時間管理で上手に生きよう

ざっくり言うと
手帳を使って時間管理
子どもの時間管理
2020/03/19 武内陶子のごごラジ! 陶子のここが聞きたい パートナー:レッド吉田さん(お笑いコンビTIM) ゲスト:佐々木かをりさん(コンサルティング会社代表)

くらし・健康

情報

2020/03/19

陶子のここが聞きたい(前半)の放送を聴く
2020年3月19日(木)放送より

陶子のここが聞きたい(後半)の放送を聴く
2020年3月19日(木)放送より

記事を読む

【出演者】
武内アナ:武内陶子アナウンサー
吉田さん:レッド吉田さん(お笑いコンビTIM)
佐々木さん:佐々木かをりさん(コンサルティング会社代表)


佐々木さん

<佐々木かをりさん プロフィール>
1959年神奈川県出身。上智大学卒。育児をしながら、2社で会社代表を務める経験から、時間管理を目的とした手帳を開発。自分のやりたいことを実現するための、手帳を使った「時間管理術」を考案。時間管理の講座を全国で開催するほか、子ども向けの講座も行っている。

時間管理の基本

武内アナ: 佐々木さんが「管理したい」と思う人の特徴は。
佐々木さん: 毎日、忙しいと感じるだけで、達成感を実感できず、「なんとなく忙しい」から抜け出せない人や、プライベートと仕事、両方楽しみたいという人ですね。
武内アナ: 意欲ある人。向上心のある人ですね。
佐々木さん: 時間管理をする目的を簡単に言うと「自分をハッピーにする」ためです。時間管理をして、自分を思い通りに動かす実感があると、自分自身をマネジメントでき、自分への満足度が上がります。そのことで前向きになり、よりよい発想ができるようになり、ハッピーになるという循環です。
吉田さん: 僕もそうなんですが、時間管理をできていない人は多いと思いますよ。でも自分の子どもにはできるようにさせたいです。学校でも教えてもらいたいですね。
佐々木さん: 多くの方が「時間管理」だと思っていることは、私から言わせると「約束管理」です。「今日は、美容院に行く」「14時に誰さんと会う」など、自分の約束事を忘れないようにメモすることがほとんどではないでしょうか。
武内アナ: 大抵の人の手帳はそんな感じだと思いますよ。
佐々木さん: それは、日々の約束やアポイントの管理をしているだけです。約束管理ではなく、自分を“予約”し、自分を主体的に動かす「時間管理」をすると、ハッピーになると考えます。
吉田さん: 僕の場合、仕事はマネージャーだし、家のコトはカミさんに聞きます。プライベートは結構ゆるいですね。

吉田さん

自分を予約する

佐々木さん: あなた自身が新人タレントだと持ってください。そして、マネージャーになって自分を売り込むにはどうしたらいいのかも考えましょう。自分を主体的に考えましょう。
吉田さん: ひとりマネージャー&タレントごっこですね。
武内アナ: 自分で自分を予約するのね。

手帳を使った「時間管理」術

武内アナ: 時間管理に「手帳」を使う理由は。
佐々木さん: 時間が可視化できることです。手帳を開いて、見ながら仕事の効率アップになります。
吉田さん: 僕は手帳持たないですよ。スマホにスケジュール入れちゃいます。

佐々木さん: 手帳を選ぶ目的は、大きくわけて3種類あります。

1.約束をメモする…約束をメモすることを目的に選んだ手帳。

2.メモをする…ダイエット記録や、旅日記など、とにかくメモすることを目的に選んだ手帳。

3.自分を予約する…目では見えない時間を、時間軸で可視化する目的。

佐々木さん: 時間管理に合うのは、「3」が当てはまります。手帳には、自分自身に大切なことはすぐに書き込むのです。カレンダー型の手帳は、時間軸が書いてなく、書き込みもカレンダーのマスが埋まることで、「予定がいっぱいある」と錯覚してしまう。本当は、自由に使える時間があるはずなのに、それを見通すことができず、「忙しい」と思ってしまう。

スケジュールには、「自分が守れる約束」を入れるのがポイント。自分が自分への約束を達成する→思った通りに自分が動けて自信が持てる→自分がうまくいく→他人へも付き合いがうまくいく→人生がうまく回るという仕組み

武内アナ: 私も最近、時間を細かく見ていくことをしていますよ。
佐々木さん: 手帳はあくまで「手段」で、時間管理は「スタートライン」と考えてください。大事なことは、「手帳にどう書くか」より、「自分がハッピーな気持ちになるためにどうしたらよいか」を追求することが大切です。
吉田さん: 自分が主体的に動けるようになることが大事ですね。自分との約束はタダですしね。

目標達成や計画に使う

佐々木さん: 達成日から現在に向かって、時間をさかのぼりながら、どのようなことをすればよいのか具体的に書き出しましょう。
武内アナ: 例えば、「いつかイタリア旅行に行きたい」このような場合はどうですか。
佐々木さん: まずはイタリア旅行を計画する時間を予約します。

1.行かれるかどうかは別として、「日程」をまず決めてみる
2.ツアーを調べて、金額などを確認
3.まったく無理なら、日程を変更するなどして再調整
佐々木さん: まず、「日程」を具体的にすることで、何をすべきかが明確になり、何を調整すれば良いかわかります。
吉田さん: なるほど、計画を予約することからスタートなんだ。

子どもの時間管理

武内アナ: 時間管理を親子や子ども向けにも行っているそうですね。
佐々木さん: 大人とメソッドは同じです。自分で決めて、動く喜びを感じることが目的で、勉強の計画だけでなく、遊びの計画も入れて時間管理を楽しんでいます。
武内アナ: 子どもの時間管理のために、親がすべきことは。
佐々木さん: 指図しないで、見守って応援してください。
吉田さん: うちの子どもたちにもゲーム感覚でやらせてみようと思いました。今夜、食事のときに話してみよう。
佐々木さん: 自分の時間を思いどおりに使ってハッピーになってください。


聴き逃しは1週間です。毎日のスケジュールに“「聴き逃し」を聴く”を書き込んでね。

陶子のここが聞きたい(前半)の放送を聴く
2020年3月19日(木)放送より

陶子のここが聞きたい(後半)の放送を聴く
2020年3月19日(木)放送より

Related Articles関連

Latest新着

トップページへ戻る