後世に創作され愛されてきた僧侶・弁慶

22/01/24まで

ペリー式歴史さんぽ

放送日:2021/12/25

#歴史#映画・ドラマ#大河ドラマ

放送を聴く
22/01/24まで

放送を聴く
22/01/24まで

コラムニスト・時代劇研究家のペリー荻野さんが、時代劇的視点で歴史上の人物とその人物を楽しむための“おさんぽ”プランをご案内。今回は源義経に仕えた、とされる僧侶、弁慶(べんけい)です。

【出演者】
ペリー荻野さん(コラムニスト・時代劇研究家)

スーパーヒーロー弁慶

――きょうの主人公は弁慶です。

ペリー: クリスマスにふさわしい!……よく分からないけど(笑)。

――弁慶は源義経に仕えた、とされる僧侶です。ペリーさんの気になる史実からお願いします。

ペリー: 歴史を記した資料からは、ほとんどキャラクターというのが記されていないんです。でも「怪力」「豪傑(ごうけつ)」「義経の忠臣」というイメージは後世に創作されて、それが歴史に名前を残すことになったのが気になる史実かなと思いますね。

京都の五条大橋で出会って、ひらりひらりと舞う義経と戦ったり、そこからは義経の家来になって、最後、平泉でものすごい数の矢をその身に受けながらも最後まで義経を守った「立往生」などの逸話は皆さんご存じだと思うんですけど、ほとんど実際にあった出来事のように思えるほど知られているのがすごいなと思います。

――元祖ヒーローかもしれませんね。

ペリー: スーパーヒーローですよね。ガタイがいい大型ヒーローだと思います。それを何百年も愛してきたわけですよね。

人間味たっぷりな中村吉右衛門、まるで保護者の里見浩太朗&松平健

――これまで時代劇にはどんな弁慶が登場したでしょうか? ペリーさん思い出の弁慶を3人教えてください。

ペリー: 何と言っても1986年に、NHKの大型時代劇<武蔵坊弁慶>で弁慶を演じた、中村吉右衛門さんですね。歌舞伎の様式美も取り入れつつも豪快で、人間味たっぷりなのがこの弁慶のすばらしいところで、中でも大きな特長は幼なじみの女性の玉虫さん、これを荻野目慶子さんが演じていたんですけど、幼なじみの女性と恋に落ち、娘に小玉虫ちゃんという子が生まれるんですよ。つぶらな瞳の小玉虫ちゃんを演じたのは当時名子役と言われた、高橋かおりさん。弁慶は最後、死を覚悟しながら、玉虫さんと小玉虫ちゃんに宛てて「もしも自分を追って北国のほうへ来るなら霜焼けの薬を忘れずに」なんて手紙を残す場面があって泣けるんですよ。

このドラマは放送当時、来日したイギリスのチャールズ皇太子とダイアナ妃のご夫妻がNHKの撮影現場を見学したということでも話題になったんですよ。吉右衛門さんは日本を代表する俳優として、弁慶の格好のままチャールズ皇太子と握手をしました。こういうすばらしい俳優さんが亡くなられたのは、本当に残念ですが、いい弁慶を残してくださいました。

――吉右衛門さんはどんな方でいらっしゃったんですか?

ペリー: すごく謙虚な方でいらっしゃいましたね。やわらかな語り口調で、とても明るくてすてきな方でしたね。

――ゆっくりお休みになっていることを願います。

ペリー: そうですね。
ほかにもたくさんの方が弁慶を演じていまして、例えば1991年民放の年末時代劇<源義経>という作品では、弁慶を里見浩太朗さんが演じています。あと、2005年の大河ドラマ<義経>のときは松平健さん。時代劇の大御所お2人で、どちらも暴れん坊というよりは、義経の保護者みたいなイメージで、とても強い感じがしましたね。

<鎌倉殿の13人>弁慶役の予想!

――すばらしいお3方の名前をあげていただきましたが、間もなく年明けには大河ドラマ<鎌倉殿の13人>が始まります。ペリーさんはどんな弁慶を予想していますか?

ペリー: そうなんですよね! まだ弁慶は未発表ですけど、ラグビーのワールドカップで活躍して「笑わない男」として注目された稲垣啓太選手はどうですか? タックルされても立ち続けるということで。セリフを言わなくていいじゃん! ドンッと立っていれば(笑)。存在感がある弁慶を演じられるイメージがありますね。

鎌倉殿の13人

2022年1月9日(日)放送開始予定!
日曜日 総合 午後8時/BSP BS4K 午後6時

詳しくはこちら

――最後に弁慶スポットご紹介です。弁慶を感じるにはどこを“おさんぽ”いたしましょうか?

ペリー: 弁慶の出自、どこで生まれたのかさまざま説があるんですけど、一説には「紀伊国に生まれた」と言われることがあります。和歌山県田辺市では生誕の地ということで、毎年10月に「弁慶まつり」を開催しております。いろいろ盛り上がっているようですが、残念ながらコロナの影響で、去年とことしは中止だったみたいなんです。来年はぜひ出かけてみたい。「私が玉虫です」と名乗ってみたい!

――では、私は小玉虫です(笑)。一緒に出かけたいという来年の目標が1つできました。

ペリー: 小玉虫なの(笑)。名乗られても困るという(笑)。

――ペリーさん、ことしも真剣におふざけしてきましたけど、楽しかったです。

ペリー: 歴史が分かったような、分からなかったような……(笑)。

――十分、分かりましたよ! 来年もよろしくお願いいたします。

ペリー: お願いします!

【放送】
2021/12/25 「ペリー式歴史さんぽ」 ペリー荻野さん(コラムニスト・時代劇研究家)

放送を聴く
22/01/24まで

放送を聴く
22/01/24まで

この記事をシェアする