本好き外国人による“国際”書評バトル

ざっくり言うと
制限時間3分で本を紹介! 『ミニ・ビブリオバトル』
本好きな外国人による国際対決!
2019/07/15 NHKジャーナル【ジャーナル祝日特集】

情報

文学

2019/07/15

記事を読む

7月15日は海の日の祝日でしたが、NHKジャーナルでは祝日特集として「国際対決!ミニ・ビブリオバトル」をお届けしました。発表者が読んでおもしろいと思った本を、3分という制限時間内に紹介しあい、リスナーの皆さんが読みたいと思った本に投票する「ミニ・ビブリオバトル」。毎月金曜日の文化流行コーナーでお伝えしている「ミニ・ビブリオバトル」は2人のバトラーがお薦め本を発表しあう一騎打ちですが、今回は趣向を変えて、日本にお住まいの本好きな外国人の方々、3人による国際対決でお届けしました。

チャレンジしてくださったのは、横浜市立大学大学院で都市社会学を研究している、中国の董洋(トウ・ヨウ)さん。筑波大学で果物などにつくハエの研究をしている、バングラデシュのHANIF HASSNA(ハニフ・ハスナ)さん。日本に暮らすネパール人向けの新聞でコラムを担当している、ネパールのDURA RITU KUMAR(ドゥラ・リトゥ・クマル)さん。


日本のホラー作品が好きな董洋さん(写真左)の発表本は、乙一著『石ノ目』(集英社)。主人公の青年の母親の故郷には「目を見ると石にされてしまう」という「石ノ目様」という伝説があった。主人公は同僚と一緒に登った故郷の山で崖から転落。助けを求めてたどり着いた一軒家で出会った不思議な老婆は……。

啓発本が好きなHANIF HASSNAさん(写真中)の発表本は、エリザベス・ギルバート著『BIG MAGIC「夢中になる」ことからはじめよう。』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。世界的な人気作家である著者が不遇の時代から大切にしていた信念、それは、「充実した人生を送りたければどんなときも創造的であること」。誰もが心の底で眠らせている「創造性」を解き放って充実した人生を送る秘訣とは……。

DURA RITU KUMARさん(写真右)の発表本は、安武信吾・千恵・はな著『はなちゃんのみそ汁』(文藝春秋)。がんを患い33歳という若さで亡くなった母・千恵さんとの約束を胸に、娘のはなちゃんは5歳から毎日みそ汁を作り続けます。余命を覚悟した母が娘に遺(のこ)した食の大切さやしつけとは……。

初めてのラジオ出演ということで「とても緊張してしまってどうなるかと思った!」というKUMARさん。子育てに迷い悩んできた自身の体験も交え、心のこもったプレゼンがリスナーの共感を呼んで、見事KUMARさんの選んだ「はなちゃんのみそ汁」がチャンプ本を獲得しました。KUMARさんおめでとうございます!

KUMARさんと菅野キャスター

3人の感想です。まず、ネパールのKUMARさんです。

KUMARさん: 人生で初めて生放送の番組に出演できたことは何よりもの喜びでした。皆さんから投票をいただき、チャンプ本になったことは人生がある限り忘れません。発表後、日本語学校の先生、職場で知り合った方々から「ラジオ聴きましたよ」とメッセージを送ってもらったとき、すごく喜びました。ラジオを好きな方々、投票していただいた方々に心から感謝します。

続いて、バングラデシュのHASSNAさんです。

HASSNAさん: 素敵な経験でした。初めてNHKに出演できて、みんなとても優しくて、遠慮なく楽しいひとときを過ごすことができました。ありがとうございました! そして、私たちの番組を聞いてくださった皆さんありがとうございました! とてもうれしかったです!

続いて、中国の董洋さんです。

董洋さん: 今回の「ミニ・ビブリオバトル」でたくさん勉強ができました。日本語能力を鍛えるだけではなく、視野も広がっていきました。他の人とお互いに好きな本を紹介し合うことがすごくおもしろかったです! 私にとって、これは一生忘れられない経験だと思います。本を通して、ハスナさんとクマルさんと知り合って本当に楽しかったです。これはビブリオバトルの魅力ですね。

今回のバトルをふりかえってみて……。
28回目となる「ミニ・ビブリオバトル」ですが、外国の方々による対決は初めて。出演していただいたバトラーの皆さんだけでなく、番組スタッフもワクワク、ドキドキが止まりませんでした。

番組を聴いたリスナーからは、「みなさんシンプルな言葉ながらも、本への熱い思いがしっかり伝わってきて3冊とも読みたくなった」「母国語ではない日本語でのプレゼン、みなさんの語学力におどろきました」「本もビブリオバトルも国境を越えて楽しむことができると実感しました」という声をいただきました。またいつの日か“ちょっとスペシャル”な「ミニ・ビブリオバトル」をお届けできれば、と考えています。

前列左からHASSNAさん、KUMARさん、董洋さん。後列左から、山田キャスター、菅野キャスター、森田ニュースデスク

HASSNAさん、KUMARさん、董洋さん、ありがとうございました。そして投票をしていただいたリスナーのみなさん、ありがとうございました。毎月恒例、次回の「対決!ミニ・ビブリオバトル」は8月2日。こちらもどうぞお楽しみに!

Related Articles関連

Latest新着

トップページへ戻る