なんで私の町には鉄道がないのですか?

ざっくり言うと
しがあおばさん(小学校1年生・宮城県)からの質問に、「鉄道」の松本先生、「科学」の藤田先生が答えます
「いつも車でお出かけするけど、鉄道があったらいいなぁ、と思って」
日本中に鉄道を引きたいけれど、乗る人がたくさんいないと鉄道会社が困ってしまう。社会科学的な大問題なんだよ

子ども科学電話相談

2019/11/24

11時台の放送を聴く
2019年11月24日(日)放送より

記事を読む

【出演者】
山田アナ:山田敦子アナウンサー
松本先生:松本陽先生(日本大学生産工学部鉄道工学リサーチ・センター)
藤田先生:藤田貢崇先生(法政大学 教授)
あおばさん:質問者


山田アナ: こんにちは。お名前教えてください。
あおばさん: しがあおばです。
山田アナ: あおばちゃんは何を聞きたいのかな?
あおばさん: なんで私の町には鉄道がないのですか。
山田アナ: あおばちゃんのところには鉄道が通っていない?
あおばさん: はい。
山田アナ: お出かけするときはどうしているの?
あおばさん: 車でお出かけしたりします。
山田アナ: 鉄道があったらいいなあって、思うの?
あおばさん: はい。
山田アナ: 分かりました。藤田先生、お答えください。
藤田先生: はい。しがあおばさん、こんにちは。
あおばさん: こんにちは。
藤田先生: 鉄道に乗ったことはありますか?
あおばさん: あります。
藤田先生: 鉄道が近くにあったら便利だなって、思いますよね。
あおばさん: はい。
藤田先生: えっとね、ちょっとこれは……、社会科学っていう分野で、すごく大事な問題なんですね。鉄道を走らせるためには、まず線路を引かなきゃいけないですよね。それから、ほかに必要なものって、何があります?
あおばさん: 電車?
藤田先生: 電車も必要ですよね。それから?
あおばさん: ……。
藤田先生: 当たり前のように思っちゃうけど、駅も必要ですよね。
あおばさん: はい。
藤田先生: それだけ作ると、すごくお金がかかるでしょう? それから、駅にどうやって人が来るかなっていう、交通手段。バスで来るかな、車で来るかな、歩いて来るかなっていうところも考えなきゃいけないですよね。そういうのを考えていくと、「お金がとてもかかったんだけど、全然人が使いませんでした」ってなっちゃったら、鉄道を走らせる会社が困っちゃいますよね。
あおばさん: はい。
藤田先生: そうすると、「鉄道を作ることはできませんね」っていうことになっちゃうんです。鉄道ってやっぱり、人がすごく多く住んでいるところとか、港から工場まで物を運ぶところだとか、「ここに作ってもちゃんとお金が入ってくるな」っていうところじゃないと、残念ながら作ることができないんですね。
あおばさん: はい。
藤田先生: もともと線路が通っていたんだけれども駅がなかったところでも、人がいっぱい住むようになると途中で駅ができたりすることもあって、そういうふうに変わっていくこともあるんだけれども、日本国中すべての町に鉄道を、っていうのは、ちょっと難しいかもしれないですね。でも鉄道が引けないからといって、住民の人々が困らないようにバスとかいろんな交通手段を充実させていくっていうのが、科学と社会をうまく結びつけながら考えていかなきゃいけないことですよね。
山田アナ: ほんとうに地方の鉄道って厳しい状態にありますから、どうやって守っていくのかっていうのも、大きな問題ですよね。
あおばちゃん、先生のお話聞いて、何か思いましたか? ちょっと、難しいですよね。
藤田先生: おとなの事情ですからね……。いくらでも鉄道にお金をかけられれば、いくらでも線路が引けるんでしょうけど、そうもいかないっていうね。残念ですね……。
山田アナ: ということで、いいかな?
あおばさん: はい。
山田アナ: お電話どうもありがとうね。
あおばさん: もうひとつあります!
山田アナ: うん、なあに?
あおばさん: なんで機関車は「ポッポー」と鳴るんですか。
山田アナ: はい。では藤田先生、引き続きよろしいですか。
藤田先生: はい、引き続き、こんにちは(笑)。
あおばさん: こんにちは。
藤田先生: 「ポッポー」って鳴るのは、車でいうとクラクションみたいな。「クラクション」って分かります? 例えば「ここに車がいますよ」って合図するときに鳴らしますよね、あれです。
あおばさん: はい。
藤田先生: 蒸気機関車が「これから動きますよ」とか、見通しが悪いところで蒸気機関車が近づいていることを知らせるときに出す音、それが「ポッポー」という音になるんですね。
山田アナ: 蒸気に関係した音っていうわけではない?
松本先生: 鳴る仕組みはですね、蒸気機関車は蒸気をいっぱい持ってますよね。その蒸気を通すことによって、笛が「ボー」っと鳴るようになっているんです。だから蒸気機関車には汽笛が付いてるけど、ほかのものには付いていないですよね。ほかのものは電気的に流すんだけど、蒸気機関車の場合は蒸気で鳴らすので、ああいう音がするという。
山田アナ: えっと……。蒸気機関車が動く仕組みである、石炭で水を沸騰させて蒸気にして、それをちょっと利用して「ポッポー」っていう音にも使ってるっていうことなんですね。
松本先生: はい、はい。
山田アナ: あおばちゃん、これでいいかな?
あおばさん: はい!
山田アナ: 質問してくれてどうもありがとう。さよなら。
あおばさん: さよなら~。

11時台の放送を聴く
2019年11月24日(日)放送より

Related Articles関連

Latest新着

トップページへ戻る