午後1時台を聴く
24/05/03まで

午後1時台を聴く
24/05/03まで

金曜日のテーマは「エンターテインメント」。なぞかけ名人のねづっちさんに、なぞかけづくりのコツ、リスナーからのお題に挑戦していただきました。

【出演者】
ねづっちさん


<プロフィール>
1975年、東京都出身。即興なぞかけで注目を集め、2010年には「ととのいました」が、新語・流行語大賞のトップ10に選ばれる。2024年、文化庁主催の「第74回 芸術選奨新人賞大衆芸能部門」を受賞。


――芸術選奨新人賞おめでとうございます。

桃花:
ねづっちさんって新人なんですか?

ねづっち:
来年50歳なのにね(笑)。嫁に「あなた国に認められたの? 私には認められてないのに~」って言われましたよ。

――なぞかけをはじめたきっかけは?

ねづっち:
落語家さんがまくらで「朝刊とかけてお坊さんととく、その心は? 今朝来て(袈裟着て)今日(経)読む」というなぞかけを聞いて、これよりすごいのを作ってみたいと思ったんです。それ以来、なぞかけにハマっていきました。

――なぞかけの良いところは?

ねづっち:
一番はお金がかからないところですね。場所関係なく、いつでもどこでもできるのがいいところですね。子どもたちにもオススメです。

――どうしたらなぞかけができますか?

ねづっち:
お題をもらったら、連想ワードを浮かべて、その連想ワードの同音異義語を見つければ、それがオチになるので、あとから「〇〇ととく」の部分を当てはめるのがポイントです。

――では「まんまる」でなぞかけをお願いします!


ねづっちさんは、どうととのえたのか? 「聴き逃し」でご確認ください。5月3日昼まで配信します。漫談もお楽しみいただけます。


【放送】
2024/04/26 「まんまる」

午後1時台を聴く
24/05/03まで

午後1時台を聴く
24/05/03まで