庄司智春パパ・大日向雅美先生と考える 「子どもたちと過ごすコロナ禍」③

21/06/22まで

ラジオ深夜便

放送日:2021/04/23

#子育て#家族#コミュニケーション#コロナウイルス

新型コロナウイルス感染症流行の影響で、妊娠・出産・育児のあらゆる面で以前とはまったく違う変化が現れました。中でも一番切実に感じられるのが「孤独」。悲痛な叫びを訴えるリスナーの投稿をもとに、子育ての現状を考えました。
(聞き手・村上里和アンカー)


【出演者】
庄司:庄司智春さん(お笑いコンビ「品川庄司」)
大日向:大日向雅美さん(恵泉女学園大学 学長)

コロナ禍で増えた子どもたちとの時間

――皆さんから来たツイートをいくつかご紹介します。

私はだっこで洗濯物を干しながら聞いています。

――真夜中の家事!

庄司: すごい。お疲れ様です。

――そのうえ、だっこで。お疲れ様です。聞いてくださってありがとうございます。また別の方は…

嫁ちゃんが「ママ☆深夜便」を聞きながら録音してる。

――と教えてくださいました。ありがとうございます。次の方は…

うちの子はいつもの公園で十分に楽しんでいると感じます。季節によって公園の様子も変わるし、年齢によっては興味やできることも変わるので、同じ公園でも1年前とは違う楽しさがあると思います。

――先ほど大日向さんが、「子どもは特別なことがなくても、いつものところでも楽しんでいる」とおっしゃっていましたが、それに応えてくださっているようですね。すてきですね。<同じ公園でも1年前とは違う楽しさがある>と。

大日向: 子どもにとって、公園はすごく大きい宇宙みたいに思えるのかもしれない。私たち大人と違う世界を見ているのかもしれませんね。
庄司: 遊具が使用禁止になったりもしたじゃないですか。そのときに子どもたちと公園へ行ったとき、知恵の見せどころというか、何もないところでの「ここでお父さんがどうするか」みたいなところで、オリジナルの遊びを考えて子どもたちと遊んだんですよ。

――それはドヤ顔できますね! 具体的にどんな遊びを?

庄司: 子どもたちって、ふちを平均台みたいにして歩くじゃないですか。

――公園の中の縁石というか、盛り上がったところ。

庄司: 縁石のちょっと上がったところで、「落ちちゃったら、ワニがいる」という遊びが基本的にあって、そこに僕が邪魔して入ったり。持っているシャツをグルグル回して、それをタイミングよくよけてクリアするとか…そういうオリジナルなゲーム感覚で遊んで。
結構子どもたちも喜んで、いまだに「それやって」って言ってくれる。何もないときにお互いアイデアを出し合って、それを楽しもうという時間が共有できたので、それはそれでよかったかな。

――大日向さん、庄司さんはすてきなパパですね。

大日向: すてきですね。
庄司: ありがとうございます。
大日向: ドヤ顔しても、大丈夫だと思います。
庄司: ありがとうございます(笑)。

相談できる相手がいない!

――この時間は、コロナ禍での妊娠・出産・育児で感じた孤独についてのおたよりをご紹介します。

東京都20代女性
去年4月に第1子となる男の子を出産しました。
夫の立ち会い出産を希望し、出産後は遠くに住んでいる実母が1か月ほど東京に来てくれる予定だったので、こちらでの出産を進めていましたが、緊急事態宣言が発出され、立ち会い出産も面会も禁止。実母も東京には来ることができず。
すでに臨月に入っていたので、里帰り出産を引き受けてくれる病院はありませんでした。
そんな中でしたが、すくすく育った息子。もうすぐ1歳になります。

庄司: おめでとうございます。
大日向: よかった。

育児休業も終わりが近づいてきましたが、出産前に思い描いていた過ごし方とはかけ離れたものであったと感じています。
イライラするのはほぼ毎日。うまくいかないことが多かった。誰かに相談することもできず、孤独感が日に日に大きくなってうつ症状が出ていたこともありました。
そんな中で救いとなったのは、SNSで同じ境遇のママのつぶやきを見ることです。
同じ不安を抱えているママがたくさんいることを知り、「私だけではなかった」と安心感を得ることができました。
人とつながることが難しい時代だからこそ、素性を明かさずに気軽に始められるSNSに救われました。

