サヘル・ローズ 「母がくれた未来を世界中の子どもたちに」①

ざっくり言うと
バラと詩があふれるふるさと イラン
互いに優等生を演じていた母と私 弱さを見せ合える関係になるまで
2019/05/29 ラジオ深夜便 「心に花を咲かせて イランはバラの国だから」 サヘル・ローズさん(タレント・女優) 前編

エンタメ

趣味・カルチャー

2019/05/29

記事を読む

サヘル・ローズさんは1985年イラン生まれ。幼少時代から児童養護施設で暮らしていたサヘルさんは、そこで出会ったフローラ・ジャスミンさんの養女となりました。母子は8歳のときに知人を頼って来日しますが、当初、暮らしは苦労の連続だったといいます。
高校時代から芸能活動を始め、現在はタレント・女優として活躍するサヘルさんの、ふるさとや母への思い、世界中の子どもたちの未来を作りたいという夢などを伺いました。2回に分けてお届けします。


美しい花文化の国 イラン

――サヘルさんは「イランはバラの国」って書いてらっしゃいますね

サヘルさん: 皆さん、イランっていうと砂漠地帯をイメージすると思うんですけど、そんなことなくて日本と同じように四季があり、四季折々の花を楽しむ国民性なんです。バラは国花で、イランで採れたバラ「ダマスカス」がフランスに送られて香水などにもなっています。
残念ながらイランって、とても怖いイメージ、特に周りの国々が大変なので。でも、そんなことはなくて。
ちょうど今、早朝にバラツアーをやっています。カシャンとかタブリーズに行きますと、朝5時台に観光客の方をバラ園に連れていくんです。バラって早朝に良い香りがするんですね。まずその香りを皆さんで楽しみながらバラを摘んで、機械の中に入れて搾り出して、バラエキスからバラ水を作るんです。それをお土産で持って帰ってもらうんです。ローズウォーターです。

――イランのローズウォーター見たことないです。

サヘルさん: 香りがすばらしいです! バラの香りがあふれ出てます。
その時期のイランに行きますと、至る所にバラが植えてあるので、国じゅうがバラの香りでいっぱいです。お花屋さんにもバラが並べられてあり、紅茶を頼んでもバラ水が入ってたり、バラジャムもあります。デザートの中にも必ずバラが添えてあります。

――イランのイメージがガラッと変わりました。ガーデニングを楽しむ方も多いんですか。

サヘルさん: どちらかと言うと、お花屋さんが町の至る所で24時間やっています。毎晩お父さんたちが、お菓子と花束を買って家に帰るんです。自分たちの家族にお花をプレゼントすることによって、「花のようにいつも豊かで温かい気持ちでいようね」って、花を愛でる文化なんですよ。
バラに限らず、お花がないっていう生活はあり得ないです。

「血がつながっていなくても、世界一愛してくれる」母

――サヘルさんの生い立ちを伺うと、孤児で、児童養護施設で育てられ、今のお母さん・フローラさんの養女になって、知人を頼って日本に来て。苦労されたそうですね。

サヘルさん: 最初のころは大変でした。養子縁組みが成立して8歳で日本に来たんですけれども、『おしん』を見て育っていたので、「日本=おしんがいる国」だと思って来てみたら全然違うという衝撃で。
子どものころって大変な環境ってよく分からないんですね。公園で生活しなければいけない時期もあったり、食べるものもない、お家にお風呂がない、トイレが付いてないっていう過酷な環境で生活をしてきましたけれども、いつも私の手を握ってくれたお母さんの存在はすごく大きくて。
私がどうしてあまり苦しいと感じなかったかと言いますと、それは育ててくれたお母さんが、大変なことがあっても、彼女1人が全部受け止めて、私にはそれをなるべく感じさせないようにしてくれていたから。私は学校で給食があってちゃんと栄養はとれてましたけれど、母は朝から晩までひたすらトイレ掃除や床掃除のお仕事をしていて、ツナ缶1つをお昼の3日分でもたせるぐらい身を削って、冬場でも穴の開いた洋服を着て、でも私には洋服を買ってくれて。
「私が頑張るのは、あなたに普通の子と同じように生きていてほしいし生活させたいから。だからお母さんのこと何も考えなくていい。サヘルの人生をちゃんと歩んで」って、全てを犠牲にして私を育ててくださった人なんです。

――「血はつながってないけれどサヘルを世界一愛してる自信がある」と言ってくださったんですって?

