オリラジのNHK15時間ラジオ

書き起こし

  • 午前8時台
  • ゲスト:SixTONES

※スタッフが頑張って書き起こしをしたものの・・・力尽きて・・・誰がしゃべっていたのか追いきれませんでした。申し訳ありません。・・・皆さんのイメージで脳内再生していただけば嬉しいです。

藤森:
それでは、ここからは今年熱かったこのグループに登場してもらいましょう。どうぞ!

SixTONES:
おじゃまします!

藤森:
よいしょ!よろしくお願いします。

中田:
じゃあ、一人ひとり、まずはご挨拶を。

田中:
SixTONESの田中樹です。よろしくお願いします。

森本:
SixTONESの森本慎太郎です。もりっと頑張ります。

高地:
どうも、高地優吾です。笑顔をとりえにしているんですけどラジオで笑顔が伝わらないのが。よろしくお願いします。

中田:
そんなことないですよ。

藤森:
僕らが伝えます。いい笑顔してくれてます。

松村:
松村北斗です。よろしくお願いします。

京本:
僕は京本大我と申します。京本政樹さんの息子さんです。

藤森:
「さん」付けなの?

京本:
一応、先輩なんで。

藤森:
いつもお父さんにお世話になってます。

ジェシー:
どうも、SixTONESの盛岡冷麺になります。

中田:
ジェシーさんね。

藤森:
名前を確認しました。れいめん?って。

中田:
SixTONESはジャニーズJr.のグループなんですか。今年、都内でいろんなところでポスター見ましたよ。

藤森:
YouTubeの動画とかもチャレンジしたんでしょ。

中田:
ジャニーズさん的にはネットに関してはかなり逆にやらない方針だったのが完全なる真逆の新世代として期待されているわけでしょ。

田中:
それで実際にアーティストプロモキャンペーンというふうに抜擢していただいてその看板だとか。あと、「JAPONICA STYLE」っていう僕たちのオリジナル曲のミュージックビデオもそれにともなって制作していただいて、滝沢秀明さんにプロデュースしていただいたりとか。

中田:
滝沢さんって今年、また経営にも関わるってニュースにも出ていたから。新しいジャニーズの象徴となるプロジェクトなんですよね。

藤森:
次世代のジャニーズの。動画も見させてもらったんですけどもちろん、格好いいのは当然なんだよ。やっぱり面白いですよね

森本:
本当のこといわないでくださいよ!

藤森:
ジェシー。

中田:
違う、違う。盛岡冷麺さんですよ。

藤森:
どっちなんだよ!ややこしい。なんかすごく、普段見られない感じのジャニーズのタレントさんの現場での感じとか、めちゃくちゃ面白いし。役割的にも結構うまい感じで、ちゃんと仕切る人がいて。

中田:
どういう立ち位置だとメンバーたち的には思っているんですか?

田中:
僕は一応仕切りとかMCなんかを。

森本:
僕はマスコットキャラクターです。

中田:
イメージキャラクター?

森本:
ちゃんと言うとボケですね。

藤森:
慎太郎君、グループ最年少でボケ担当って。吉本のプロフィールだもんね。

中田:
おもしろいね、プロフに書いちゃうんだね。

藤森:
バランスがいいんですよ。

髙地:
僕は、一般人キャラですね。一番俯瞰で見てる感じで。身近な視聴者です。

松村:
松村はぼんやりいますね。

中田:
クールだよね。

京本:
俺は、時にクール時にロックみたいな。不思議な感じです。そのときのテンションでキャラ変えています。

ジェシー:
僕はまとめ役ですね。

藤森:
嘘つくんじゃないよ!

