金田一秀穂×三浦徳子 アイドル歌謡の作詞術②

ざっくり言うと
直感へのダメ出しが詞をつまらなくさせる
作詞のうえで男女の違いを考えたことはない
2019/12/28 ラジオ深夜便 謎解きうたことば ゲスト:三浦徳子さん(作詞家)

音楽

2019/12/28

記事を読む

女性アイドル歌手の作詞に携わっている印象の強い三浦徳子さんですが、田原俊彦さんや郷ひろみさんを始め男性歌手の歌詞も手がけています。三浦さんが大切にしているのは「直感的につかみ取ったこと」なのだそうです。

【出演者】
金田一さん:金田一秀穂さん(日本語学者)
三浦さん:三浦徳子さん(作詞家)


色のイメージが先行 八神純子「みずいろの雨」

金田一さん: 78年9月には八神純子さんの「みずいろの雨」を作られています。
三浦さん: その曲は、私のほかに何人も書いていたんですよ。詞を3~4人に頼んでいたみたいです。
「みずいろの雨」とした理由は、日本人が好きな色の上位が白と水色なんですよ。
金田一さん: 三浦さんの詞って、色が大切なんですね。
三浦さん: 大切ですね。
おしきせみたいに「歌謡曲は“雨”だろ」と。曲を聴く前に「みずいろの雨」と決めていたんです。曲を聞いたら、ちょうど「みずいろの雨」でよかったんです。
金田一さん: あの曲はピタッと合っていますね。普通は「涙色の雨」「別れの雨」とか、そんなのが多い感じがする。「みずいろの雨」はモダンというか、いかにも八神純子さんの声と合っている雰囲気はある。
三浦さん: 「みずいろ」はひらがなです。たぶん、漢字にするとイメージが固まっちゃうのかな。
金田一さん: あのころは「恋は水色」という歌もありましたね。
八神純子さんの歌を聴いて、新鮮な感じがしたのは覚えているんですよ。
三浦さん: 「くずれてしまえ」と命令形に言いきっているのは、あのころなかったから。(八神さんは)気が強い女の子なんですよ。だから浮かんできちゃったんだと思う。
金田一さん: それまではマイクの前で歌う子が多くて、八神純子さんはピアノの弾き語りだったじゃないですか。それが新鮮だった感じはありました。それにいい声だと。この番組のディレクターはさっき「これはセクシーだ」と騒いだんです。伸びやかで…何て言うんでしょう、まとわりつくような声というか。

直感を大切に

金田一さん: 松田聖子さん、八神純子さん、それから石川ひとみさん、浜田省吾さん、岩崎宏美さん、河合奈保子さんもやっているんですね。うわあ、すごい。本当にいろんな曲を作られていますね。曲が先で、下りてくる?
三浦さん: 下りてくるというか、気分が乗るまでは無理しない感じですね。
金田一さん: 本当に無理のない曲。でも、あまりぴったりだとおもしろくないじゃないですか。「夏の扉」の「フレッシュ! フレッシュ! フレッシュ!」みたいなものですよね。
三浦さん: 「意外性もあり」じゃないと、聴いている人はつまらないですよね。
金田一さん: その辺のコツって?
三浦さん: コツはないけど…どうだろうなあ。サビがうまくいかないと、納得するまで何度も書き直しますね。
相談はしないです。相談しても、いいこと言ってくれないし。
金田一さん: ダメ出しされないですか? 「これはおかしいんじゃない?」とか。
三浦さん: そのときは売れているときだから、誰も何も言わない。
金田一さん: おお。強いんだ。
三浦さん: 「これで」と言うと、「はい、そうですか」となるわけです。だからいいわけです。
あまり直されると、ろくなことがない。つまらなくなっていくんです。「下りてくる」じゃないけど、作詞家の仕事はやって来るものをガバッとつかんでやっているから、直されると魅力がなくなっちゃうんです。
金田一さん: でも、それは自分からじゃなかなか言えないじゃないですか。ダメ出しされても、「そんなことを言われたらダメになっちゃうんだ」とは言うんですか?
三浦さん: 言いますよ。「そうは言うけど、これはこれがいいんだ」とは言います。「もしそれがダメだったら、違う人に頼んだほうがいいよ」ということですよ。「諦めて」と。要するに、詞を作るのは共同作業じゃないから。作曲家もそうだと思うし。
金田一さん: 作曲家と作詞家と歌い手さんと、3人がうまくお互いの力を出し合うわけですよね。

男女の心理に違いはある?

