【もっと、鎌倉殿の13人】鎌倉幕府の重鎮 大江広元役 栗原英雄さん

22/12/31まで

ラジオ深夜便

放送日:2022/10/30

#大河ドラマ#映画・ドラマ

放送を聴く
22/12/31まで

放送を聴く
22/12/31まで

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』をもっと、楽しむためのコーナーが「ラジオ深夜便」で放送中の「もっと、鎌倉殿の13人」。キャストやスタッフが、ドラマの現場から制作チームのこだわりをお伝えします。案内役は、ドラマの芸能シーンに携わる、芸能指導の友吉鶴心さんです。

【出演者】
友吉:友吉鶴心さん(薩摩琵琶奏者・『鎌倉殿の13人』芸能指導)
栗原:栗原英雄さん(大江広元 役)

いついかなる時も、冷静沈着

友吉: きょうは、大江広元 役の、栗原英雄さんとご一緒にお送りします。
大江広元さん、幕府の知恵袋。これから、どういうふうになっていくかっていうのも、冷静に見てますよね。だから、冷たい人と見られがち。伝説では「涙を流さなかった」っていう…。
人物像というか、役としての魅力は?
栗原: 常に、周りを見ている。常日頃から、御家人たちの動きや朝廷の動きや、出てくる人物、それぞれの細かい心理状況、目の裏、言ってることとはまた違う、「この人物は何を考えてるのか」っていうものを探す、嗅覚っていうのを大切にしてますよね。
そこが、大江広元の魅力であると思うんですけれども。
友吉: イコール、冷静沈着な。
栗原: そうですね、クレバーで。
友吉: 今回、役としては、どんなことを一番大切に?
栗原: あんまり、激高しないとか。例えば、本(台本)を読んでいて、「普通の人ならば…顔に出しちゃうなとか、どなってしまうなとか、ちょっと悲しみを打ち出してしまうな」っていうところは、ほぼほぼ、ノーマルな感じっていうか、冷静沈着な感じにするっていうのは、心がけてますけれども。
どんな役もそうなんですけど、役と向き合うと、自分の人間性を成長させていってくれるっていう感じですかね。特に大河ドラマだと、若い時から年を取った時まで、人生を生きるわけじゃないですか。
だから、その中で、役と一緒に旅をしながら、学んで生きていくっていう感じですかね。

友吉: 声がすばらしいですね! 劇団四季に25年?
栗原: 25年いました。高校卒業して、すぐに劇団四季の研究所に入って、それから25年在団させていただきました。
友吉: 一時は、浅利(慶太)さんの脇で、いろいろ若い方を指導したというお話も…。
栗原: そうですね。この、鎌倉殿に出ていた、堀内敬子さん(比企能員の妻・道役)なんかは、研究所に入ってきて。彼女たちのセリフのレッスンとか、したりしましたね。
友吉: とっても、栗原さんの声って、柔らかいんですよね。
だから、今回の大江さんの役にも、それがとてもマッチして、大江さんが、大きくみんなをくるんでいるような。
今回のスタジオ、とても和気あいあい。
栗原: いい座組ですよね、なかなかない、座組だと思います。
友吉: 何か楽しみってありますか? スタジオの中での。
栗原: セットを見るのが楽しみですね。
セットができているのを見ると、すごいなって感心するし。植物も、こんなものが、この部屋の中に出来てしまうんだ…と。そうすると、台本だけを読んできて作ってきたイメージが、何十倍にも広がるんですよ。そこがすごく、来るたびに感動してますね。
友吉: 世界観というか?
栗原: はい、助けてもらってます。
友吉: やっぱり、それも役を作っていく上での、とっても大切なもの?
栗原: そうですね、いろいろ触ってみたりとか。例えば、大江屋敷の時は、いろいろなものを触ってみて、手慣れてなきゃいけない、空間を把握してなきゃいけないから。
御所の中の執務室も、どこに何かあるっていうのをイメージしてやっていくっていうふうにするには、その周りを歩いてみて、そこまで、そのシーンは(撮影が)いかなくても、やっておくと、空間を把握できるっていう感じですよね。

友吉: ちょっと、プライベートな話を。麺類が大好きって?
栗原: “麺食い”って言いますけどね(笑)。日本そばが大好きで。
友吉: どうやっていただくのが、好きなんですか?
栗原: “せいろ”が、一番いいですよね。十割で、つゆは辛めの方が。辛汁に、ちょっとだけつけて。
友吉: ああもう、江戸前につっと、こう。食べたくなりますね!
栗原: そば前をつまみながら、ちょっと日本酒を飲んで、最後に、せいろで締めるというのが最高な(笑)。
友吉: 終盤にさしかかってきて、ますます、これから大切な役になっていく…。
栗原: 頼朝様から仕えてきた人たちが、いなくなってますから…。
頼朝様も亡くなって、頼家様も亡くなり。三代の鎌倉殿になりましたけど、これで、さあどうなっていくんだろうという。政治の面で、支えていくという。
友吉: きょうは、和田(義盛)の乱が、夜、繰り広げられますね。
栗原: なかなか見られない、大江広元が出ますね。
友吉: そうですか! みなさま、ぜひぜひ、お楽しみにご覧いただければと思います。
きょうは、大江広元 役の、栗原英雄さんとご一緒にお届けいたしました。
すてきなお話、ありがとうございました。
栗原: ありがとうございました。

【もっと、鎌倉殿の13人】トキューサ? 北条時房役 瀬戸康史さん(2022/09/18放送)

【もっと、鎌倉殿の13人】政子と対決!? 藤原兼子役 シルビア・グラブさん(2022/10/02放送)

【もっと、鎌倉殿の13人】義時の最愛の息子 北条泰時役 坂口健太郎さん(2022/10/16放送)

鎌倉殿の13人

日曜日 総合 午後8時/BSP BS4K 午後6時

詳しくはこちら


【放送】
2022/10/30 ラジオ深夜便 「もっと、鎌倉殿の13人」

放送を聴く
22/12/31まで

放送を聴く
22/12/31まで

この記事をシェアする