後悔しない実家の片づけ

ざっくり言うと
実家の片づけ問題
実家の片づけ5か条
2019/05/13 武内陶子のごごラジ! 陶子のここが聞きたい 太田裕美さん(歌手)、渡部亜矢さん(実家片づけ整理協会代表理事)

くらし・健康

情報

2019/05/13

記事を読む

【出演者】
武内アナ:武内陶子アナウンサー
太田さん:太田裕美さん(歌手)
渡部さん:渡部亜矢さん(実家片づけ整理協会代表理事)


少子高齢化が進む中、実家の整理がちょっとした社会問題になっています。子ども世代や孫世代にとって、他人ごととはいえないこの問題を考えました。

武内アナ: 実家片づけ整理協会とは?
渡部さん: 「実家の片づけ」「生前整理」の重要性を訴えています。
太田さん: お願いしたいですね。
渡部さん: 家が整理されていないと介護の時も大変なんですよ。
武内アナ: 「親片」って言葉ご存知でしたか? 「の家をづける」の略語なんですって。
太田さん: 「オヤカタ」知らなかったです。

実家の片づけ問題

実家の片づけを阻む4つの親の壁
1.もったいない主義 → 「これは要る」「いつかまた使う」「大事なものだ」この3つが片づけを困難にしている。
2.子どもが何を言っているんだ! → いくつになっても親子の関係は変わらないと言う自己像。
3.子どもへの気遣い → 「子どもには迷惑をかけたくない」という思い。子どもは親の抱えている問題を意外と知らない。
4.親のプライド → 親は自分が衰えていることを感じているが、子どもから言われたくない!

太田さん: 切実な気持ちになりますね。自分も親なのでこれから意識します。
渡部さん: まずは片づかない荷物で転ばないようにしてください。動線を確保しましょう。
武内アナ: 「壁」を作ってしまう親との関係をスムーズに進めるには?
渡部さん: 親の目線に合わせて物事を進めてください。

1.親の健康・日常生活を把握する
2.親と子の価値観の違いを知る
3.言葉の言い換えで親の心を軟化させる
4.「片づけ」と言わず「掃除」といってはじめる!
5.男親・女親別アプローチ
6.親との距離を縮めるために写真など、記録をとる


※以上のポイントについては「聴き逃し」で確認できます。

実家の片づけ5か条

1.出ている物を片づける! → 押入れや納戸は後回し。
2.片づけは下から上へ! → 歩くとき邪魔な下が先、落ちてくると危ない物をその次。
3.収納ワザは使わない! → 1つでも物を少なくする。
4.生活習慣を優先! → 親の生活習慣は変えない。
5.両手の法則! → 使うモノは(両手を広げた)範囲に。

片づける時に大事なこと

事前の下調べが大事です。捨てていいのかダメなのか、一応、兄弟や親類に確認しましょう。業者を頼むときは必ず見積もりしてもらいましょう。

武内アナ: 太田さん、お話を聞いてどうでしたか?
太田さん: さっそくやってみようと思いました。
渡部さん: 早くやって、自分の時間を大切に使ってくださいね。

自分の時間を作るために「実家の片づけ」を考えてみてください。
詳しくは「聴き逃しサービス」で。

Related Articles関連

Latest新着

トップページへ戻る