サヘルさん: どこかで血のつながりを求めてしまうじゃないですか。運動会があったときでも周りには普通の家族がある。でも私は母子家庭状態で、母がずっと働いていているから運動会もいつも独りぼっち、何をしても独りぼっち、家族がいない。
血のつながりって良いなと思っていたんですが、大人になるにつれて血のつながりだけが全てではない。心から愛し合えて、つながることってすごく大事なんだと。私とお母さんは血のつながりはないですが、顔とかが似てくるんですよ、不思議と。しゃべり方、声のトーン、私はお母さんに似てきたなって。
だから、お互い愛し合って見ていれば、その人の空気が自分の肌になじんで、いつの間にか外を歩いていると周りから「似てるね。お母さん似なんだ」って言われるたびに、血がつながってなくても似るんだってことを感じました。
一番、お母さんが言ってくれた言葉でうれしかったのが、「サヘルお願いがある」と言われて、「何?」って聞いたら、「次生まれ変わったときはお母さんのおなかの中から出てきてくれる? お願い」って。
赤ちゃんの私を見てないんですよね。「いつかもう1回あなたと出会いたい。次、私の赤ちゃんになってほしいし、おむつを替えたいし、お乳を飲ませたい。だから次はお母さんのおなかの中から出てきて」って言われるたびに、本当に彼女は全てを捧げて愛してくれているんだなって、どんな親子よりも私は彼女との親子関係を誇りに思ってます。

――「すごくつらい思いをしたときにお母さんの手を見て、私はお母さんのため何もしてあげてないから頑張らなきゃと思って、そのつらさが乗り越えられた」って書いてらっしゃって、すごい深い親子だなって感じました。

サヘルさん: 親って子どもには自分の弱いところ見せないじゃないですか。私もお母さんを心配させたくなくて、あるときからお母さんの前で優等生の自分を演じるようになったんですね。学校で居場所がなかったり、友達がいない時期もありました。苦しくて学校から家までいつも泣いて、でも家に着いてお母さんが帰ってきたときには自分の中でスイッチを作って「お母さんが安心するサヘルちゃん」というのを、いつの間にかお母さんのためにうそをついてたんですね。いつも強いお母さんしか知らなかったので。
でもあるとき、家に帰るとお母さんは1人で家の中で泣いていて。母親も私のためを思って優等生のお母さんを演じていたんです。親だから責任を持って子どもを育てなきゃいけない、大人だから泣いちゃいけないって、みんな思ってしまうけれど、そんなこと本当はない。皆、心の中にインナーチャイルドを持ってるもので、苦しいときに苦しいって言える環境をお互いに作ることってすごく大切。私はそれを気付いてあげられなかったんですね。
その姿を見て、初めてお母さんの弱さ、苦しんでることを知りました。じゃあ私も自分の苦しんでる姿を出そう、苦しいことは苦しいって言っていいんだってことを母に言えたときに、お母さんも本当の姿を見せてくれて、やっとお互い理解し合いましたね。それが中3でした。
それまでは、いつもできているお母さん、偉大なお母さん、神様みたいな人、この人みたいになるのは大変だってプレッシャーでした。やっぱり育ててもらうってプレッシャーなんです。生みの親とは違う、育ての親を持つ私たちにとっては、どこかでプレッシャーを感じながら生きてるのは事実なので。でも、育てるほうもプレッシャーを感じながら育ててるんだなっていうのは感じましたね。

――「本当の自分を出す」ってなかなか難しい。それは本当の親子でも同じかもしれませんね。

サヘルさん: 私たち親子に限らず、どこかでつらいと思っていたり、孤独を感じていても家族の前では背伸びをしたり、頑張っちゃう大人はたくさんいると思うんですが、頑張らないでくださいと伝えたい。私は頑張りすぎて、心を壊してしまった時期がありました。
頑張れって言葉好きじゃないですが、頑張るってことも程良くしないと、いいかげんに生きることも大切。“いいかげん”が悪いことではなくて“良い加減”に生きる。加減を見て生きることも大切だなと。

