「頻尿・尿漏れ 尿のトラブル」③ ~女性に多い 腹圧性尿失禁~

24/07/03まで

健康ライフ

放送日:2024/03/13

#医療・健康#カラダのハナシ

放送を聴く
24/07/03まで

放送を聴く
24/07/03まで

【出演者】
巴:巴(ともえ)ひかるさん(東京女子医科大学附属足立医療センター 教授)
聞き手:星川幸 キャスター

女性に尿漏れが多いのはなぜ

――東京女子医科大学附属足立医療センター教授で、泌尿器科が専門の巴ひかるさんに伺います。
今回は「女性に多い 腹圧性尿失禁」です。せきやくしゃみをしたとき、重い荷物を持ち上げたとき、走ったりジャンプをしたときなど、おなかに力が入ったときに尿が漏れてしまう、ということでしたね。

巴:
はい。40代以上の女性の3人に1人は、トイレ以外の場所で意思に反して尿が出てしまう「尿失禁」を経験している、といいます。また、出産後に尿失禁に悩む人もたくさんいます。こうした尿失禁が大きな問題になるのは、精神的なショックや、日常生活に制限が加わることです。

――そうですね。漏れちゃうかも、と思うと活動をしにくくなりますね。

巴:
旅行や、スポーツなどの趣味も心から楽しめなくなります。また、外出や、人前に出ることも消極的になりがちです。

――女性に尿漏れが多いというのは、どうしてですか。

巴:
まず、女性は、男性よりも尿が漏れやすい構造になっています。なぜなら、尿道がずっと短いためです。男性の尿道はおよそ20センチ、一方、女性はおよそ4センチです。5分の1しかありません。男性よりも尿道が短いため、膀胱(ぼうこう)から尿が出ると、すぐ漏れてしまう場合があります。
さらに、女性ならではのイベントと関係しています。それが「妊娠・出産」です。

――妊娠・出産が尿漏れと関係するのはどうしてですか。

巴:
骨盤の底の部分には“骨盤底筋群”という筋肉があって、膀胱をハンモックのように支えています。
出産で胎児が通過するときに、骨盤底筋が傷つけられてしまうんです。骨盤底筋が傷つくと、尿道や膀胱がぐらぐらしたり、尿道を締める尿道括約筋が傷んでしまい、尿が漏れやすくなります。

――骨盤底筋が緩むのは、妊娠や出産だけですか。

巴:
いえ、肥満や加齢によっても、骨盤底筋が緩むことがあります。

骨盤底筋訓練

――骨盤底筋が緩んでしまったら、治らないものなんでしょうか。

巴:
いえ、鍛えれば、緩みを改善することができます。そのために、骨盤底筋を鍛える「骨盤底筋訓練」というものがあります。簡単なので、やってみましょう。

――では、その骨盤底筋訓練、教えていただきます。
私もやってみます。

巴:
● これは寝ていてもできるんですが、まず、いすに座ってやってみましょう。

■ 足を肩幅に開きます。
足を肩幅にすると、骨盤底がリラックスして、筋肉の動きを感じやすくなります。

■ 肛門を締めます。

■ 膣(ちつ)と尿道も一緒に締めて、肛門や膣を胃のほうに引き上げるような感じにします。

■ そのままゆっくり、5つぐらい数えます。
1、2、3、4、5。

■ ゆっくり、リラックスします。

――はい……、この動きで鍛えられているのかどうかっていうのは、ちょっと実感するのは難しいですね。
もう1度やってみましょう。

まず、肛門を締めます。
そのまま膣と尿道を締めて、肛門や膣を胃のほうに引き上げようとします。
そのままゆっくり、5つ数えます。1、2、3、4、5。
そして、ゆっくりリラックスします。

ああ、小さい動きですね。

巴:
● これを1セット10回行い、暇を見つけて1日5セットほど行います。

● できているかどうかよく分からない、という場合は、肛門の脇に指を置いて、肛門を締めたときに、周囲の筋肉が動いているのを感じられたらOKです。

――どれくらいで効果が出てくるんでしょうか。

巴:
毎日継続して2~3か月続けると、7割程度の方で効果が感じられる、というふうに報告されています。
骨盤底筋訓練は、男性の“ちょい漏れ”などにも効果があります。

腹圧性尿失禁の薬は? 手術はできる?

――腹圧性尿失禁には、よい薬というのはあるんでしょうか。

巴:
健康保険で認められている薬が、1種類だけあります。ただ、残念ながら、中等症以上の腹圧性尿失禁の方にはあまり有効ではないうえ、現在ちょっと入手しにくい状況になっています。
骨盤底筋訓練をしても症状がなくならず、尿漏れが頻繁に起きたり、量が多い場合や、日常生活上はそれほど問題にならなくても積極的にスポーツなどをしたい方には、手術を検討します。

――手術ですか。どのような手術ですか。

巴:
尿道の下に、およそ1センチ幅のメッシュの治療用テープを通す、という手術を行います。局所麻酔で行うことができて、30分から1時間ほどで終了します。傷痕も小さくて、体の負担が少ない手術です。

――最後に、今回のポイントをお願いします。

巴:
骨盤底筋を鍛えて、腹圧性尿失禁を解消。


【放送】
2024/03/13 「マイあさ!」

放送を聴く
24/07/03まで

放送を聴く
24/07/03まで

この記事をシェアする

※別ウィンドウで開きます