大竹しのぶの【行った気になるMoSo(妄想)トラベル】北海道

23/07/26まで

大竹しのぶの“スピーカーズコーナー”

放送日:2023/07/19

#トラベル#ローカル#北海道

放送を聴く
23/07/26まで

放送を聴く
23/07/26まで

全国47都道府県のNHKのアナウンサーやキャスターとつないで、最近の地元の話題、この時期おすすめの観光スポットやグルメを紹介してもらって、番組をお聴きのあなたに妄想で旅気分を味わってもらおう、ふるさとを思い出してもらおう、という「行った気になる! MoSo(妄想)トラベル」、今回は北海道です。


大竹しのぶの“スピーカーズコーナー”
毎週水曜日 R1・ラジオ第1 午後9時05分~9時55分

詳しくはこちら

私、もしかしたら女優辞めてプロスキーヤーになれる?

♪「北の国から-遥かなる大地より」/さだまさし

大竹:
♫あ~あ~ あああああ~あ~(と気持ちよく歌うしのぶさん)……ねえ、これ、ほんとにすごいよね、さださんってね。「あー」と「うー」とか、「んー」とかだけだよねえ。歌詞ないんだよね。それでこんな何年も何年も。♫あ~……歌いたくなるもんねえ。……そんなことやってる場合じゃないんですよ。

北海道といえばですね、今流れてる“北の国から”がテーマ曲の、テレビドラマ『北の国から』で富良野に何日か行きましたし、『優しい時間』というドラマで行きましたし、あと若いときにはですね、スキーをしに北海道によく行きました。

雪が違うので、もう、あれ、私プロになれるんじゃない? みたいな。パウダースノーなので、キュッキュッキュッキュッって滑れるんですよ。だから、私もしかしたら女優辞めてプロスキーヤーになれるかもしれないぐらいうまく滑れて、もう景色が本当にすばらしい……あー行きたいなあ、北海道。

北海道って広くて、いろんな顔を持ってるような気がしますね。まだまだ行ってない所がいっぱいあるので、北海道1周の旅をいつかしたいなと思っております。

高市佳明アナ「しのぶさんと同じく、ロック大好きです!」

高市佳明アナウンサー

大竹:
そんな北海道の見どころやおいしいものを、この方に教えていただきたいと思います。つながっているのは、NHK札幌放送局の高市佳明(たかいち・よしあき)アナウンサーです。
こんばんは~。高市さん、よろしくお願いします~。

高市:
こんばんは~。よろしくお願いします。

大竹:
このラジオのこととかご存じでした?

高市:
もちろんです! 私もしのぶさんと同じく、ロックとかパンクロックとか大好きなので。

大竹:
え、本当!?

高市:
ええ。しのぶさんの番組の中でかかる音楽……オープニングタイトルから“セックス・ピストルズ”ですし。

大竹:
そうそうそうそう。

高市:
あと、時々、忌野清志郎さんとのエピソードをお話になるじゃないですか。そういうのを大変楽しく拝聴してます!

大竹:
清志郎さんのことが好きなんですか?

高市:
もちろんです!

大竹:
オー! イエーイエーイエー!

高市:
はい!

大竹:
えっと高市さんは、北海道で暮らしてる方の、特に一次産業の方の思いに触れているということで、今どんな番組を担当していらっしゃるんですか?

高市:
朝のニュース番組を担当しております。「おはよう北海道」というニュース番組です。

大竹:
ああ、そうなんですね。じゃあ、朝早くから。すいませんね、きょうはこんな遅い時間で(笑)。

高市:
いえ、とんでもないです。さまざまな場所で出会った方の顔を思い浮かべながらニュースをお伝えする、ということを心がけているつもりです。

NHKニュース おはよう北海道

総合 月曜日~金曜日 午前7:45~8:00
土曜日 午前7:30~8:00(最終土曜のみ ~7:55)(北海道域)

詳しくはこちら

ビアガーデンで飲んで食べて、シメパフェへ

大竹:
この時期の気候っていうのはまだ涼しいんですか? 東京は暑いんです。

高市:
暑さが全国ニュースになってますけれども、北海道もことしは暑いです。

大竹:
あ、そうなんですね。

高市:
札幌も30度を超える日が結構続きましたし、7月9日、北見市で35度の猛暑日を観測するなど、ことしの夏はいつもにも増して暑い夏だと、道民の皆さんおっしゃってますねえ。

大竹:
えー、北海道でもそうなんですね。

高市:
ただ、やはり湿度が本州に比べますと低めですので、夕方近くなりますと風が涼しくなって少し過ごしやすくなります。

大竹:
どうですか? 観光客の人出とか。

高市:
街を歩きますと、四方八方から外国語が聞こえてきまして、観光客の方が増えたなという実感、肌感はありますね。

大竹:
そんな北海道の最近の話題というのは。

高市:
この夏のうれしいニュースの1つだと思うんですけれども、札幌の夏の風物詩「福祉協賛さっぽろ大通ビアガーデン」が、コロナ前とほぼ同じ規模、制限なしで開催されています。

大竹:
ああ、すごいですね。今ここにちょっと写真があるんですけども、すごい大きなテントの中でみんなが楽しそうにビールを飲んでるんですけど、いろんなビール会社のテントがあるんですか?