金田一さん: そのあとも、いろんなアイドルの人たちに書いています。ジャニーズにも書いている。
三浦さん: ジャニーズは、たぶん田原俊彦さんが初めてだと思います。
金田一さん: 「女の子の気持ちのほうが分かるのかな」と思うんですけれど…。
三浦さん: どっちもあまり変わらないです。同じようなもんですよ。人間だから。
金田一さん: そうか。すごいなあ。
三浦さん: 男と女って、そこまで違います?
金田一さん: いや、分かんないですけど。
三浦さん: 違わないと思いますよ。個人の能力とかは違うかもしれないけど。
男と女という性別は、そんなに考えたことはないですね。「男だからこういうシーンにしよう」ということは全然ないです。だって、男の人は限りなく女に近づいているし、女は限りなく男になっているじゃないですか。
金田一さん: でも、聖子ちゃんの詞を見ると、「早く捕まえて」「私を連れてって」みたいな、「受け身」というか「古典的」と言っていいか分からないですけど、奥手で、おずおずとした女の子の歌が多い。
三浦さん: 彼女自身がそういう年齢だったからでしょうね。
松本隆さんが作詞するようになってから、変わりましたもんね。積極的というか、男の人の気を引くようなフレーズが増えたと思う。だから、ああいう性格になっていったんじゃないかな。
金田一さん: 三浦さんのときはまだ素直?
三浦さん: 全然素直。清らかな感じでしたね。
金田一さん: まあ、もちろん今だって清らかでしょうけど。
男の子、ジャニーズに書くときも同じものですか? 女性が男性に求めているもの、男性が女性に求めるもの…。
三浦さん: そんなに違うものなのかな? 今すごく考えさせられちゃった。そんなことはあまり考えたことがないですね。
金田一さん: いや、僕も女性になったことがないから分かんないですけど。
三浦さん: あまり変わらないですよ。金田一先生と私も、精神構造が…。
金田一さん: それはいいのかな、悪いのかな。
「男と女の間には深くて暗い川がある」という歌があったじゃないですか。そういうのに僕なんかは共感してしまう。
三浦さん: まあ、分かりえないところはあるかもしれない。何事につけても女の人のほうがリアルだからね。
金田一さん: 「生活感がない」という感じがするんですよ。これは、わざと消しているところもあるんですか?
三浦さん: 消しているつもりはないけど、(歌い手)本人があまり「生活」をしてないかもしれない。
金田一さん: 「アイドル」というのがあまりにおいをさせちゃうといけないんでしょうね。
三浦さん: どうなんだろう。そんなに生活感のある歌を聴きたいんですか?
演歌だと「生活感」というのがグッと必要になるのかもしれないですね。
金田一さん: たとえば「神田川」とか、ああいう世界が一方にあるわけですよね。ああいうのがウケる人たちもいる。一方で、こういう明るい…。
三浦さん: 「神田川」も、切なく悲しいメロディーだから、あの詞がいいわけです。
金田一さん: 三浦さんに依頼の来る作品には短調の曲はあまりないんですか?
三浦さん: そうですね。今聴いていたら全然なかったですね。そういうことに無縁だと思われていたのかな。
金田一さん: それはすばらしいことですよ。機嫌がいいのは、僕はいいことだと思うんです。

ジャニーズという「伝統」

金田一さん: ジャニーズも、今ではたとえばSexy Zone。最近もやっていらっしゃるんですね。昔の田原俊彦や光GENJIと、変わっていることはありますか?
三浦さん: ジャニーズはもう伝統芸能だから。変わっていないと思います。
もともとは郷ひろみくんなんですよね。ジャニー(喜多川)さんが一番好きだった。カラフルな声というか、郷くんの声は日本人離れした、楽器的な…ものすごくいい声なんですよ。
独特の声で、どんな楽器にも負けない。それで、あれだけ踊れる。
英語を話すようなったのはジャニーさんの影響なんです。郷くんの場合、いつも英語の先生と一緒にスタジオに来ていた。ものすごい努力家。
金田一さん: そうすると、Sexy Zoneみたいなのは、きちっと伝統を受け継いだ…?
三浦さん: 受け継いでいますね。
「Sexy Summerに雪が降る」というタイトルは、ジャニーさんが言ってきたタイトルなんです。「Sexy Summerに雪が降る」なんて、誰も考えないですよ。ジャニーさんじゃないと思いつかない。天才ですね。あの人の亡くなったあとの穴は、誰も埋められないと思う。
金田一さん: 特別な才能の偉大な人だった?
三浦さん: 特別な人ですよ。エンターテインメント=「歌って踊れる」。ロサンゼルスで育っているから、そっち側で見たものが焼きついているんじゃないですか。昔の、それもいいときのアメリカが。だから、みんな踊れないとダメなんですよ。
タッキー(滝沢秀明さん)がジャニーさんのあとを継いで、どのぐらいできるかですよね。ジャニーさんのセンスを受け継ぐのは大変…。
金田一さん: センスですからね。なかなかお勉強してできるもんじゃないですね。

<金田一秀穂×三浦徳子 「謎解きうたことば」①>

<金田一秀穂×三浦徳子 「謎解きうたことば」③>

Related Articles関連

Latest新着

トップページへ戻る