田中:
俺とかぶっちゃってるから。

??:
基本、8割はシカトしていいです。

松村:
入れ代わり立ち代わりぼけていくので。超新塾みたいなスタイルでやってます。

中田:
目標おかしいけどね、超新塾って。

藤森:
そう見えてきたもんね。非常にすばらしいんですよ。先ほども話題にありましたが今年始めたYouTubeの活動。何本も動画をアップしてるじゃないですか。

中田:
大変な作業だよ。

ジェシー:
毎週金曜日にアップしてるのでそれなりに制作というか、企画をこうやっていこうっていう案が大変ですね。

中田:
それも自分たちでやったりするんだ。

田中:
一応、ディレクターさんもいらっしゃるんですけど打ち合わせしながら、このほうがやりやすいとか綿密にやっていくんですけどやっぱり、ものによっては再生回数が上がる、上がらないっていうのが現実的に出るので、難しいですけど。

藤森:
案出しも、メンバー全員で会議してやるんだ。

中田:
結構、反省もするの?再生伸びなかったなとか。

??:
でも、やってて僕たちが楽しかったものが伸びるので。

中田:
それが一致するのはいいね。

??:
楽しんでやるがのいいって最近は。

藤森:
最近、印象的だった動画ってありますか?

??:
ドライブ企画とかは楽しかったですね。僕たちのYouTube台本がほとんどないんですよ。ここ行きます、ここでこんなことをします。締めてくださいくらいしかなくて。なので、ドライブとかは素で車内で楽しんでいる感じなんで。

京本:
ドライブ中にサルに遭遇しました。

藤森:
誰?

京本:
サル。

??:
誰って!

藤森:
お湯の白湯って聞こえたんですよ。そういうタレントさん、いたかな?って。

中田:
サルね、おサルさん。奥多摩行ったんだ。面白そう。

??:
普段、ファンの人が見れない日常的な、プライベートなことが再生回数伸びたりとか。あとはライブ配信というのをやらせていただいて。SixTONESのラジオでストラジという企画を動画でやってるんですよ。だから、音声でも見ても楽しめるっていうのをやっているんですけどそれを1時間のライブ配信でやったりとか。それも初の試みだったので楽しかったですね。実際にきたコメントとかとトークしたりとか。それも結構、印象に残っています。

藤森:
すごいわ。来年もいろんな展開あるし、もしかしたら先輩が遊びに来るとか。我々も今日、関係性できたわけなので。

中田:
すぐ出ようとする。大好きじゃん。

??:
逆にお願いしますよ。

ジェシー:
あとで連絡先のほうを…。

藤森:
ジェシーぐいぐいくる。

中田:
15時間終わったあと飲みに行かない?

藤森:
行っちゃおうかな、本当に。そして、このあと8時台後半なんですがSixTONESのみんなの動画で人気となってる以心伝心ゲームをやりたいと思います。お寿司のネタといえばとか、お正月の楽しみといえばといったお題を皆さんから募集したいのでリスナーの皆さん、お願いします。

中田:
お題はツイッターで「#NHK15時間ラジオ」をつけてつぶやいてください。

藤森:
人気のゲーム、動画なんだ。

??:
最初のほうにやった動画でして、そこで、ちょっとふざけたのからまじめなお題までやって結構、ファンの人がいいリアクションをとってくれて。

藤森:
以心伝心なんていうのはやっぱり6人の気持ち、心が1つになっていないとそろわない…。

藤森:
慎太郎、本当?

