【もっと、光る君へ】藤原隆家役 竜星涼さん

24/12/31まで

もっと、光る君へ

放送日:2024/05/19

#大河ドラマ#映画・ドラマ

放送を聴く
24/12/31まで

放送を聴く
24/12/31まで

大河ドラマ『光る君へ』をもっと、楽しむためのコーナーが「ラジオ深夜便」で放送する「もっと、光る君へ」。キャストやスタッフが、ドラマの現場から制作チームのこだわりをお伝えします。案内役は、ドラマの芸能シーンに携わる、芸能考証・指導の友吉鶴心(ともよし・かくしん)さんです。

【出演者】
友吉:友吉鶴心さん(薩摩琵琶奏者・『光る君へ』芸能考証・指導)
竜星:竜星涼さん(藤原隆家役)

隆家は荒くれ者? それともヒーロー!?

友吉:
案内役の友吉鶴心です。
きょうは、藤原隆家(ふじわらのたかいえ)を演じる、竜星涼(りゅうせい・りょう)さんとご一緒にお送りします。隆家は道長の甥(おい)で伊周(これちか)と定子(さだこ)の弟。貴族の中においては「武闘派」でございます。

竜星:
武闘派(笑)、まあそうですよね。

友吉:
どんなふうに意識されて、演じてらっしゃいますか?

竜星:
みやびな世界の中では、ちょっと異質な“さがな者”“荒くれ者”っていう役だということを、自分でいろいろ調べる中で、皆さんと違う感じがして。彼をベースに、「武士」っていうものが、後々なっていくんじゃないかっていうような人物だなと思っていて。そこが、皆さんとの対比がきっとおもしろいことになるんじゃないかなとは、やりながら思っていました。

友吉:
聞きたかったんです、伊周のこと、どう思ってるのか(笑)。

竜星:
最初はきっと、自慢の兄貴だったりしているとは思うんですけれど、ちょっとね、ダメダメぶりというか、マザコンぶりというか…。いろんな部分が出始めてくる兄貴を見て、「弟って、こういう気持ちなんだ」って、すごい感じましたね。お母さんが、そういう兄貴でも、やっぱりべったりいくので。それを見ていて、「自分は、そういう道にはいかないようにしよう」って(笑)。

友吉:
実生活では、ご兄弟はいらっしゃるんですか?

竜星:
僕、一人っ子なんですよ。
なので、兄弟を持ってみたかったな、っていう気持ちがある反面、こうやって兄弟役で、初めて弟をやったんじゃないかな…で、役でですけれど、お母さんが長男にべったりいくと、弟ってこんなにも何とも言えない気持ちになるんだなと。別に愛情がないわけじゃないんですけれど、「どうせ、兄貴でしょ」っていう気持ちになるんだなと。ある意味、早い段階で自立心は芽生えるかもしれないですね。

友吉:
今回のドラマで、ご自身が挑戦していることってありますか?

竜星:
やっぱり、弓だったりとか馬だったりとか、僕、隆家が最初に出てくるシーンとかでもやったり、所作だったりとか、そういうものっていうのは、今回挑戦だなと。

竜星:
いろいろ皆さんに、どうやったら、ちょっと外れた自分らしい隆家にできるかっていうのを毎回聞きながら。「この家柄で、その行動はちょっとやりすぎです」とか、「このシーンだったら、キャラクター的に有りか。今までそういうようなことした人、いないしね」とか。現場で詰めながらやっていくっていうのは、楽しくもあり、また難しくもあり。「もっと暴れたいな」とか思いながらも、「ここはちゃんとしないとだめだもんな」とか(笑)。そこはやっぱり、時代背景に影響されながらやるっていうのが、それもお芝居の中ではいい武器になっているかなとは思っていますね。

僕は今回、初めての大河ドラマっていうこともありまして、それまでは、隣のセットとかで朝ドラとかを撮ったりもしていましたけれど。本当に廊下があって、すぐのところで大河の撮影をやっていて、向こうは現代劇で、こっちは平安の時代になっているわけじゃないですか(笑)。

友吉:
千年以上、前の時代(笑)。

竜星:
それがもう、個人的にはすごいおもしろくて。これしか変わらない場所なのに、ガラッと変わる。で、僕らも衣装を、その時代のものを着ていますけれど、やっぱり、セットの重みと言いますか、あれがあるだけで、そこに入っている気になるというか。

友吉:
空気感が?

竜星:
その時代に溶け込んだような、あれは結構、やっぱり僕は好きで。

友吉:
隆家さんから、今後の見どころを。個人的に、こんなところに注目してくださいっていうのがあれば。

竜星:
隆家は、この物語を大きく、いろいろここから変えていく人物になっていくと思いますので、ぜひとも隆家の変わらぬ信念だったり、そういう男気ある部分なんかも含めて、見てもらえたら。最後の最後まで見てもらえたら、「あ、あいつヒーローだったかな」みたいなことになるかもしれないですし、そういう部分を楽しんでもらえたらなと思います。

友吉:
きょうは、藤原隆家役の竜星涼さんと、ご一緒にお送りいたしました。


【もっと、光る君へ】チーフ演出 中島由貴ディレクター(2024/04/07放送)

【もっと、光る君へ】藤原行成役 渡辺大知さん(2024/04/21放送)

【もっと、光る君へ】一条天皇役 塩野瑛久さん(2024/05/05放送)

光る君へ

日曜日 [総合] 午後8時00分/[BS・BSP4K] 午後6時00分

詳しくはこちら


【放送】
2024/05/19 「ラジオ深夜便」

放送を聴く
24/12/31まで

放送を聴く
24/12/31まで

この記事をシェアする

※別ウィンドウで開きます