答えてくれる先生

昆虫

  • 清水聡司(しみず・さとし)

    大阪府営 箕面公園昆虫館
    副館長

    蝶から水生昆虫まで、昆虫館で展示する昆虫たちの飼育全般を担当しています。同じように昆虫を扱っている施設でも、それぞれに個性があります。ぜひ、いろんな昆虫展示施設を訪ねてみてください。

  • 丸山宗利(まるやま・むねとし)

    九州大学総合研究博物館准教授

    私は小さいときから昆虫が好きで、そのまま昆虫学者になりました。昆虫にはとにかくいろいろなものがいて、みんなそれぞれ違った生活をしています。あまりにもたくさんの昆虫がいるので、まだまだ不思議でわからないことがいっぱいです。みなさんに質問をいただいて、一緒に考えるのを楽しみにしています。

  • 久留飛克明(くるび・かつあき)

    非営利団体 昆虫科学教育館
    館長

    昆虫は、自分が生きる場所を見つけたスペシャリストです。昆虫の生き方など、新しい切り口で考えるヒント、気づきを発信したいと思っています。

天文・宇宙

  • 国司真(くにし・まこと)

    かわさき宙と緑の科学館
    プラネタリウム解説員

    小学生の頃から星が大好きで、レンズを組み合わせて望遠鏡を作り、月や惑星の観察をしていました。その時に見た月のクレーターは忘れられません。夏休みは、宇宙の神秘や星空の美しさを体験できるチャンスです。ぜひ、夏の星空を見上げてください。

  • 永田美絵(ながた・みえ)

    コスモプラネタリウム渋谷 
    解説員

    夜空に輝くたくさんの星座の星は小さな点のように見えますが、本当は一つ一つが太陽のような星です。宇宙を知れば知るほど、大きな世界が見えてきます。大きな世界が見えると気持ちも大きく育っていきます。今年の夏休みは大きな宇宙の不思議を一緒に解き明かしていきましょう。そして星を大好きになってくださいね。

植物

  • 田中修(たなか・おさむ)

    甲南大学 特別客員教授

    みなさんは、「植物は動きまわることができない」と思っていませんか。でも、植物は動きまわることができないのではなく、動きまわる必要がないのです。それが本当かどうか、動物が動きまわる理由を考えて、それに対して、植物がどうしているかを考えてみましょう。動きまわる必要がないための、植物の“しくみ”や“工夫”が見えてきます。

  • 高橋 亘(たかはし・わたる)

    農業・食品産業技術総合研究機構
    畜産研究部門 上級研究員

    みなさん、夏休みを楽しんでいますか?いろいろな生き物を見て、不思議に思ったことがあるのではないでしょうか?植物の不思議について、一緒に考えてみませんか?私たち人間と植物は、体のつくりや生き方が違いますが、植物の気持ちになって考えてみれば、いろいろなことがわかるかもしれません。

  • 塚谷裕一(つかや・ひろかず)

    東京大学大学院
    理学系研究科教授・
    同附属植物園園長

    葉の形と大きさがどのように決まっていて、どう変化し進化していったのかを、遺伝子から調べています。また、ボルネオ島などで、新種の植物の探索などもしています。夏休みはいろいろな生き物を見るチャンス!ぜひ、いろいろな植物を見て、驚きの体験をしてください。

  • 多田多恵子(ただ・たえこ)

    植物生態学者 /
    立教大学・国際基督教大学
    兼任講師

    植物の生き残り戦略や虫や鳥や動物たちとの関わりを、いつもワクワク追いかけています。葉っぱの工夫、風や虫を利用する花々の「知恵」、タネたちのデリバリー作戦、虫や動物や菌類との損得入り交じった関係の数々…。身近な野山にも不思議や発見がたくさんあって、科学の世界への扉も、ほら、あちこちに開いてますよ。

動物

  • 小菅正夫(こすげ・まさお)

    札幌市円山動物園参与

    夏真っ盛り。周りでは、いろいろな生き物が元気に活動しています。この夏休みに、少し時間をかけてその活動を追ってみてはどうでしょう。ヘビの動きや鳥の飛び方、近くに暮らすイヌやネコ、動物園でカバやキリンの動きをじっと観ていれば、何やら不思議な動きをしていることに気づくと思います。写真も撮ってみましょう。面白いですよ。

  • 成島悦雄(なるしま・えつお)

