桜が彩る津軽の名城 弘前城

ざっくり言うと
各地の名城から知られざる古城まで、作家・伊東潤さんが楽しみ方を伝授
江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の1つ
2019/04/13 マイあさ! 「城歩きのすすめ 弘前城」 作家・伊東潤さん

歴史

2019/04/13

放送を聴く
2019年4月13日(土)放送より

記事を読む

今日ご案内いただく城は青森県の弘前城。この城は現存天守で有名ということだけではなくて桜の名所としても名高いですよね。

伊東さん: そうですね。弘前城のある弘前公園の桜はなんと2600本もあるって言うんですね。弘前城に初めて桜が植えられたのは正徳5(1715)年で、その際には京都の嵐山からカスミザクラが持ち込まれたと言われています。
明治になってからソメイヨシノを中心に1000本近くの桜が植えられ、さらに昭和から平成にかけても多くの桜が植えられました。弘前公園では桜の開花に合わせて開かれる「弘前さくらまつり」という催しを1961年からやっており、今では毎年10万人以上の観光客が訪れています。

さて、この城は関ヶ原合戦から3年後の慶長8(1603)年、津軽為信(つがる ためのぶ)によって築城が開始されました。
初代津軽藩主の為信は当初南部氏に従属する一国人に過ぎなかったんですが、いち早く豊臣秀吉に臣従し、津軽を統一。独立大名として4万5000石の所領を安堵(あんど)されます。
秀吉の死後は家康に従属し関ヶ原合戦後に数を受けて4万7000石の津軽藩の初代藩主となりました。
その後、為信は京都で隠しますが、弘前城は慶長16年と言いますから1611年、2代の信枚(のぶひら)によって完成します。
このとき、南西の角、5層6階の大天守も作られますが寛永4(1627)年に落雷で焼失し、以後長きにわたって天守はあげられませんでした。
しかし、焼失から200年近くたった文化7(1810)年、幕府に願い出て天守の代わりとなる3層3階の御三階櫓(ごさんかいやぐら)が作られます。この櫓は現存12天守のうちの1つに数えられ、今では弘前城の象徴となっています。

その弘前城にまつわる歴史的事件というと伊東さんは何を挙げますか。

伊東さん: やはり寛永4年の大火災でしょうね。このときは落雷があって天守の上層部から徐々に火が燃え広がったといわれています。
最後は地下の火薬庫にまで火がおよび大爆発を起こしたため本丸御殿などの建築物もはじけ飛んだと言われています。この時の飛散物は8キロメートル先まで飛んでいたとされるので、いかにすごかったかっていうのは想像できますね。

すごいですね、8キロ先まで! では弘前城の構造的な特徴はどういったことでしょうか。

伊東さん: 弘前城は津軽平野の中央部やや西に位置し岩木川(いわきがわ)右岸の比高10メートルから15メートルの河岸段丘上に築かれた城です。城全体は三重の堀と土塁に囲まれていました。
外郭は三の丸、四の丸、西の角から成りますが東西南北に1つずつ小口を設け岩木川に面した西側を除いた三方は同じ規格の内枡形虎口(うちますがたこぐち)となっています。
この城の広さは東西650メートル南北1000メートルで梯郭式平山城(ていかくしきひらやまじろ)という分類になります。
また「四の丸」という呼称はこの城だけのものです。あまり聞き慣れないですよね。
普通、城は三の丸までは数で呼びますが、四の丸や五の丸という呼び方はしません。そういう場合は例えば弾正丸(だんじょうまる)とか遊撃丸といった呼び方。いわゆる固有名詞をつけていくんですね。しかし、この城だけには四の丸があるんです。
私もいろいろ調べたんですが、どうしてこうした呼び方になったのかは不明です。

では弘前城に実際に行った際、どんな点に注目すればいいでしょう。

伊東さん: この城には重要文化財に指定された建築物が多く残っています。天守、辰巳櫓(たつみやぐら)、丑寅櫓(うしとらやぐら)、未申櫓(ひつじさるやぐら)、三の丸東門、二の丸南門、二の丸東門、現存遺構とはいえ、これほど多くの建築物が重要文化財に指定されている城は珍しいので行った折には、是非じっくり見ていただきたいですね。
またご存じの方も多いと思いますが数年前、御三階櫓の石垣を修復するためにこの櫓を仮の天守台に移動させる曳家(ひきや)工事を行いました。
この工事は油圧ジャッキを使い、400トンの櫓を3か月かけて70メートルも移動させるという難作業だったんです。しかし御三階櫓を解体しなかったことで建築当時の姿を一切変えずに移動させることができました。
これは天守台の石垣が「孕(はら)み」を生じてきたための作業なんですね。この孕みというのは天守台の内側にいろいろ石が詰まってるんですけど、それが水分を吸って、外に膨張していっちゃうんですけど、その孕みを取らないかぎり石垣が崩落してしまうということで、それを防ぐ作業になります。この石垣の修復は現在も続いています。よって今の天守は本来の場所とは違うところにあります。この工事の完了は2023年頃ということですが、これにより石垣は安定したものになるはずです。

まだ完了までには時間がかかりそうですけれど、工事中だけの楽しみのような気もしますね。弘前城までの行き方をお願いします。

伊東さん: 弘前城へは弘前公園を目指して行ってください。
弘前駅から歩くと30分、駅から出ている弘前市内100円循環バスに乗ると15分で着きます。
車で来る方は東北自動車道の大鰐弘前(おおわにひろさき)インターチェンジから30分ほどで着きます。
桜まつりに行くという方はですね、事前に混雑情報をチェックしてから行ってください。

放送を聴く
2019年4月13日(土)放送より

Related Articles関連

Latest新着

トップページへ戻る