髙地:
慎太郎とジェシーは合わせる気がなくて、自分の書きたいことを書いて、フリップ芸人みたいな感じで、ゲームとして成り立たなくて。

??:
慎太郎と俺がいる限り面白くなる。

中田:
慎太郎とジェシーがふざけたくてしょうがない。うずうずしてる。

藤森:
そういうところも見たいけどね。お題を皆さんから募集したいと思いますのでよろしくお願いします。

中田:
みんなのお題、読まれますからね。

藤森:
つぶやきも今、ものすごいきてますよ。お題となるものが。

中田:
Jr.のグループだということでビックリしている人たちもいるね。デビューしてないんですねとか。

??:
してないんですよ。結構みんな12~13年くらいやってて。

中田:
すごい、ずっと仕上がってきてるわけだ。

??:
今か今かと。

中田:
あっという間でしょうね。

??:
毎年、今注目されているジャニーズJr.グループって言われて13年目です。

中田:
秘密兵器として。

藤森:
実力をどんどん積み重ねてね。

中田:
ジャニーズさんのつくり方って面白いよね。みんなが知ってるのにまだデビューしてないっていう状態なわけでしょ。

??:
でも逆にインパクトを与えられるのはうれしいですよね、デビューしてないんだって。

??:
デビューしていないからこそYouTubeとかができたりいろんなチャンスを。

藤森:
なんか、舞台とかライブとか今年、結構ジャニーズさんのライブとか舞台を見に行かせてもらったけどライブももちろん、すごいけど舞台ね。帝劇とか、めちゃくちゃいいよ。俺「ドリームボーイズ@」というのを見に行かせてもらったけどぜひ、皆さんの舞台とかあれば。

??:
ぜひ来てください!

中田:
すぐ食い込もうとする。

藤森:
ジェシーみたいなところあるから。

ジェシー:
行っちゃおう!

藤森:
行っちゃおう!

中田:
混ぜるな危険だよ。異臭騒ぎ始まるから。変な化学反応で。

藤森:
というわけで、ここで1曲まいりましょう。

==

藤森:
それでは、ここで皆さんからのメールをご紹介していきましょうか。静岡県のえりんぎちゃん、23歳。

中田:
おいしいですね。

藤森:
樹君は朝が苦手とおっしゃっていましたが朝早いと思いますが、遅刻しないで来れましたか?

田中:
今日は、俺、ちょっと早めに着いたもんね。でもマネジャーさんから、朝起きたら報告してくださいって。だから起きましたよって。

??:
今でもお母さんに起こされてる。

田中:
起きれないんですよ。本当に12時より前に起きるのができないですね。

藤森:
早めに寝ても?

田中:
ダメです。本当に起きれないです。

中田:
あとはお母さんに頑張ってもらうしかないですね。

藤森:
離れろ、そろそろ。

中田:
お母さん!って。

中田:
それ、中学生ぐらいだよ。大阪府、T、38歳。SixTONESの皆さんはハーモニーやラップ、ボイパと多彩な音色をライブで聞かせてくれます。ぜひ、ラジオでも聞きたいです。よろしくお願いします。

藤森:
なんかいけるやつあるの?

中田:
ラップとかボイパとかって担当あるんですか?

??:
一応、2人が担当で。ライブでは。

森本:
僕は演歌やってます。

藤森:
そこ、相性いいな。

中田:
嘘だよね?

??:
言っちゃいたく…。

中田:
ボイパとかはできる?

??:
ほんの少しですけどKAT‐TUNの中丸雄一さんに教えていただいて。少しずつ練習したり。

藤森:
あるの?即席の。(ボイパ)

??:
はい!

藤森:
誰も入らないじゃん。

??:
タイミング難しかったから。今、ボイパしてくれたところに慎吾ちゃんがSixTONESへの気持ちを韻を踏んでいくから。

藤森:
ちょっと待って!

中田:
うちは藤森がラップ担当で俺がそれ以外、全部担当してるんだけど。

藤森:
自分頑張ってるじゃねえよ。ちょっとでいいです
か?

中田:
ラップは樹君ね。じゃあ、樹君と慎吾ちゃん、いい感じで入れたら。

??:
僕、慎吾さんのラップに合いの手的な。

中田:
演歌的なこぶしで締めてね。北斗に手拍子しても
らって。

??:
いたの?

松村:
ここにいます。

藤森:
イエー、レッツゴー!「15時間ラジオ」トップバッターはSixTONES。こんなイケメンに朝から会って俺のテンションはマジ爆上げ!SixTONESに会って、俺もうへとへとで家に帰ったら布団ズに包まって寝ようかな!

