【慢性疲労症候群 Vol.02】原因についてわかってきたこと

ざっくり言うと
2018/11/27 NHKマイあさラジオ 健康ライフ「筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群とは何か②」
関西福祉科学大学教授 倉恒弘彦さん
脳の炎症が疲労感を生み出す

くらし・健康

2018/11/27

放送を聴く
2018年11月27日(火)放送より

記事を読む

この病気は、なぜ複雑な名前なのでしょうか。

倉恒さん: 健康だった人が、発熱やせきなど、かぜのような症状とともに、集団的に発病したケースが見られました。そこで当初、「ウイルスの感染が原因ではないか」と考えられ、調査研究が始まりました。ところが、明確に病態を説明できるようなウイルスは見つかりませんでした。そこで、患者に広く見られる「慢性的な疲労」という特徴を、原因不明の病気の名前として呼ぶことにしたのです。「慢性疲労症候群(まんせいひろうしょうこうぐん)」という名前は、調査をするためにつけられたのです。その後も、「ウイルスが原因ではないか」という研究は続けられていますが、慢性疲労症候群と診断された患者すべてを説明できるようなウイルスは、まだ見つかっていません。
イギリスでは100年前から、ウイルスの感染がきっかけと思われる、脳神経系の異常が多く見られています。多くの患者に共通して見られる症状の1つが、全身の痛み、特に筋肉の痛みです。そこで、この原因不明の病気に、「筋痛性」という名前が付き、また、脳の炎症や脊髄(せきずい)の炎症が関係していると考えられるので「脳脊髄炎」を合わせ、「筋痛性脳脊髄炎(きんつうせい・のうせきずいえん)」という名前で呼ばれていました。
ただ、こういった患者は、臨床症状的には確かに脳脊髄の炎症が疑われる症状が見られ、また筋肉の痛みを強く訴えています。しかし、保険診療で認められている検査(血液検査、脳のCT検査、MRI検査など)をしても、脳脊髄の炎症を直接証明するような異常が見つかりません。したがって、「筋痛性脳脊髄炎」という呼び名に慎重な立場をとる研究者もたくさんいます。
そこで、厚生労動省では、「慢性疲労症候群」と「筋痛性脳脊髄炎」、両方の名前を併記して呼ぶことを推奨しています。

現在、原因はどこまで判明しているのでしょうか。

倉恒さん: 感染症については、EBウイルスや単純ヘルペスウイルスなどの感染がきっかけの患者は間違いなくいます。ただ、こうしたウイルスだけでは、すべての患者を説明できないこともわかっています。
多くの患者を見ると、元気なときは、体の中でおとなしくしていたウイルスが、免疫力が低下すると、再活性化するという状況が起きている、ということもわかってきました。

新しくウイルスに感染しなくても、もともと体内にあったウイルスが、免疫力が下がったことにより、再び活性化することがあるのですね。

倉恒さん: 免疫力が下がるきっかけは、さまざまな生活環境ストレスです。例えば、人間関係のあつれき、過重労働、身体的なストレス。また、いわゆる「シックハウス症候群」と呼ばれるような、化学物質によるストレス。また、熱中症や、騒音環境での仕事といった、物理的なストレス。さまざまなストレスが、免疫系に変調を引き起こします。
免疫系に変調が起きてウイルスの活性化が起きた場合、もしくは感染症にかかった場合、体の免疫系はウイルスを抑えるために免疫物質を作ります。これは本来、体を守るために作られる免疫ですが、なぜか脳の中でも同じようなものが作られるのです。これが、脳の神経系の炎症として引き起こされることがわかってきました。脳神経系の炎症が、この病気と深く関わっていることは明らかになりつつあります。

脳の炎症が、強い疲労感を生み出したり、長引かせたりしている可能性があるのですね。

倉恒さん: この病気は、通常の検査では異常が見られないため、客観的な診断が難しいという問題があります。2014年、特殊な脳のCT検査で、脳の神経系の炎症が初めて見いだされました。そして、脳の神経系の炎症の部位と症状に、関係があることもわかりました。
例えば、認知機能の障害(思考力や集中力の低下など)が見られる患者では、扁桃体(へんとうたい)に炎症があります。全身の痛みを訴えている患者では、視床(ししょう)の炎症が強い。また、抑うつ症状が強い人の場合は、海馬(かいば)の炎症が強い。炎症の起こる脳内の部位によって、症状に違いがあるのです。

そうした炎症は、自分の力では治せないのでしょうか。

倉恒さん: 脳の炎症は、体で防衛反応として起きることが脳で起きているものです。そのまま安静にしていれば治るものではないと思われています。
したがって、感染症の場合は、その感染症を治す必要がありますし、ウイルスの再活性化が原因の場合は、ウイルス再活性化の要因も排除することが治療につながると考えられています。

2018/11/28 NHKマイあさラジオ 健康ライフ「筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群とは何か③」につづく

放送を聴く
2018年11月27日(火)放送より

Related Articles関連

Latest新着

トップページへ戻る