「知っておきたい 甲状腺の病気」⑤ ~見逃さないで 甲状腺腫瘍~

24/06/04まで

健康ライフ

放送日:2024/05/03

#医療・健康#カラダのハナシ

放送を聴く
24/06/04まで

放送を聴く
24/06/04まで

【出演者】
荒田:荒田尚子(あらた・なおこ)さん(国立成育医療研究センター 診療部長)
聞き手:福島祐理 キャスター

甲状腺の腫瘍とは

――日本甲状腺学会 監事で、国立成育医療研究センターの荒田尚子さんに伺います。
甲状腺は首の前側、のどぼとけの下にある臓器で、体を元気にするために不可欠な甲状腺ホルモンを作っています。
今回は「甲状腺腫瘍」についてです。荒田さん、甲状腺腫瘍とはどういうものなんでしょうか?

荒田:
甲状腺の一部が塊やこぶのように大きくなるのが甲状腺腫瘍です。自分でのどぼとけの下に手をあてて、唾をゴクっと飲み込んでみて、何か“しこり”を感じるようなら、甲状腺の腫瘍の可能性があります。
甲状腺の腫瘍には2つあります。「良性のもの」、そして「悪性のもの」これは甲状腺がんと言っています。
甲状腺腫瘍のおよそ9割は良性のものといわれていて、ほとんどが経過観察ですむものです。
悪性腫瘍・甲状腺がんのほとんどは進行の遅いおとなしいがんで、適切な治療をすれば命に関わることは少ないです。年間1万8,000人以上の人が甲状腺がんと診断されています。

――良性と悪性の見極め方はあるんでしょうか?

荒田:
まず、医者が手で患者の首元を触って確かめていきます。一般的にゴツゴツして硬いものが悪性で、柔らかいものは良性といわれています。ただ、さわっただけで診断をつけるのは不可能なので超音波検査を行います。
超音波で小さな腫瘍も見つけることが可能です。超音波で悪性が疑われる場合には細胞をとって顕微鏡で見て、良性か悪性か予測することができます。

甲状腺に腫瘍がみつかったら

――まず良性腫瘍について伺います。どんな症状があらわれるんでしょうか?

荒田:
基本的にはあまり症状がありません。腫瘍が大きくなると首に「しこり」や「違和感」があったり、「太く」なったように感じる人もいます。

――検査で良性だとわかったら、まずは経過観察になるんでしょうか?

荒田:
はい。基本的に治療は行わず、半年~1年に1回の経過観察を続け、悪性と疑われるような変化がないか見極めていくことが大切です。腫瘍が急速に大きくなるような場合は、悪性を疑い検査を行っていきます。ただ良性でも、のどの奥の部分、すなわち胸の中に入り込むような大きな腫瘍がある場合は、呼吸困難になることもあるので手術で腫瘍を取り除きます。

――手術以外の治療法はどういうものがあるんでしょうか?

荒田:
良性腫瘍の中でも甲状腺内に液体が入った袋ができている場合は、この液体を注射で吸い出して腫瘍を小さくする方法があります。さらに、抜いてもまたすぐにたまってくる場合には、液体がたまっているところに薬を注射して、液体がたまりにくくします。

――続いて悪性腫瘍・甲状腺がんについてうかがいます。どんな症状があらわれるんですか?

荒田:
悪性腫瘍・甲状腺がんの初期は、ほとんどは症状がありません。検診やほかの病気で診察を受けた際に偶然発見されます。進行すると「首の腫れやしこりがある」「物を飲み込むときに違和感がある」「声がかすれる」などの症状があります。首に違和感がある場合は医療機関で検査をしてみましょう。

――甲状腺がんを予防することはできるんでしょうか?

荒田:
これをしたら甲状腺の病気にならない、何かを我慢したから甲状腺の病気にならないということはありません。大事なことは甲状腺のしこりに気づいたら、超音波検査と血液検査をうけることです。心配な場合は、全国にいる甲状腺の専門家に相談してみてください。

――甲状腺がんの治療はどのように行っていくんですか?

荒田:
がんにはいくつかタイプがあり、タイプや進行度により対応が異なってきます。
全体の90%を占めるのが「乳頭がん」で、そのほとんどは進行が遅くおとなしいため、急に命に関わる状況になることはまれです。特に直径が1cm以下のものは一生を通して大きくならないばかりか、小さくなって消失してしまうこともあるといわれています。あえて手術をせず、経過を見ることが多くなっています。
ただしその乳頭がんも、高齢になるにつれて周囲へひろがったり、甲状腺から離れた場所に転移をしたり、悪性度の高いがんへ姿を変えたりする率が高くなるとされています。変化があるようなら手術でがんを取り除いていきます。
ほとんどの人は手術で治療を終えますが、がんが残ってしまった場合や、リンパ節や肺などほかの臓器に転移をしている場合、放射性ヨウ素の入ったカプセルをのむアイソトープ治療で残ったがんを治療していきます。
それでも効果がない場合は、分子標的薬を使う最近の治療を行うこともあります。

――最後に今日のポイントをお願いします。

荒田:
首に違和感がある場合は、医療機関で検査を受けましょう。


【放送】
2024/05/03 「マイあさ!」

放送を聴く
24/06/04まで

放送を聴く
24/06/04まで

この記事をシェアする

※別ウィンドウで開きます