??:
俺らが飛び込んだラジオ。俺らが今から自己紹介。SixTONESさまざまな音色で届けるリスナーへの思い。

森本:
♪たけばやしやっぱミスマッチだった。

中田:
皆さん、ご報告があります。放送事故になってます。

??:
大成功でしょ。

中田:
すごいよかったじゃないですか。

藤森:
北斗君がずっと手拍子してくれてね。

中田:
すばらしかったね。

??:
中田さんもラップ入ってきてビックリした。

中田:
相方の雄姿見てテンション上がっちゃったから。

藤森:
1回俺をふりにして入ってきやがった。

中田:
ひどいやつだよね。

藤森:
メールありがとうございます。このあともとうこう投稿お待ちしています。番組ホームページから投稿してください。ツイッターもチェックしてますので。

中田:
「#NHK15時間ラジオ」をつけてつぶやいてください。

==

ここからはSixTONESのYouTubeチャンネルで人気の企画に行きましょう。

??:
以心伝心ゲーム!

藤森:
いえーい!これはある質問に対して6人全員の答えが一致するのか。絆が試されるゲームですね。

中田:
一致することはあるんですか?

??:
YouTubeで実際にやったときは、本当にそろわなくて本当に2時間近くやったよね。

??:
そろうまで僕たち、ずっとここにいます。

藤森:
困ります。

中田:
そろわなさそうだね。

藤森:
分からないよ。年末だし、ぴたっとね。締めてくれると思いますよ。お題もリスナーさんからたくさん届いております。それでは、早速まいりましょう。お題を送ってくれたのはしゅーちゃーさん、しんせだいえびさんほかたくさんの方からいただいたお題です。年末といえば?

??:
もう、あれでしょう。

中田:
大丈夫ですね?

中田:
ジェシーは自信満々だけど北斗君は頭抱えてるね。
大丈夫?

??:
年末?一番1年でいろいろある時期じゃないですか。

藤森:
年末といえば、あれしかないよね。いくよ、みんなせーの…。

6人:
カウントダウン!カウントダウン!カウントダウン!****!****!

??:
誰か違ったよね?

中田:
樹君は?

田中:
カウントダウンって言いました。

??:
僕もカウントダウンです。

松村:
大掃除。

中田:
北斗君が大掃除ね。

ジェシー:
僕、おせちです。

中田:
ジェシーやべえ!年末、みんなでカウントダウンやっていてそのときに北斗君は大掃除していて、ジェシーだけおせち。早弁じゃん。

藤森:
ジャニーズといえばカウントダウンでしょ。

??:
あそこでマイクを持って歌いたいですよ。

藤森:
大盛り上がりのイベント。そんな中、北斗君は大掃除ね。

中田:
ジェシーはニヤニヤしているんだけど、北斗君はマジでへこんでるよね。

松村:
だって、逆に毎年言われない?大掃除しなさいって。どんな教育受けてんのよ。

中田:
次いきましょうか。ラジオネーム、らりーかのあっちゃんから。鍋といえば何鍋?これは選択肢はいくつかしかないもんね。

藤森:
例えばみんなで6人で囲んだこととかあるでしょ?

中田:
飯行ったりはするんだ。

??:
たまに。

中田:
みんなの好みもなんとなく分かっているよね。甘いのとか、辛いのとかしょうゆ、みそとかいろいろありますけど。せーの…。

6人:
もつ鍋。***。***。***。

藤森:
はい、そろいません。

田中:
樹はもつ鍋っていいました。

森本:
僕、水炊きです。

髙地:
僕はすきやきです。

松村:
豆乳鍋。

京本:
僕はパイタン。

ジェシー:
キムチ鍋ですね。

中田:
全違い。逆に、賞あげたいよね。

??:
6種類の鍋の種類、出る?

中田:
みんな好きなんだね。

藤森:
今年食べた?今度1回6人でやってそれを思い出の鍋にして。

中田:
こんだけ好みが違って6人で何鍋が出るんだろうね、むずいね。

??:
ビュッフェスタイルでいいんじゃないですか。YouTubeでやればいいじゃない。

中田:
鍋会は見たいね。

藤森:
俺、鍋めっちゃ得意だから、そのときは任せて。

中田:
藤森さん、SixTONES入ろうとしてない?

