最近スズメを見ませんが、どこに行ってしまったの?

質問者あつなりくん

放送日2018年8月31日(金)

ざっくり言うと
おおくぼあつなりくん(小学校2年生・愛知県)からの質問
鳥の中村忠昌先生が回答
あつなりくんと同じように、研究者のひとが調べてる最中なんです。

テーマ

鳥 中村忠昌先生

記事を読む

放送日時:2018年8月31日(金)午前9時42分ごろ~午前9時49分ごろ

金井アナ:金井直己アナウンサー
中村先生:中村忠昌先生 (葛西臨海公園鳥類園 スタッフ)
あつなりくん:質問者


金井アナ:愛知県からのお友達です。もしもし。
あつなりくん:もしもし。
金井アナ:こんにちは。
あつなりくん:こんにちは。
金井アナ:お名前と学年を教えてください。
あつなりくん:あつなりです。2年生です。
金井アナ:2年生のあつなりくんは、どんな質問でしょうか。
あつなりくん:最近スズメを見ませんが、どこに行ってしまったんですか。スズメの体に環境の変化があわなくて、住めなくなったんですか。
金井アナ:あつなりくんのうちのまわりには、スズメがいませんか。
あつなりくん:いません。
金井アナ:あつなりくんは都会に住んでるの?
あつなりくん:都会っていうか、田舎っていうか。わかりません。
金井アナ:では、中村先生、お願いします。
中村先生:あつなりくん、おはようございます。
あつなりくん:おはようございます。
中村先生:あつなりくんのおうちの近くには、もう全然いないんだ、スズメが。
あつなりくん:はい。
中村先生:最近スズメが減っちゃってる、っていう話を聞いたことがありますか。
あつなりくん:ありません。
中村先生:実はね、あつなりくんと同じように、スズメが最近減ってるんじゃないかって、研究している人がいるんです。
あつなりくん:そうだったんですか。
中村先生:そういう学者さんがいて、今ちょうど調べてる途中なんですね。それによると、どうもスズメは減ってるんじゃないかな。まだはっきりとはいえないんだけども、どうも減ってるようなんですね。
あつなりくん:はい。
中村先生:どこで減ってるかというと、街の中。
あつなりくん:街の中?
中村先生:街の中は減っていて。例えば、畑とか田んぼとか、わかる?
あつなりくん:わかります。
中村先生:そういうのがたくさんあるところは、そんなに減ってないんだけれども、どうも街の中で減っていて。
あつなりくん:はい。
中村先生:しかも、なんで減ってるかっていうと、子育て…スズメが…子育てってわかるよね?
あつなりくん:うん。
中村先生:巣をつくって、そこで卵を産んで、ヒナをかえす。そういうのを、子育てっていうんだけど。どうも子育てがうまくいっていないそうです。
あつなりくん:はい。
中村先生:そういう研究が今、されていて。どうして街の中で減っちゃうのかな、ってふしぎだよね。
あつなりくん:うん…。
中村先生:それも今、調べられている途中なんですけれども。例えばね、1つ考えられるのは、ヒナにあげるエサ。
あつなりくん:エサ?
中村先生:スズメって何を食べる? ヒナに何をあげるか知ってる?
あつなりくん:虫?
中村先生:そうそうそう。虫をたくさん、巣のまわりから集めてきて、あげるんですけども。たぶんね、街の中にはそういう虫が少なくなってる。
あつなりくん:ええ?
中村先生:田んぼとか畑があるところよりも、虫が少ないんですね。だからたくさん、お父さんお母さんのスズメはいろんなところに行って、虫を探さなきゃいけない。
あつなりくん:はい。
中村先生:街の中はそれがなかなか大変なので、たぶんね、虫があまり集められないというのが1つ、原因だと思います。
あつなりくん:スズメとかは、木とかのちょっと、少しだけ硬い実とかは、食べられないんですか。
中村先生:硬い実も食べるんだけれども、ヒナにあげるのは虫が中心です。虫を集めたほうが育つそうです。
あつなりくん:タンパク質がたくさんあるから、ですか。
中村先生:すごいね。そのとおりです。子育てをするときには、タンパク質のある虫をあげなきゃいけないんですね。
あつなりくん:はい。
中村先生:それが1つ原因。あと、もう1つはね…スズメってどんなところに巣をつくるか、知ってる?
あつなりくん:なんか、団地の上とか。そういうところだと思います。
中村先生:そう。団地とか、団地じゃなくても一軒家のおうちのすきまみたいなところに、ちょっと穴があいてるところに、枯れた草をたくさん集めてきて…。
金井アナ:屋根瓦の裏側とか?
中村先生:そうですね、雨樋が詰まっちゃいますけど。そういうすきまに、巣をつくるんですけども。
あつなりくん:え?
中村先生:そういう団地とか家の、ちょっと屋根のところにある、すきま…すきまって、わかるかな?
あつなりくん:すきま、わかります。
中村先生:そういうところに草を集めて、巣をつくるんですが。最近の新しいおうちは、そういうすきまがなかなかないんですね。
あつなりくん:ああ、ない。
中村先生:きれいにつくってあるので。それは悪いことじゃないんだけども。だから、スズメが巣をつくる場所がなかなかないんですね。
あつなりくん:はい。
中村先生:ヒナにあげるエサもないし、巣をつくれるようなすきまもなくなってしまっているので、たぶん街の中ではスズメがうまくヒナを育てられなくなって、それで減ってるんじゃないか、っていうことがいわれています。
あつなりくん:もしぼくがスズメだったら、たぶん空き家とかに巣をつくると思うんですけど。
中村先生:そうだよね。たぶん、街の中には空き家はあんまりなくて、畑とか田んぼがあるような、ちょっと街から外れたところにあるので、そこでは安心して巣をつくれるんだと思いますよ。
あつなりくん:うん。
中村先生:だから、あつなりくんが考えてるように、スズメもそういうところに移動してるかもしれないですね。
金井アナ:あつなりくん、どうでしょうか。わかってもらいましたか。
あつなりくん:わかりました。
金井アナ:よかったです。どうも今日はありがとうございました。さようなら。
あつなりくん:ありがとうございました。さようなら。
金井アナ:ということで、スズメの体の変化というのは、なさそうですか。
中村先生:ないと思いますね。それよりは、まわりの環境の変化だと思いますね。
金井アナ:そういうことなんですね。確かにスズメも少なくなってきたな、って最近言われてきましたもんね。
中村先生:そういう研究が行われて、よく取り上げられるようになってますね。
金井アナ:スズメはたくさんいてもいいかなと思いますけどね。

関連

新着