中年の再婚を考える

ざっくり言うと
中年世代の結婚・再婚の現状
再婚の利点と注意点
2020/02/19 武内陶子のごごラジ! 陶子のここが聞きたい パートナー:高橋ジョージさん(ミュージシャン) ゲスト:三松真由美さん(作家)

くらし・健康

情報

2020/02/19

陶子のここが聞きたい(前半)の放送を聴く
2020年2月19日(水)放送より

陶子のここが聞きたい(後半)の放送を聴く
2020年2月19日(水)放送より

記事を読む

【出演者】
武内アナ:武内陶子アナウンサー
高橋さん:高橋ジョージさん(ミュージシャン)
三松さん:三松真由美さん(作家)


三松さん

<三松真由美さん プロフィール>
島根県出身。作家として、恋愛や結婚観を記した本を数多く発表し、主婦向けのコラム連載も多数あり。夫婦仲・恋仲に悩む女性会員1万3000人を集め「結婚・再婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。

三松さん: 2018年の婚姻件数は59万件で、離婚件数は20万7000件です。数字を見ると、35%が離婚している計算で、3組に1組が離婚するように見えますよね。でも、婚姻件数をしっかり見てみると、少し違った結果になることがわかります。婚姻件数は、1970年ごろは100万件を超えていたのに、2018年までの、およそ半世紀で40万件も減少しています。離婚数自体は横ばいで、あまり変わっていないものの、婚姻件数が減少したため高い離婚率になっています。なので、離婚が年々増えているというわけではありません。
高橋さん: 離婚率が高いのは、どの世代ですか。
三松さん: 30~34歳が高いです(厚生労働省調べ)。結婚してから5年以内に離婚する夫婦が高いと推測されます。おそらく5年ほどで「今のパートナーで本当にいいのか」と思い、この年齢なら再婚できる可能性が高いと考え、離婚に踏み切る方が多いのかもしれません。
武内アナ: 「熟年離婚」と言いますが、何歳くらいが熟年離婚ですか。
三松さん: 年齢もそうですが、一般的には、結婚して20年以上経った夫婦が離婚することを「熟年離婚」と言います。2013年に50歳以上の夫婦が離婚した件数は、およそ5万7000件で、40年前と比較すると10倍も増えています。
武内アナ: 「熟年離婚」が増えている理由は。
三松さん: 介護、年金分割、子どもの独立、定年退職後にずっと家にいる夫の世話、などです。たった1度の結婚で、ベストパートナーに巡り会える確率はとても低いです。これからは、人生設計の中に離婚と再婚のことも加えておくべきだと思います。
高橋さん: ライフスタイルが多様化した時代だから、結婚観もさまざまですね。
三松さん: 離婚を肯定するわけではないけど、合わない相手と結婚生活を続けて嫌な思いをし続けるのなら、きっぱり離婚して次の恋を探すという選択肢もあると思います。我慢をしない方がいいですよ。
高橋さん: 夫婦は、共感と理解があれば続くと思うので、対話は大切ですね。

高橋さん

中年世代の結婚・再婚の現状

武内アナ: 中年世代の結婚・再婚は増えているの。
三松さん: 50歳以上で結婚した人は、21世紀になった辺りから急増しています。つまり「熟年離婚」が増加する一方で「熟年結婚」も増加しているということです。
高橋さん: なぜ増えているの。
三松さん: 結婚の形が多様化してきたからだと思います。

・離婚や中年世代での再婚は恥ずかしいものではない。
・ある程度の収入が得られるようになってきた(若いうちに結婚できない理由でもある)。
・ひとりで生きていくのに厳しい時代になってきた(なので離婚したくてもできない仮面夫婦も多い)。

武内アナ: 若い人たちと、中年世代の結婚観の違いは。
三松さん: 中年世代の方が、金銭面、親の反対、実家を継ぐなどという、ハードルが少ないからだと思います。
武内アナ: なぜ再婚に踏み切れないのですか。
三松さん: 過去の結婚のトラウマや、年齢による自信の喪失が考えられます。必ずしも結婚は「入籍する」「同居する」ばかりではない。未入籍(事実婚)・通い婚も多いですね。

堂々と再婚するためのチェックリスト(三松さん監修)

三松さん: 再婚に踏み切るために自分自身の今をチェックしてください。

①「きょうあった楽しかったこと」を誰かに話したい。
②地震や雷のときでも、誰かといたら少し不安が和らぐ。
③「おいしいね」と言いながらご飯を食べたい。
④たまにダメな自分を叱ってくれる相手が欲しい。
⑤かぜをひいたときに寂しいと感じる。
⑥ビンのフタが固くて開けられない、電球に手が届かない、ということがよくある。
⑦「ありがとう」としばらく言われていない気がする。
⑧髪型を変えても、なかなか気付いてもらえない。
⑨誕生日の朝に肉声で「おめでとう」と言われたい。
⑩定期的にスキンシップしたい。

高橋さん: 俺は9個だな。最近、誰からも「ありがとう」って言われてないな(笑)。
三松さん: 私の見解ですが、3つ以上当てはまる方は、再婚することで人生がもっと充実するはずです。
武内アナ: 私は既婚者でも7つありました。
三松さん: 陶子さん、旦那さんと向き合う時期ですよ(笑)。

中年世代の恋愛・再婚の利点と注意点

三松さん: 中年世代が恋をすると、素晴らしいところをいくつか挙げてみました。

・相手のために、若返ろう・長生きしようと努力する(見た目、健康面など)。
・人生経験を重ねているから、異性の心をより理解していることが多い。
・人生経験を重ねているから、自分自身をより理解していることが多い。
・少ない年金問題も、2人の年金を使ってやりくりできる。
・老後の病気・介護の問題なども、1人よりは安心。

武内アナ: 恋から離れてしまった中年世代は、どうやってパートナーを探せばいいですか。
三松さん: 自分に自信を持つことです。1度結婚できたから2度でも3度でもできるはずです。そして、再婚したい意思を周りに伝えましょう。子どもがいる場合は、子どもと一緒に気になる人に会ってみましょう。若者より、相手を思いやる方法を知っているのでうまくいくことが多いですよ。

武内アナ: 恋愛・再婚の注意点は。
三松さん: 年を重ねると、こだわりが強くなったり、イライラしやすくなったりするので、それを抑えることに注意してください。また、シングルマザー、シングルファーザーの場合は、子どもに理解してもらうことが一番大切です。

高橋さん: いっしょに夢を叶える人を見つけたいね。
三松さん: 人生、終わり良ければ全てよし。最高の人生でエンディングを迎え、人生に“勝つ”ために、婚“カツ”をしましょう。
高橋さん: 失敗を生かさないとダメだね。俺、次はうまくいくと思っているんだ。


聴き逃しは1週間です。1人でも、2人でもどうぞ。

陶子のここが聞きたい(前半)の放送を聴く
2020年2月19日(水)放送より

陶子のここが聞きたい(後半)の放送を聴く
2020年2月19日(水)放送より

Related Articles関連

Latest新着

トップページへ戻る