藤森:
でたいよ、YouTubeには。

中田:
ラジオネームちゅうちゅうさん。おせち料理といえば?

藤森:
いろんなのあるけど。

??:
あだ名あるんです。

藤森:
じゃあ、それいいヒントになったじゃん。メンバーだったらみんな知ってるはず?

??:
いや、初耳です。

??:
親戚が。

??:
おせち料理って何があるっけ?

??:
好きなの1個ありました。

??:
せーの

6人:
数の子。***。***。***。***。

ジャシー:
かまぼこ。誰かから揚げって言った?

田中:
僕、名前分からないけど卵のやつっていいました。

中田:
伊達巻ね。

森本:
俺、お餅って言いました。慎太郎お餅。

藤森:
お餅っておせちかな?慎太郎!

??:
バカがばれますね。

髙地:
俺は数の子って言いました。

松村:
僕、伊達巻。

京本:
僕、クロマキー…黒豆ですね。

藤森:
クロマキーは緑の布だから。ジェシーは?

??:
卵ですね。北斗は、あだ名が伊達巻なの?

松村:
伊達巻が好きすぎて親戚が集まるときは僕に伊達巻を1本、献上しにくるんです。伊達巻殿下っていわれてました。

藤森:
めちゃくちゃ格好いいじゃん。伊達巻殿下。お題、まだあるよね。そろいそうなやつをさ。

??:
うどんかそばとかにしときますか。

藤森:
なに、その2択…。

中田:
ちさとさんのとんさんからのお題です。今年一番ボケたのは誰?

??:
これは2択なんですよ。

中田:
いけますか。

??:
いけます。せーの…。

6人:
ジェシー!ジェシー!ジェシー!ジェシー!***!***!

中田:
あれ、樹君は?

田中:
ジェシーです。

中田:
慎太郎は?

森本:
俺。

田中:
ジェシー。

髙地:
ジェシー。

松村:
ジェシー。

京本:
ジェシー。

ジェシー:
どういうことだ!ジェシーと慎太郎に関しては自分が一番ボケたと思いたいんですよ。

森本:
俺、テレビなしで1人でぼけてるからね。

中田:
だとしたら寝たほうがいいよ。1回休まないと。

藤森:
「R‐1」に出なさいよ。

中田:
慎太郎イズムがあるからね。譲れないから。

藤森:
ここでジェシーって譲ってる場合じゃないですからね。

??:
では、慎太郎の一発芸、どうぞ。

森本:
えーっと…。おせちギャグ。きました…。ちょっと待ってください。

中田:
そんなことしている間に、うちの慎吾ちゃんいっちゃうよ。

藤森:
伊達巻!伊達巻の王様、伊達巻キング!

森本:
その伊達巻から登場するのは、そうイセエビ!

中田:
いいよ。

??:
ジェシーが、慎太郎が困って喜んだ。

森本:
ちょっと僕の芸風だと、一発ギャグは1個も持たないんですよ。

中田:
なんで振ったのよ。

藤森:
慎太郎はスタイリッシュなんだよ。

??:
人様のギャグを自分なりにトッピングしていくっていう。ザキヤマさんとかのスタイルをという。

??:
僕が1回やります。最初はグー、ジャーン。あいこでしょ、ドーン。

中田:
今のよかったじゃん。今のは慎吾の伊達巻からのイセエビにね。

藤森:
ゼロから生み出さないと。

??:
人生、まさかの連続なので。

??:
潰し合いみたいになってるよ。

藤森:
あのさ、まだあと14時間残ってるのに、汗びっしょりだよ。

中田:
だんだん、慎太郎の魅力わかってきた。

藤森:
ということで以心伝心ゲーム、結局、そろわず。以上、以心伝心ゲームでした。

藤森:
オリラジの…。
中田:
「NHK15時間ラジオ」。

藤森:
夜11時まで頑張ります!

