午後0時台を聴く
24/05/01まで

午後0時台を聴く
24/05/01まで

曜日ごとにテーマを決め、注目の人にお話をうかがう「ひとのわ」。水曜日のテーマは「きわめている人」。音楽評論家の関谷元子(せきや・もとこ)さんに注目のアジアン・ポップスを教えていただきました。

【出演者】
関谷元子さん(音楽評論家)


<プロフィール>
神奈川県出身。桐朋学園音楽大学卒業。1990年から、アジアの幅広い音楽を中心に紹介。音楽評論家としての活動のほか、文化庁主催の『POP ASIA』イベントなどにも協力。国士舘大学で非常勤講師も務める。


関谷:
台湾では、ロック、ヒップホップ、R&Bなど、魅力ある若いアーティストがどんどん出ています。また、ベテランの歌手たちも守りに入らず、攻めたアルバムを出してがんばっていますよ。きょう紹介する2000年にデビューしたジェイ・チョウは、現在、中華圏を代表するアーティストです。

――台湾ポップスには大きな流れがあるそうですね。

関谷:
台湾には昔から住んでいる人たちに息づいた音楽があり、それを大事にしているのが、アミ族出身のシンガーソングライター、スミンです。きょう紹介する楽曲はアミ語で歌っています。

――言葉はわからないけど魂を感じます。

関谷:
彼は伝統的なものだけをやっているだけでなく、西洋の楽器を入れたアレンジで、若い人たちに喜んでもらえる努力もしています。

――次はアジアのどこに行きましょうか?

関谷:
最後にインドネシアのポップスを紹介します。インドネシアは東南アジア屈指のヘビーメタル大国なんですよ。きょうはヴォイス・オブ・バチェプロトというガールズメタルバンドを紹介します。


インドネシアのヘビメタ気になりますよね? 関谷さんに紹介していただいたアジアン・ポップスは、聴き逃し配信で5月1日昼までお楽しみいただけます。

【オンエア曲】
紅顔如霜(Cold Hearted)/ジェイ・チョウ
遠洋/スミン
School Revolution/ヴォイス・オブ・バチェプロト


【放送】
2024/04/24 「まんまる」

午後0時台を聴く
24/05/01まで

午後0時台を聴く
24/05/01まで