん: えー鳥肌立ってきた。
サンキューさん: どうですか石川さん。
石川さん: いやー何かすごい、あのなんだろう、ただ何となくって答えられたらどうしよう、困っちゃう、こんな何か昔、諫山先生が大変な時にこう一生懸命考えてて、出会ったと言う運命の出会いがあって、今こうしてミカサが出来上がったんだと思うと、すごい感慨深いですね~。
サンキューさん: 生まれた時から一緒だったんだね、マフラーは。
渡辺アナ: でもこの2人の関係性って大きな魅力の1つ。
宮田さん: そうですね。
石川さん: そうですね。
宮田さん: こう言うのがいろいろ聞けるわけですか、これからも諫山先生のコメントが。
足立さん: 聞けますよ。
サンキューさん: すげい。
宮田さん: まだまだ楽しみありそうですね。
渡辺アナ: 今明かされるマフラー秘話、すげぇなぁ~て言う。Twitterが。
宮田さん: やばいでしょうこれ やばいよ~。
渡辺アナ: ありがとうございます。これからもどんどんつぶやいてください。キャラクターにスポットを当てた名シーン。続いては、足立梨花さんに選んでいただいた名シーンをご紹介いただきます。足立梨花さんお願いします。

足立梨花が選んだ「リヴァイ兵士長の名シーン」

足立さん: はい、私が選んだ名シーンは! 3巻・特別編「リヴァイ兵士長」で潔癖症のリヴァイ兵士長が、仲間の問いに、血まみれの手を握りながら約束するあのシーンなんです。
宮田さん: 分かる。
足立さん: 分かるでしょう。
サンキューさん: リヴァイは凄いできる上司で、部下のことをどう思っているかもよく分からないし、なんなら駒としてしか見てないんじゃないかと。部下がもう本当にやられたと言う時に、「リヴァイさん、オレは人類の役にたてたんでしょうか?」って言った時に、リヴァイが…。
足立さん: しかも自分も血まみれになりながらも手を差し出しているんですよ、倒れかけの兵士は、その手を力強く握りしめて。
サンキューさん: あの潔癖症のリヴァイが。
足立さん: 潔癖症ですよ。なのに、そのちょっと前は「巨人の血とかがこう飛び散ったらいやだな、汚いな」と、引いているぐらいのリヴァイ兵長がその手を握りしめて、「約束しよう。オレは必ず巨人を絶滅させる」って言ったのが、もうカッコ良すぎて。
宮田さん: クールだわぁ~。
渡辺アナ: そのリヴァイについても、原作の諫山先生からコメントいただいてます。
宮田さん: たまんねぇ~。
渡辺アナ: こちらをお聞き下さい。

諫山さん: リヴァイに関してなんですけど、いろんな方にご好評いただいて本当に助けられたキャラクターです。自分の中で何かこう言う男性が好きじゃないすけど、まぁ理想の何かがあったんでしょうね。でそれを結構詰め込んだ感じです。

一同: へぇ~。
渡辺アナ: と言うリヴァイについてのコメントでした。
サンキューさん: 理想の何かなんだ。
足立さん: 見た目はクールだけど実はすごい熱い心をめちゃくちゃ持ってるじゃないですかリヴァイって。
サンキューさん: 鉄の意志と高い理想で皆をもう引っ張って行く、誰よりも皆の力になってるて言うね人なんで、背中で語るタイプですよ。
石川さん: あぁ~確かに。
サンキューさん: その人が最後こんな言葉かけてくれんの。
宮田さん: うん~。
サンキューさん: 一生ついて行きますみたいな感じなるよ。
足立さん: なる、なる、なる。
宮田さん: ついて行きますわ。
足立さん: 兵長のためなら何でもできるもん。
サンキューさん: そう。
宮田さん: カッコいいなぁ、リヴァイ。

ラジオマンガ「進撃の巨人④」につづく

Related Articles関連

Latest新着

トップページへ戻る