「家族」がテーマの書評バトル

ざっくり言うと
稲葉茂文さんのおすすめは『ぼくのおじさん』
新藤祐一さんのおすすめは『男と女の台所』
2020/02/07 NHKジャーナル 文化流行「対決! ミニ・ビブリオバトル」

情報

文学

2020/02/07

記事を読む

発表者が読んでおもしろいと思った本を3分以内に紹介し合い、リスナーの皆さんが読みたいと思った本に投票する「ミニ・ビブリオバトル」。2月のテーマは「家族」です。4回連続でチャンプ本を獲得している元古書店経営の稲葉茂文さんと、Web制作会社経営の新藤祐一さんの対戦です。


稲葉さんの発表本は、『ぼくのおじさん』(北杜夫 新潮社)。兄夫婦の家に居候するおじさんが、お見合いで知り合った美女を追いかけて甥(おい)と共にハワイへ向かうさまを描いた作品。一方、新藤さんの発表本は、『男と女の台所』(大平 一枝 平凡社)。朝日新聞デジタルのウェブマガジンで連載されて人気だったものが書籍化。19人の台所を通してあぶりだされる、夫婦、カップルなど、男女の関係の本質を描いた作品です。

新藤さんと菅野キャスター

稲葉さんのコーナー最多記録となる5回連続のチャンプ本獲得がかかった今回の対戦。対する新藤さんは、これまで全国のビブリオバトルで稲葉さんと激戦を繰り広げてきたということもあって、おふたりともに熱のこもったプレゼンを展開。コーナー史上過去最高となる400票近い投票の中から、新藤さんが見事、接戦を制してチャンプ本を獲得しました。新藤さん、おめでとうございます!

おふたりの感想です。

新藤祐一さん: 「家族」というテーマを聞いて思い浮かんだ本は、なぜか家族が消滅したり離散したりするものばかり。締め切り直前まで選書に悩んでいたのですが、金曜の夜にふさわしい落ち着いた本にしようと、『男と女の台所』を紹介させていただきました。
夫婦、親子、恋人、隣人、友人……、さまざまな「家族」を「台所」という軸で取材し、まとめ上げられた本です。うまくいっていない家族や、別れもたくさん出てきます。でも、いつかきっと穏やかな日々が訪れる、そんな希望を感じることができる19の台所。すてきな台所の写真と合わせて、ぜひ楽しんでいただければ幸いです。
慣れない3分、しかもラジオでの発表で大変緊張したのですが、スタジオにいる皆さんに真剣に聞き入っていただき、そのお顔を見ながら、ふだん通りに発表することができました。ご一緒した稲葉さんの発表もとてもすばらしくて、本当に楽しいビブリオバトルができました。
チャンプ本に選んでいただけたことはもちろんうれしいのですが、こうやって好敵手と良い本を紹介できたこと、そしてリスナーの皆様から温かいお言葉をいただけたことが、なによりもうれしいです。ありがとうございました。

稲葉茂文さん: 「家族」というテーマをいただいて、そもそも家族とはどんなものだろうか、ということを、じっくり考えてみました。親子や兄弟、祖父母と孫……、時に反目しつつも、互いを思いやり、助け合う存在。それは確かに、重要な文学的テーマです。
しかし、「日々の生活を共にする社会の最小単位=家族」の成員が取り結ぶ関係って、そんなに真面目で麗しいものばかりだろうか。だとしたら、私は失格です。もっとテキトーでボンヤリしていてトホホな人間でも、「まあ、しょうがないよな。こういうやつもいるよな」と受け入れてほしい。「家族」として認めてほしい。だから、今回紹介した『ぼくのおじさん』の「おじさん」は自分のことだ! と思いながら、気持ちを込めて発表しました。
連勝記録更新はなりませんでしたが、最後の出場で大好きな『ぼくのおじさん』を紹介することができて、本当にうれしかったです。「最多連勝記録タイ」という記録は、愛書家として宝物のような思い出です。そして、新チャンプの新藤さんの発表、本当にすばらしかったです。私にとって、「ビブリオバトラー」としての永遠のライバルですね。新藤さん、次回もがんばって!

投票してくださったリスナーのみなさんからは、こんな声が寄せられました。

<新藤さんのお父様との食を通したお話に惹かれました。時として介護中は何もかも放り出したい気持ちになりがち。でも、一緒に食事ができる幸せも家族だからこそですね。20番目のキッチン、読者として自分のキッチンを語りたくなるのではないかなぁと思いました>
<どちらも魅力的な家族の像を描き出していました。食事を介した愛情というのも、家族の数だけ愛情の種類はあることを語っている気がします。でも最終的には、頼まれもしないのに個人と個人をつなぐ「緩衝材」のようなおじさんが最高に魅力的でした。自分もどこかでそうなりたいと願っています>
<こうして生身の声で発表してもらえると、その人の人生も垣間見えてとってもいいですね>


新藤さん、稲葉さん、そして投票をしていただいたリスナーのみなさん、ありがとうございました。次回の「対決!ミニ・ビブリオバトル」は、3月6日(金)を予定しています。こちらもどうぞお楽しみに!

前回の「スポーツ」がテーマのミニ・ビブリオバトル(2020/01/10放送)の記事はこちら

Related Articles関連

Latest新着

トップページへ戻る