中田:
8時台、そろそろエンディングとなりました。SixTONESのみんなとはここでお別れとなりますが、どうでしたか?

??:
あと14時間ぐらいいけるよ。

藤森:
一緒に駆け抜けたいね。どうでした?

??:
僕は今日、反省会ですね。

藤森:
どこを?

??:
家に帰って、このラジオを聴いて、あ、ここだめだったなとか確認して僕の師匠であるジャンポケ斉藤さんに師事をしているので。

中田:
ブラッシュアップをね。

??:
SixTONESの個性が出たと思いますけど、もっと時間ほしかったなというのが正直な気持ちですね。

??:
北斗君は?

松村:
人が多いなと思いました。

??:
それはいつも。

中田:
1回、北斗君ソロでね。

??:
僕はオリラジさんとたなせて…。

中田:
たなせて?2人が、今のところ1回もちゃんとしゃべれてないよ。

??:
ぜひ、YouTubeにも来ていただけたら。

中田:
話したい気持ちがありすぎて、くっついちゃうんだよね。

藤森:
楽しくしゃべれてが、たなせて…。

中田:
あと、クロマキーね。

??:
黒豆がね。

中田:
ジェシーは?

ジェシー:
最高に楽しかったですね。こういう機会、あまりないので、来年またどこかでお仕事できたら。

藤森:
ぜひ、お願いいたします。

中田:
そんなこと言ってる慎太郎に数の子!

森本:
それをもらって僕は伊達巻!

藤森:
伊達巻返しね。そして、ジャニーズといえば先輩のA.B.C‐Zが今日夜8時から登場してくれます。「平成最後の年末!今だからかけたい!聴きたい!ジャニーズ曲」ということでたくさんのジャニーズ曲がかかるんですが、SixTONESにとって思い出のジャニーズ曲ってなんでしょうか?

??:
やっぱり玉置浩二さんの「メロディー」@でしょうね。

藤森:
ジャニーズじゃないから。そりゃ1位に選ばれるわ、ボケた回数が。

中田:
それを寂しそうな目で、慎太郎が見てたよ。

??:
僕も今、ザ・ドリフターズの「8時だよ!全員集合」@が…。

??:
僕ら、最初ドラマに。

??:
6人がグループ組む前にドラマに出させていただいたんですよ。バラバラで集められた6人が今、グループになっていて。そのときのドラマの主題歌のKis‐My‐Ft2さんの「Shake It Up」。ファンの人も思い入れがあると思うので。

藤森:
今、選んでくれた曲は今夜8時の「A.B.C‐Z今夜はJ’s倶楽部」でかかりますので、ぜひ聴いてください。更に、Hey!Say!JUMPやSexy Zoneもコメント出演してくれます。伊野尾君、中島健人君、マリウス君が選んだ曲もかかりますのでお楽しみに。

中田:
メールも来ております。神奈川県、あいこりん、15歳。来年の抱負を聞きたいです。それぞれが思う一番のイケボで全員よろしくお願いします。

藤森:
残り1分だからみんなそれぞれひと言ずついってみよう。樹君から。

田中:
2019年はみんなにもっと会えるようにライブとか頑張りたいな。

??:
僕も頑張るよ。

森本:
体が資本なんで、健康第一。

髙地:
俺だって健康でいたいよ。

松村:
俺はよくのどをからしちゃうから気をつけるよ。

京本:
1たす1は2。

中田:
ジェシー!ジェシー、しゃべる前からもう…。

藤森:
あと、俺もっていうの多かったな。

??:
今年、YouTubeでSixTONES少しでも知名度上がったのかなと思っているので、2019年は、より先輩方に負けないように同じフィールド上で戦えるように頑張っていきたいです。

藤森:
SixTONESの皆さんとここでお別れです。ありがとうございました。