    日本動物園水族館協会 専務理事

    動物園で動物たちの健康管理や、園全体をみる園長の仕事を経験しました。今は、動物園水族館が協力してよりよい施設を作っていくための仕事をしています。動物園や水族館は、野生動物に手軽に出会える施設です。夏休みに出かけて、いろいろな動物たちに出会ってください。

科学

  • 藤田貢崇(ふじた・みつたか)

    法政大学教授

    北海道生まれ、北海道育ちで、蒸し暑い東京の夏は今でも苦手です。ふだんは大学で、「自然界の法則性」を学ぶための物理学という科目を担当しています。みなさんの夏休みには、楽しいことがたくさん待っていることでしょう。「どうしてだろう」とか、「なぜだろう」と考えるきっかけに出合えるといいですね。

  • 竹内薫(たけうち・かおる)

    サイエンス作家

    大学時代は物理学を勉強していました。現在は、科学に関する本を書いたり、テレビに出演したり、科学の魅力を発信する仕事をしています。みなさんからの大人では思いつかない質問を一緒に考えながら、科学のおもしろさを感じてもらいたいと思っています。

鳥

  • 中村忠昌(なかむら・ただまさ)

    葛西臨海公園鳥類園 スタッフ

    小学生の頃、庭にエサ台を作って鳥を呼んだのをきっかけに、野鳥に興味をもちました。近くの公園で鳥を探したり、図書館で本を読んだりして勉強しました。今ではどんな鳥も大好きです。少し注意してみると、身の回りでも野鳥は暮らしています。朝早く起きると、街の中でも鳥の声が聞こえます。どんな声がしたか、ぜひ教えてください。

  • 川上和人(かわかみ・かずと)

    森林総合研究所 主任研究員

    大学時代に鳥の研究を始めてから20年以上、小笠原諸島の鳥の研究をしています。鳥の特徴は何といっても、海も山も町も越えて空を飛べること。彼らは自然に飛んでいますが、重力に逆らって飛ぶということは、実はとてもすごい能力です。飛べない動物と飛べる鳥の違いを見ていくと、きっと鳥がもっと面白くなるでしょう。

水中の生物・深海の生物

  • 林公義(はやし・まさよし)

    横須賀市自然・人文博物館 
    前館長

    どんな生き物でもいいから、身近な自然(海・山・川)に出かけて、自分の目で見つけ、その暮らしぶりを観察してみよう。情報ネットワークを通して知る発見よりも、もっと不思議な生き物の知恵を発見できるでしょう。

  • 石垣幸二(いしがき・こうじ)

    沼津港深海水族館
    シーラカンス・ミュージアム 
    館長

    子どもの頃から海が遊び場で、大人になっても海の生き物のお仕事をしています。いろいろな国に行ってダイビングしたり、漁師さんと一緒に魚を採りに行ったりしていますが、毎日が発見の連続でとても楽しいです。みなさんと、海の生き物について楽しくお話したいと思います。

恐竜・心と体

  • 小林快次(こばやし・よしつぐ)

    北海道大学総合博物館准教授

    中学一年生で化石に出会って以来、毎日のように化石を採集する日々を過ごしました。大学でアメリカに留学し、日本人で初めて恐竜の博士号を取得。一年のうち4ヶ月ほど海外で恐竜発掘をしていますが、今年もこのラジオのために帰国しました。みなさんの質問を楽しみにしています。

  • 篠原菊紀(しのはら・きくのり)

    諏訪東京理科大学 教授

    大学で、脳や人の仕組みを教えています。最近、人工知能の応用研究を始めました。つくづく思うのは、「若い人はうらやましいなあ」「子どもたちはうらやましいなあ」ということです。ワクワクするような新しい知識、手法が本当に手近にある。その幸せをかみしめ、頑張ってほしいと思います。

ロボット・天気・気象

  • 高橋智隆(たかはし・ともたか)

    ロボットクリエイター
    東京大学先端科学技術
    研究センター特任准教授

    ロボット開発では人間と機械の両方を研究しています。私たちがいつも無意識に行っていることも、いざロボットにさせようとすると、とても難しく、私たちがとても細かい注意や動きをしていることに気づきます。みなさんの質問は、きっとロボット開発の大きなヒントになります。

  • 武田康男(たけだ・やすお)

    気象予報士・気象写真家

    子どもの頃から空の現象に興味をもち、ずっと空に関わることを探究してきた「空の探検家」です。空には様々な光の現象があり、いろいろな雲がわいています。特に四季の変化がある日本の気象は、世界的に見ても興味深いものです。風や雨・雪など、気象は日々の生活にも関係があります。様々な疑問をたずねてみてください。

PAGE TOP