――ありがとうございます。
そして、もうひと方読みますね。

岩手県30代女性
コロナ禍で人とのつながりが減ってしまったことが子育てのストレスにつながっています。
制限がかかる前は、毎日のようにお弁当を持って、朝から子育て支援センターへ遊びに行っていました。遊びに来ているお母さんたちみんなでワイワイおしゃべりしながら食べるお昼の時間が楽しみで、日々のストレスが発散できていました。
今はそんな時間もなくなり、予約制で人数制限。
自分の子どもとだけ向き合う時間が長くなると、ささいなことで無駄に悩み、イライラしてしまうことが増えました。特に子どもはイヤイヤ期真っただ中。
こんなときこそ、ワイワイみんなでおしゃべりして息抜きする時間が大切なんですが。

――ありがとうございます。
お2人の気持ち、痛いほどよくわかりました。

話し合うことの意義

――庄司さんのところも昨年1月に女の子が誕生されていますが、このお2人のママの声をどう聞きましたか?

庄司: 繰り返しの話になりますけど、8月に僕はコロナ感染してしまったので、それで僕がいなくなって。
妻も、自分も陽性になる可能性があった不安の中、1人で3人の子どもを、しかもまだ半年ぐらいの子も見なきゃいけなかった…。本当に迷惑かけたなって、振り返って思いますね。

――どうやって乗り越えたんでしょうか?

庄司: (妻は)根性があるんですよね(笑)。
根性だけではやっていけないと思いますけど、感謝しかないですね。僕がいてどこまでサポートできているかわからないですけど、この不安の中で1人で。自分も外にも行けないですし。

――そんなミキティが弱音を吐いたりすることなかったんですか? 「もう私はだめだ」とか「つらい」とか。

庄司: まったくないんですよ。

――ないんですか!

庄司: そこが怖いです(笑)。反動で、ずっと我慢しているのを、あとあと言われるんじゃないかって思ったりもしますけど。でも、基本、体力もあってタフ女性なので。リスペクトですね。

――でも、何か秘密があると思うんですよね。藤本さんが頑張れる理由がきっとあります。庄司さんに何かあると思うんですよ。

庄司: そうなんですかね。

――話をとてもよく聞くとか、おしゃべりするとか。

庄司: 夫婦間ですごく細かく話します。
僕が子どもを叱ったりするときもあるんですけど、「こう思ったから、こう叱ったよ」というのを常に情報交換したり。いいことも悪いことも全部、細かく夫婦間で情報交換する時間があるので。

――2人で時間を作っているんですか。

庄司: 作っているというか、2人ともそういう話が好きだというのもあると思うんです。世間話ももちろんしますし。夫婦間の中で会話が多いというのは、もしかしたら(何事も)乗り越えられる要因なのかもしれないですね。

たまる一方の疲労感…“つぶやき”で発散して!

――こんなメールも来ています。

東京都30代女性
正直、今、心が折れそうです。
子どもたちのことを優先するのはもちろんのことなのですが、正直1年以上疲れがたまっている感じで、今まで以上に「もう限界!」という気持ちが強くて。
でも、コロナ前のように周りと話したり旅行してリフレッシュすることも難しくて、とても困っています。
子どもの前で余裕のある親として過ごすため、コロナ禍でできること、何かありませんでしょうか?

――このメールは先ほど届いたんです。大日向さん、どうでしょうか。

大日向: わかりますね。1年以上疲れが抜けないのよね。
「子どもの前で余裕のあるママになりたい」とおっしゃっていて立派だと思うんだけど、頑張らなくていいと思うんですよ。
さっき「SNSで同じ境遇のママたちのつぶやきを見ることで救われた」という方がいました。この方も「心が折れそう」とつぶやいてくださったわね。これがとても大事です。
それをSNSでつぶやいてごらんになると、「私も弱ってる」と、こだまみたいにいっぱい返ってくると思います。1人じゃないと思っていいんですよ。頑張らないでほしいな。

よく、こういうメールをくださいましたね。本当にありがとうございます。
「心が折れそうになった」と言ってくださっただけで、大丈夫。今これを聞いてくださっている方が「頑張って」「頑張らなくていいくらい(あなたは)頑張っているよ」とみんな言ってくれています。
コロナ禍で心が折れそうになっている人は、いっぱいいらっしゃると思います。同じ境遇の人たち同士でつぶやくだけで、心が少し軽くなることがありますね。

――本当にそうですね。「ママ☆深夜便」を聞いてくださってこうやってメールをくださったというのは、うれしいです。声だけかもしれないけれど、ラジオはつながれると思うんですよね。

大日向: ラジオはいいですね。

――ありがとうございます。あとはSNSでつぶやいたり。「こだまのように返ってくる」と大日向さんがおっしゃっていましたが、そのつながりでも助かったという声もありました。