高市:
そうなんです。札幌市中心部に「大通公園」という有名な公園があります。東京タワーとそっくりのテレビ塔が建っていることでおなじみで、長さがおよそ1.5㎞ある緑の多い公園なんですけれども、その中のおよそ1㎞にわたって、国内各ビールメーカーがビアガーデンを出していて。

大竹:
すごーい! 楽しそう!

高市:
そうなんです。およそ1㎞にわたって座席数が約1万3,000。

大竹:
えええ!? すごーい! もう桁が違う。

高市:
それがもうほぼ満席になるほどのにぎわいで、皆さんビアガーデンを楽しんでいらっしゃるという、これが夏の風物詩、だったわけなんですが、ご存じのようにコロナ禍でさまざまな制限がある中、おととしまでそれが中止になっていてですね。で、去年は座席数を半数以下にしたり、時間制限を設けたりして、規模縮小のビアガーデンということで行われていたんです。それが、ことしはようやくそういった制限が撤廃されまして、例年どおりの開催となって。

大竹:
へえー、じゃあみんな楽しいですね。ジンギスカンとかを食べるんですか? そこで。

高市:
ええ、ジンギスカンもありますし、ほかにも北海道のおいしいお肉やお野菜、各ブースで趣向を凝らしたお料理がありますので。

大竹:
えっ、で、何かがはやってるっていうのを聞いたんですけど。

高市:
あ、札幌ではですね、飲み会のあと、“締め”にあるものを食べるという、ちょっとした文化がありまして。しのぶさんだったら何で締めたいですか?

大竹:
えーっ……イクラ。あはははは(笑)。

高市:
あはははは(笑)。おすしのね。最後に食べたいですよね。

大竹:
何だろう。えっ、メロン。

高市:
あっ、甘いという点では近いです。スイーツです。

大竹:
アイスクリーム?

高市:
あっ、ほぼ正解です。答えは「シメパフェ」です。

大竹:
シメパフェ? えー?

高市:
シメパフェのお店が札幌市中心街などに点在していまして、そこがほぼ毎晩大行列なんですね。

大竹:
えーっ、すごーい!

高市:
観光客の方がシメパフェの文化を楽しもうということで並んでるようです。

大竹:
まあ、果物もおいしいし牛乳もおいしいから、パフェもおいしいんでしょうね。

高市:
ええ、そうなんですよ。いろんな種類のパフェがあって、締めに皆さん召し上がっていると。

大竹:
すごいなぁ(笑)。まさかのシメパフェでした。

高市:
ここ数年のはやりなんですけれども、すっかり定着していますね。

大竹:
そうなんですね、おもしろいですねえ。

高市:
皆さんぜひ、北海道にお越しの際はシメパフェ、お試しください。

ラベンダーはもう、シーズンの終わりかけ

大竹:
これから本格的な夏なんですけれども、北海道の見どころとしては。

高市:
有名なのは先ほどね、しのぶさんも富良野の話されていましたけれども、「ラベンダー」。

大竹:
あー、行きたい。一度は見たいです、ラベンダー畑。

高市:
あっ、ご覧になったことないですか?

大竹:
その時期は6月ぐらいですもんね。

高市:
そうですね、6月からスタートして、今ちょうどシーズンの終わりかけ。7月の下旬、もしくは8月の第1週には刈り取りが終わってしまうので。

大竹:
あー、じゃあ、今もう急いで行かないと見られないって感じですか。

高市:
そうなんです。ラベンダーは特有のいい香りがしますけれども、香りをまとったオイルをとるために刈り取りは行われるんですね。

大竹:
ああ、ラベンダーオイル。そうかあ、なるほど。いい香りですよねえ。癒やされますよね。

高市:
特に気温が高くなると香りがより一層強く感じられるので、夏の暑さが厳しい富良野市は30度超えますから、その中でラベンダー畑に行きますとほんとに、香りのかたまりに包まれるような。

大竹:
うわーっ、すごーい。

高市:
そんな体験ができるかと思います。

大竹:
でも、美しい景色ももういろんなところ見てらっしゃるでしょ? 忘れられない景色とかあります?

