詩人・和合亮一「言葉の力」 美容家・IKKO「美の力」

ざっくり言うと
東日本大震災後と重なる現在 ふたたびTwitterで詩を発信中
美のカリスマ・IKKOさん直伝! 予防効果の高い“日焼け止め”の選び方&塗り方
2020/05/28 らじるラボ

趣味・カルチャー

エンタメ

2020/05/28

8時台の放送を聴く
2020年5月28日(木)放送より

9時台の放送を聴く
2020年5月28日(木)放送より

10時台の放送を聴く
2020年5月28日(木)放送より

11時台の放送を聴く
2020年5月28日(木)放送より

記事を読む

「らじるラボ」は毎週月曜日から金曜日<NHKラジオ第1>8時30分~11時50分放送中♪
放送後1週間は、「らじる★らじる」の聴き逃しサービスでもお楽しみいただけますよ!

らじるラボ

ラジオ第1 毎週月曜~金曜 午前8時30分

詳しくはこちら

5月28日の『表現者たち』のゲストは、詩人の和合亮一さん。東日本大震災後に発信した力強い言葉が話題に。そこに込められた思いに迫りました。
『どうしたの~木曜相談室~』の相談員は、美容家のIKKOさん♪ 今回も美容に関するお悩みに、明るくパワフルにお答えいただきました~!

【出演者】
吾妻アナ:吾妻謙アナウンサー(進行)
錦見さん:錦見映理子さん(木曜レギュラー、歌人・作家)
和合さん:和合亮一さん(詩人)
IKKOさん:IKKOさん(美容家)


東日本大震災後に発信した力強い言葉が話題に。詩人・和合亮一さんインタビュー

さまざまな表現に情熱を注ぐトップランナーに迫る「表現者たち」。今回のゲストは、詩人の和合亮一(わごう りょういち)さんです。

福島県の県立高校の国語教諭であり、詩人としても活躍。
大学時代に本格的に詩に取り組むようになり、30歳のとき中原中也賞を受賞。
2011年3月、東日本大震災と東京電力福島第一原発の大混乱により不安な日々を送る中で、毎晩Twitterを投稿し、話題に。
それ以来、震災と原発事故からの復興をテーマに詩を発表し続けています。
昨年、詩集「QQQ(キューキューキュー)」で萩原朔太郎賞を受賞されました。

目の前で起きていることに触発されてその場の感情を詩にする形態「機会詩=オケージョナリーポエム」
震災当時、和合さんは状況をオケージョナリーポエムとしてTwitterにリアルタイムで発信し、大きな反響を呼びました。
今回は東日本大震災直後に和合さんがツイートした詩が歌になった「貝殻の歌」(歌:加藤登紀子さん)をご紹介。当時のお気持ち、詩に込められた思いなどを伺いました。

吾妻アナ: 震災と津波で失われた命の重み、悲しみを書いたものですね。
和合さん: そうですね。実際に津波のあとの様子を見させていただきながらノートに書き留めた詩の一節に、作曲家の伊藤康英さんがメロディをつけてくださいました。
吾妻アナ: 和合さんは福島の学校にいるときに被災されて避難所に行って、さらに帰宅して家族を県外に避難させた後の暗い部屋でひとりでツイートを始めたのですね。

和合さんが「孤独のなか、沸いてきた言葉をつづった」と語ったツイートを一部、ご紹介します。

3月16日 午後9時30分のツイート
<行き着くところは涙しかありません。私は作品を 修羅のように書きたいと思います>
<放射能が降っています。静かな夜です>


午後10時52分のツイート
<あなたには 大切な人がいますか。一瞬にして失われてしまうことがあるのだ…
と少しでも考えるのなら、己の全存在を賭けて、世界に奪われてしまわない為の方法を考えるしかない。>


