【もっと、鎌倉殿の13人】トキューサ? 北条時房役 瀬戸康史さん

22/12/31まで

ラジオ深夜便

放送日:2022/09/18

#大河ドラマ#映画・ドラマ

放送を聴く
22/12/31まで

放送を聴く
22/12/31まで

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』をもっと、楽しむためのコーナーが「ラジオ深夜便」で放送中の「もっと、鎌倉殿の13人」。キャストやスタッフがドラマの現場から制作チームのこだわりをお伝えします。案内役はドラマの芸能シーンに携わる、芸能指導の友吉鶴心さんです。

【出演者】
友吉:友吉鶴心さん(薩摩琵琶奏者・『鎌倉殿の13人』芸能指導)
瀬戸:瀬戸康史さん(北条時房 役)

時房にプラスのエネルギーをもらって

友吉: きょうは、トキューサこと、北条時房 役の瀬戸康史さんとご一緒にお送りいたします。
「トキューサ」…りくさん(宮沢りえさん)が、聞き間違えちゃった。
瀬戸: もう、視聴者の方も、そっちの方が呼びやすいみたいな感じで。
「時房」って言っている人の方が少ないんじゃないか(笑)。みんな「トキューサ」って言ってくれますね。こうやって、あだ名が付けられるって、大河でも珍しいじゃないですか。だから、すごいうれしいですね。
友吉: 北条時房は、義時の弟で、北条家の末っ子。ホッとするようなキャラクター、今のところは…。
瀬戸: まあでも、ずっとそうです。
友吉: よかったです!
瀬戸: ほんとに殺伐としているので、空気感が。でも、大河ドラマって、たぶん、そういうものだとは思うんですけど、その中でも、僕は箸休めといいますか(笑)。ちょっとホッとして、肩の荷が下りるような存在であればいいなと。
友吉: これからの『鎌倉殿の13人』には、そういう方がたくさん出てきてほしいなと思うぐらい…。
瀬戸: でも、最初は、そういう人が本当にいっぱいいましたよね、僕のお父さんを筆頭にね。

友吉: 時房の魅力は?
瀬戸: 本当に何か、演じている瀬戸康史が元気になるぐらい、時房って、プラスのエネルギーであふれているなって思うし。空気読めなかったりとかするんですけど、彼がいるだけで、ちょっと、場がモノクロからカラーになったような感じがするっていうか。そういった感じになればいいなと思って、演じているところです。
友吉: 時房は、蹴鞠(けまり)の達人。
瀬戸: そうですね、「蹴鞠(しゅうきく)」と言わせていただきますけど。
友吉: 蹴鞠のことを、「しゅうきく」っていうんですね。
瀬戸: 僕も、これで初めて知ったんですけど。蹴鞠をやるシーンは結構あったんで。
友吉: いわゆる、リフティング。すごくお上手というか、サッカーやってたんですか?
瀬戸: サッカーはやってたんですけど、頼家とかと一緒に練習したんですよね。リハーサル室で、みんなで。
だから、そのかいもあって、本番はなんとか。

友吉: サッカーって、何年ぐらいなさってたんですか?
瀬戸: 小3から高1までやってたので、わりと長くやってましたね。
友吉: 蹴鞠の球、触ると、フニャフニャじゃないですか?
瀬戸: めちゃくちゃフニャフニャで、空気の抜けたボールを想像していただくといいですよね。あの状態で蹴らなきゃいけないんです。ベコベコなんで、どこに行くかも分からないし、蹴るたびに、足を1回降ろさなきゃいけなくて。で、右足でしか蹴っちゃいけないんです。ルールは結構厳しくて、そこは難しかったですけど。
友吉: とっても現場が、アットホームな現場ですよね。
瀬戸: そうですね。
友吉: 物語は殺伐としていくという…。
瀬戸: 本当にね…もう、終わりに近づくにつれて、義時もガラッと、最初の義時とは比べ物にならないくらい、ダークにね。
友吉: 人が変わっちゃうぐらいですよね。
瀬戸: その、物語も殺伐としてくるんですけど…。
友吉: そこで、時房さんが思う、これからの見どころとか?
瀬戸: これからの見どころは…やっぱり、そんな義時の「ゆらぎ」みたいなところ。「心のゆらぎ」みたいなところと、それを見守る僕とか、お姉ちゃんの政子とか、実衣とかの思惑とか、考えとか。セリフが書かれてないところ、リアクションの部分とか、もしかしたら、そういった部分が重要になってくるんじゃないかなとは、思っていますね。
でも、今回の大河ドラマってわりと、ラフっていうか。話の口調もそうですけど、大河ドラマっぽくないじゃないですか。
友吉: いわゆる、時代劇っぽくないということですね。
瀬戸: 僕は、そこはすごくいいと思うんですよね。やっぱり「Z世代(1990年代半ば以降に生まれた世代)」とか、そういった若い人たちも見やすいように考えられているんでしょうし、男だからこうでなきゃいけない、女だからこうでなきゃいけないとか、何か、そういう縛りみたいなものを取っ払おう、みたいな気持ちもすごく伝わってきて。
大河ドラマだから、こうじゃなきゃいけない、みたいなのがない。フリーな感じがするんですよね。そこが、今のこの世の中、大切にされていることと、つながってくるような気がしますね。
友吉: きょうは、北条時房 役の瀬戸康史さんと、ご一緒にお届けさせていただきました。ありがとうございました。
瀬戸: ありがとうございました。

【もっと、鎌倉殿の13人】雨や風をつくりだす、視覚効果のこだわりとは(2022/08/07放送)

【もっと、鎌倉殿の13人】ドラマの演出という仕事とは(2022/08/21放送)

【もっと、鎌倉殿の13人】三代将軍 源実朝役 柿澤勇人さん(2022/09/04放送)

鎌倉殿の13人

日曜日 総合 午後8時/BSP BS4K 午後6時

詳しくはこちら


【放送】
2022/09/18 ラジオ深夜便 「もっと、鎌倉殿の13人」

放送を聴く
22/12/31まで

放送を聴く
22/12/31まで

この記事をシェアする