大日向: つらい状況にいるときは、同じ状況の人と話すことですね。
私も――子育てのつらさは、とっくに過ぎちゃったけれど――、生きていて仕事していると、つらかったり悲しいことがある。そのときは、元気な人と話さないの。「心折れそう」「限界!」なんて言うと「そうなんだね」と返してくれる人と話していると、そのうち「また、あす朝を迎えられそうだ」って思うことがあるんですよ。
元気じゃないときは、元気じゃない人を見つけましょう。

――あまりキラキラ輝いて元気いっぱいの人より、自分の愚痴だったり心を聞いてくれる人が必ずそばにいると思うから、話してみてほしいですね。

大日向: だから、この<深夜便>はいいですよね。さっきからいろいろつぶやいてくださっていますもんね。

――皆さん、どんどんつぶやいてください。

文字にすれば、少し冷静になれる

――そして、こんなおたよりもいただいていました。

宮城県60代女性
私たち夫婦は4人の子どもたちに恵まれました。
三十数年フルタイムで働きながらの子育てを振り返ると、慌ただしい日々の生活をどうやって乗り切ってこられたのかと思います。
迷ったり悩んだりしたときに、打ち明ける人が身近にいてくれたことが助けとなりました。その役割を果たしてくれたのは、両親や友達でした。すぐに解決しなくても、十分に話を聞いてもらうだけでほっとしました。

大日向: そうですね。解決策なんてそんな簡単にないですもんね。

――確かに、この「ママ☆深夜便」も、正解を皆さんに伝えるのではなくて、皆さんの気持ちを共有しようというところから始めた番組なんです。「答え」って、ないですよね。

大日向: 答えられないですよ。
さっきの庄司さんのご夫婦のお話もすてきだなと思いました。ご夫婦でよく話していらっしゃるっておっしゃってましたよね。ミキティさん、決してそんなにたくましくないかもしれませんよ。でも、庄司さんがいつも話してくれたり、コロナになったときは「ミキティさんやお子さんたちへ祈っていた」とおっしゃった。祈りというものは相手に必ず通じますもんね。
聞いてくれるだけでいい。いつも自分たちのことを思ってくれている。そう思えたとき、解決策はたぶん、結局自分で見つけられるようになっていくんですね。
庄司: こういうお仕事をさせてもらっていて、嫌になったときは瞬間的につぶやいて発散しようかと思うんですけど、冷静につぶやかなきゃいけない立場だったりもするんで、僕はあまりむやみにつぶやいたりはしないんです。
でも、携帯のメモのアプリとかでブワーッと自分が思っていることを――不満だったり、ストレスだったりを――書くことで、少し冷静になれたり、自分の中の整理がつく。
何日後かに自分で書いたメモ書きを見ると、「なんでこんなことで悩んでいたんだろう?」と、またさらに冷静に見ることができる。
思い悩んでいるものを、お友達に話したり、自分だけでメモに書いてみたりすることで、少し安心できたりはするのかなって思います。
大日向: 賢いわね。メモに書く。人に見せないんですよね? ご自分で見るだけ。
庄司: はい。どうしても伝えたいものは、そこから抜粋する。冷静になれるので。思い悩んでいるときって、自分を見失っているので、冷静になってない部分もあるから。
熱量は半端ないんですけど、そこもメモに書いていれば、少し時間がたったりすると――食事をとったり睡眠をとったりすることで冷静になれるものなんです。僕はそうやって自分で平常心を保ったりするときがあります。

――庄司さんって、とても知的な方なんですね。すてきだなと思いました。

庄司: いやあ…(笑)。
大日向: 本当に「理性的」な方ですね。
庄司: このご時世、思い立ってつぶやいたらとんでもないことが起きている人、いっぱいいますからね。一般の方は大丈夫だと思いますけど。
どこか自分の気持ちをぶつける場所を持っていたほうが楽になるかなと思います。

真夜中の子育て応援団
ママ☆深夜便

毎月第4木曜日
[R1] 午後11時05分~翌午前5時00分
[FM] 午前1時05分~午前5時

詳しくはこちら


【放送】
2021/04/23 ママ☆深夜便「子育てリアルトーク ~コロナ禍での子育て」


<庄司智春パパ・大日向雅美先生と考える 「子どもたちと過ごすコロナ禍」②>へ

<庄司智春パパ・大日向雅美先生と考える 「子どもたちと過ごすコロナ禍」④>へ

この記事をシェアする