そして、17日午前0時24分
<明けない夜は無い。>

木曜レギュラーの錦見映理子さんは、このツイートをリアルタイムで見ていて、「心の支えになった」と。

和合さん: とにかく10分から15分に1回とか、余震が続くわけです。身も心も揺すぶられるようにして言葉を紡いでいたというのが真実です。

このツイートが避難所にいた方々の支えになっていたのはもちろん、海外の方々も現地の様子を知りたくて読んでいたようで、日本語だけでなくさまざまな言語で和合さんのもとにメッセージが届いたそうです。
目には見えなくても、同じ思いを共有して、言葉を通してつながっているのだということを感じますね。

あの震災と二重写しになっている現在の日々をTwitterで発信

和合さん: これからも、福島で生きる人間として、全国にいろんな形で発信していきたいと思っています。文学のみならず、音楽、演劇、芸術、教育いろんな分野に、震災を真ん中に置いて学んだことや得たことを広げていって分かち合っていきたいです。そして、大人の背中を子どもたちに見せたいなぁと思います。

和合さんは現在、新型コロナウイルスの不安のなかで詩をつぶやく、詩の礫「Ladder」(しのつぶて・ラダー)というものをTwitterで行っています。
次回は6月5日(金)の午後10時から集中的に発信されるようです。そちらもぜひ、チェックしてみてください。

このほかにも、萩原朔太郎賞を受賞した詩集「QQQ」について、錦見さんと詩を作る極意やおもしろさなどを語り合ったり、子どもたちの作文に見る復興のお話など、たっぷりお話いただきました。

詳しくは、9時台の「聴き逃し」で。

日焼け止めの「カ・ン・ペ・キ~!」な塗り方は?

週替わりで登場する各界のエキスパートと一緒に、リスナーのみなさんの悩みや相談に答える、「どうしたの?~木曜相談室~」

IKKO: おはようございま~す。
どんだけ~!
吾妻アナ: おはようございます。そのひとことで元気になれますね(笑)。

きょうもリモートでご登場♪
美容家として、タレントや執筆活動などで大活躍のIKKOさん。

きょうは、これからの時期、特に気になってくる「日焼け止め」についての相談が多く寄せられました!

<毎朝の洗顔、化粧水、美容液の後に乳液をのせて日焼け止めを塗るのですが、どうしても白浮きしてしまいます。考えられる原因と対策を教えて欲しいです>

この質問には、生電話でお答え!
ポイントは…
・基礎化粧をしっかりなじませてから、日焼け止めを塗る
・使う分量に注意! 大量に塗るより、同じ量を少しずつ何回かにわけて塗ったほうが白浮きしにくい
・使っている基礎化粧とのバランスも考えてみて!

さらにこんな質問も。
<農作業で、手の日焼けに悩んでいます。値段の高い日焼け止めのほうが効果ありますか?>

IKKOさんは…
・日焼け止めは、汗をかいたらダメなのよね~! クリームタイプではなく、粉タイプが「オススメ~♪」
「SPF」の数字より、「PA+」の数がどれくらいあるかが「重要~!」
・「PA++++」だと、UVA防止効果が極めて高いの~!
国内最高値~!!!…だそうです♪

きょうも絶好調! 吾妻アナが「スーパーマンみたいですね」と言った、“インパクト大”なお召し物でした。

このほかにも、「ビデオ通話でも映える化粧の方法」「基礎化粧品の使い方」など、リスナーのみなさんからの美容に関するお悩みにたくさんお答えいただきました! 10時台の聴き逃しで♪


「どうしたの?~木曜相談室~」は、週ごとに相談員が変わります!

「らじるラボ」のHPにある専用フォームから悩みや相談事をお送りください。
電話してもOKという方は、電話番号もぜひ!

専用フォームはこちら

8時台の放送を聴く
2020年5月28日(木)放送より

9時台の放送を聴く
2020年5月28日(木)放送より

10時台の放送を聴く
2020年5月28日(木)放送より

11時台の放送を聴く
2020年5月28日(木)放送より

Related Articles関連

Latest新着

トップページへ戻る