「自分を愛したときにやっと他人を愛せるんです」

――今回、詩集を出されました。言葉を紡いでいらっしゃる。1つ1つの言葉が深くて感動したんですけれど、悩みもあるからこそ詩集を作られた。『あなたと、わたし』。

サヘルさん: 誰しもが持っている、「あなたと、わたし」。自分自身に向けている言葉なんですね。私もいるけど、あなたというもう1人の自分もいる。どちらも認めてほしいなと思っているんです。私は「愛されたい」って思ってる時期がすごいあって、「愛されてない、きっと社会に必要とされてない」って、不安を感じながら生きていた幼少期に、声帯を通して出さなかった自分の心の弱さを、いつも文章にためてたんです。
多分それは国民性で、イランの人は皆詩人です。ハーフェズという世界ですごく有名な詩人がいるんですね。文学の方がとてもたくさん出ている国でもあって、言葉に対して敏感な国民性なんです。
今も、どのイランの人に会っても、お手紙のやり取りをすると、最初に1つの詩をつづってからお手紙を書いたり、メールのやり取りをしても一節、そのときの感情だったり、相手に対する思いを詩に変えて相手に伝える。国民性なんですよ。詩を愛でる国で、学校の授業でも詩を書くんです。
私はイラン人であることを誇りだと思っておりまして、小さいときから染みついてるんだなって。自分も気付いたらいつも言葉をつづっていて、本だったりパソコンに自分の思ってることを常にため込んでたんです。それを大人になって、去年の12月に1冊の詩集にする機会をいただけて。
今まで感じたこと、もちろんプラスなこともあれば、ネガティブなこともあります。私の持ってる闇とか孤独っていうのは、決して汚いものではない。人の孤独とか闇っていうのは誰しもが抱えているもの。それを言葉にして提示することによって、「何だ、サヘルさんもこんなこと思ってるんだ。なら僕の、私の、思っている孤独や闇って決してマイナスなことじゃなかったんだ、仲間がいるんだ」って思ってもらいたくてこの本を書いたんです。

――すてきだなと思うのが、最初のページが「私を愛してほしい」。そして最後のページが「あなた自身を愛してほしい」。これが表紙と裏表紙になっているんですね。愛することから始めましょうということでしょうか。

サヘルさん: 自分を大事にしてほしいなって。生まれてきてだめな人っていなくて、他人と自分を比べがちですけれども、ひとりひとりにしかできないことって必ずあるし、自分を愛したときにやっと人が愛せるんですよね。自分を大切にしないと、他の人も大切にできないと思うんです。
まず自分と向き合ってほしいし、だからといって強くなる必要もないです、頑張る必要もない。素直に自分自身の今の声を聞いてほしい。それが弱くてもいいと思います、弱さって長所に変えられるので。強くなれる人もいればいい、でも強くなれなかったらそれがだめな訳ではない。弱い自分自身も大切に包んでほしいなという思いで、この1冊を書きました。

――しっかりと自分自身や人生を考えながら生きてこられた気がします。お母様からの教えも多いですか。

サヘルさん: お母さんと出会ってなければ今の私はないですね。私が今ここに立っているのも、サヘル・ローズっていう名前をくれたのも、誕生日をくれたのもお母さんですし、すべてフローラっていう人がいて、やっと私が存在するので、ある意味「あなたと、わたし」は母と私っていう意味でもあるんだと。

産んでくれたお母さんにも感謝です。産んでくれたお母さんがいたからこそ、育ての母であるフローラに出会えたので。確かに苦しかった人生だったかもしれない。でもそれはとても良い経験をしたなと、33歳になって今の私は思えているので、良い人生経験をさせてもらったと思っています。
イラン人であることを誇りに思いますし、自分の幼少期のこと、児童養護施設で生活したこと、家がなかった時代、ご飯がなかったこと、いじめられたことも全部が今の私を作ってくれた土台、血となり肉となっているので、良い人生だったと振り返れる大人になれてよかったです。

<サヘル・ローズ 「母がくれた未来を世界中の子どもたちに」②>につづく

Related Articles関連

Latest新着

トップページへ戻る