高市:
あっ、忘れられない景色……う~ん、今思い出しますね。

大竹:
「網走」とか「函館」もきれいだし。

高市:
そうですね、「函館の夜景」も有名です。

大竹:
私、「室蘭」にドラマで行ってたな(『銀河テレビ小説 ある日鳥のように』)。「オホーツク海」とかも見てみたいし。

高市:
「流氷観光」もね、おもしろいですよね。

大竹:
もういろいろな所がありますね。

高市:
そうなんです、北海道は。地図でいうと右上には「知床半島」。世界自然遺産にも登録されていて、そこには野生の手付かずの自然、野生動物もたくさん生息していますので、船に乗ってクルーズしますと、船の周りをシャチの群れが取り囲むといったことも経験できます。

大竹:
行きたい、もう……行きます! あっははは(笑)。

高市:
ぜひ! お越しください。

北海道民は毎日カニやウニを食べているわけではないんですよ

大竹:
この時期、おいしい食べ物は。

高市:
今の時期ですと特に、札幌から車で1時間から1時間半ほどの所に積丹町(しゃこたんちょう)、余市町(よいちちょう)という町があるんですが、その界わいで取れる「ウニ」!

大竹:
ああ、おいしそう。絶対おいしいよ~。

高市:
この時期、皆さんドライブに出かけて、「ウニ丼」を食べて帰ってくるということをしていらっしゃいますね。

大竹:
ウニ丼? おいしそう~! 取れたて?

高市:
もちろんそう、朝取れでございます。

大竹:
あっ、う~あ~っ! イクラを初めて食べたときに、北海道で、東京のイクラと全然違って感動しました。ウニもイクラも。

高市:
北海道には大きく分けて2種類のウニがありまして、「ムラサキウニ」、もう1つが「エゾバフンウニ」。エゾバフンウニのほうが味が濃厚でおいしいとされていて、ウニ丼もその種類によってちょっとお値段が変わってきます。

大竹:
じゃあ、エゾバフンウニを今度いただきます。えへへ(笑)。

高市:
大抵のお店では数量限定ですので、開店前から並んで召し上がる方が多いですね。

大竹:
そうかあ。みんな、そうなんですねえ……。

高市:
欲張りな方は、両方使った“食べ比べ丼”というのを試したりされますね。

大竹:
カニもおいしいですよねえ。

高市:
夏の「毛ガニ」漁と「花咲ガニ」漁が7月に入ってスタートしております。

大竹:
じゃ、毎日おいしいもの食べてらっしゃるんですか? 高市さんは。

高市:
えへへ(笑)。残念ながら私含め、北海道民が毎日カニやウニを食べているわけではもちろんないので、ま、特別なときにですね。家族のお祝い事とか、ちょっと奮発しようかってときは食べに行くこともございます。

なんもなんも。したっけね。

大竹:
北海道って、雪の美しさも、冬景色の美しさもありますよね。

高市:
そうですね。観光でいらっしゃった方が、「雪の結晶ってこんなにはっきり見えるんだ。初めて知った」っておっしゃったことがあります。

大竹:
目で見えるんですもんね。

高市:
はい。いろんな形の結晶が肉眼ではっきり見えるのが北海道の雪の降り方ですので、さらっさらの雪なので、さっきおっしゃってたスキーも上手に、実力以上に発揮できる。

大竹:
実力以上に、はい。実力……。

高市:
パウダースノーですので。

大竹:
ドライブをしても楽しいですしね。

高市:
本当にそうですね。

大竹:
もう行きたくなりました、ほんとに。

高市:
ご案内いたしますので。

大竹:
はい、よろしくお願いしますね。で、旅に来たと実感させてくれるのはお国ことばなんですけど、あの、北海道弁っていうのは。

高市:
ありますよ!

大竹:
ありますよね。私も、何とかっしょ、って言ってました。

高市:
そうですね、語尾に何々「っしょ」っていうのが北海道の言葉で、皆さんご存じかと思います。私が好きな北海道の言葉の1つに「なんも」っていうのがあるんですよね。

大竹:
なんも。

高市:
なんもなんも、なんもだ、って。

大竹:
え~、かわいらしい。

高市:
ありがとうね、って言ってくれた人に対して、なんもだ、なんもなんも、って返す方が多いんですよ。「なんてことないよ」って意味なんですけど。

大竹:
はあー、いいですね。

高市:
相手に気を遣わせない、北海道民の優しさが表れてる言葉かなと私は感じています。

大竹:
ぜひ皆さん北海道に旅行に行って、その、なんもなんも、っていうのを聞いてみてください。

高市:
そうですね。いろんな所をご案内してお礼言われたら、なんもだ、って言いたいですね。私も。

大竹:
最後に、お別れの方言というのはありますか?

高市:
道民が、特に若い方が使う言葉で、「したっけね」。

大竹:
ええっ、かわいい(笑)。

高市:
「それじゃあね」って意味なんですけど、「さよなら」の意味で使います。したっけ~、したっけね~、したっけバイバーイ。

大竹:
本当にきょうはすてきなお話をたくさん、ありがとうございました。楽しかったです。したっけね~。

高市:
したっけバーイ。

大竹しのぶの“スピーカーズコーナー”

毎週水曜日 R1・ラジオ第1
午後9時05分~9時55分

詳しくはこちら


【放送】
2023/07/19 大竹しのぶの“スピーカーズコーナー”

放送を聴く
23/07/26まで

放送を聴く
23/07/26まで

この記事をシェアする

※別ウィンドウで開きます