身内までも討つ 鎌倉幕府初代将軍・源頼朝

21/12/20まで

ペリー式歴史さんぽ

放送日:2021/11/20

#歴史#映画・ドラマ#大河ドラマ

放送を聴く
21/12/20まで

放送を聴く
21/12/20まで

コラムニスト・時代劇研究家のペリー荻野さんが、時代劇的視点で歴史上の人物とその人物を楽しむための“おさんぽ”プランをご案内。今回は鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(みなもとのよりとも)です。

【出演者】
ペリー荻野さん(コラムニスト・時代劇研究家)

頼朝の行動で身内が不幸に

――きょうの主人公は源頼朝です。源頼朝は来年の大河ドラマ<鎌倉殿の13人>に登場する鎌倉幕府初代将軍です。ペリーさん、気になる史実から今回もお願いします。

ペリー: 頼朝といえば、源平合戦の勝利に貢献してくれた弟の義経を討っちゃったのが有名な話ですよね。「どこか人を信じられない孤独な性格だったのでは?」と、すごく気になる所ですよね。

愛娘の大姫ちゃんというかわいい娘がいるんですけど、お婿さんになる木曽義仲の嫡男である木曽義高という、いつもドラマではイケメンが演じているんですけど、その義高も討っちゃったんですよね。だからそのため大姫が重い病になっちゃったと言われていて、そのシーンも名場面としてよくドラマで描かれています。
大河ドラマの<草燃える>の中では、大姫を斉藤こず恵さんという、往年の名子役と言われたかわいらしい方が演じていて、自分の愛する人を殺したということで父の頼朝を「鬼!悪魔!」と、ののしります。それだけで済むのかと思ったら、お母さんであり頼朝の奥さんである北条政子が大姫の肩を持って、義高を討った武将をさらし首にしちゃったという説もあるということで、なんだか情念メラメラで……。頼朝がやったことで身内もちょっと不幸になったのかなという辺りが史実として気になりますね。

――因縁・確執盛りだくさんということですよね。

ペリー: 本当にこわいなという感じもします。

美しい女性好き?!な石坂浩二・重厚な菅原文太・知的で冷静な中井貴一

――これまで時代劇にはどんな源頼朝が登場したでしょうか。ペリーさん思い出の頼朝をお三方お願いします。

ペリー: 今回オールNHKドラマでいきましょう。まずは1979年、先ほど申し上げました<草燃える>石坂浩二さん。堅物っぽく見えるけど、意外と美しい女性が好きで。政子を岩下志麻さんがやっていましたが、にらまれたり締め上げられたりして……おもしろかったですね(笑)。

2番目に1986年に大型時代劇として放送された、<武蔵坊弁慶>。このときの頼朝が菅原文太さんなんですよ。義経をやっていたのが川野太郎さんでイケメンで、主人公の弁慶を中村吉右衛門さんがやってました。強烈な義経と弁慶をはねつける……菅原文太さんの渋い声でひと言ひと言が重いんですよ。重厚な頼朝でした。

2005年の大河ドラマ<義経>では中井貴一さんがやっていました。知的で冷静で……。純粋な義経を滝沢秀明さんがやっていまして、一生懸命やるんだけど、ちょっと兄上とは性格が合わなかったということで。兄弟が対照的に描かれる所も頼朝のおもしろいとこかなと思います。

――中井貴一さんのダークな役は本当にいいですよね。

ペリー: 「待ってました」みたいな所でひどいことを言うんですよね(笑)。

――でも、何をやっても品がありますよね。

ペリー: そうなんですよ。頼朝はどこか品がないと成立できないというか、そこがやっぱりおもしろい役でもあり俳優さんが演じる見どころにもなりますね。

今後、源頼朝をオファーするなら……?

――では今後の源頼朝です。……自分で笑ってしまっていますが、ペリーさん誰に依頼しましょうか。

ペリー: 本当ですよ! 「今後の頼朝」って、コラコラですよ!(笑)。 来年の大河ドラマ<鎌倉殿の13人>では大泉洋さんが演じるということで、前評判もすごいですからね!
でもあえて考えるのなら、堺雅人さんにもやってほしいなと。源氏を引っ張り、あるときは冷徹になり、武士時代の幕開けを率いるということで、冷静な判断ができそうじゃないですか?

――冷徹さがさまになりそうです。

ペリー: 平家にも何返しするのか分からないじゃないですか! なんかすごいもの返しそうじゃん!(笑)。そのあたりを観てみたい気もしますね。

――最後に頼朝スポットのご紹介です。源頼朝を感じるにはどこを“さんぽ”すればいいでしょうか。

ペリー: 静岡県伊豆の国市にある蛭ヶ小島(ひるがこじま)。ここは頼朝のお父さんの義朝が平清盛に敗れて流罪になり、(頼朝が)蛭ヶ小島辺りに流されたと言われていて、14歳ぐらいから34歳で挙兵するまでの約20年間、この辺りで過ごしたのではと言われています。
今、蛭ケ島公園として整備されています。頼朝と政子もこの辺で結ばれたんじゃないかと言われていて、2人の像が建っています。

――最強の夫婦とも言われることもありますから、いい夫婦の日を前にぴったりだと思います。

ペリー: そうですね。本当にいい所なのでおすすめです。

【放送】
2021/11/20 「ペリー式歴史さんぽ」 ペリー荻野さん(コラムニスト・時代劇研究家)

放送を聴く
21/12/20まで

放送を聴く
21/12/20まで

この記事をシェアする