8時台を聴く
24/06/30まで

8時台を聴く
24/06/30まで

はっとりそらくん(小学1年生・神奈川県)からの質問に、「昆虫」の清水聡司先生が答えます。(司会・柘植恵水アナウンサー)

【出演者】
清水先生:清水聡司先生(大阪府営箕面公園昆虫館 副館長)
そらくん:質問者


――お名前を教えてください。

そらくん:
そらです。

――どんな質問ですか?

そらくん:
なぜオンブバッタは、メスがオスをおんぶしているのですか?

――そらくんは、オンブバッタを見たことがあるのですか?

そらくん:
ありません。

――本とかで見たのかな?

そらくん:
はい。

――そうですか。では清水先生、お願いします。

清水先生:
はい。そらくん、おはようございます。

そらくん:
おはようございます。

清水先生:
オンブバッタはメスがオスに……逆やな、オスがメスにおんぶされているので有名なバッタだけれども、探してみたことはある?

そらくん:
あります。

清水先生:
けど、見つからなかった?

そらくん:
はい。

清水先生:
あぁ、そっか。ちょっとした郊外とか、畑の周りとか開けた場所に行くとたくさんいるようなバッタなので、ぜひまた探してほしいと思うんですけれども、飼育も簡単なので、おじさん、おすすめしている初心者向きのバッタなんです。飼うのもすごく簡単で、もし時間があったらあとでその話をしようかなとも思うんですけど、まず、オンブバッタがなんでおんぶしているのか。たぶんみんな気になっていると思うんですけれども、そらくんは、なんでかなぁとかちょっと自分で考えてみた?

そらくん:
考えてみたんですけど、図鑑で親子ではないと書いてあったので、おんぶしているけど親子ではないことはわかったけど、あとはまだわかりません。

清水先生:
そやね。下のバッタがやたら大きくて上がちっちゃいから、親子かなと思うもんね。

そらくん:
はい。

清水先生:
上がオスで下がメスだというのは、気づいてたんだね。

そらくん:
はい。

清水先生:
なんでオスが上に乗っているのか。答えを言っちゃうと、オスは、メスと出会って交尾して次の子孫を残すということをしています。それはわかる?

そらくん:
はい。

清水先生:
オスがメスを手放しちゃうと、他のオスがやってきてそのメスと結婚しちゃうことがあるの。そうなると困るでしょう?

そらくん:
はい。

清水先生:
だからオスがメスに乗せてもらっているのでも、メスがオスをおんぶしてあげているのでもなくて、オスがメスを取られたくないので、ガードしている。クワガタとかを飼っていると最近よく「メイトガード」という言い方を耳にするんやけれども、自分の子孫をできるだけしっかり残せるように、オスがメスを頑張って確保しているというか、他のオスからガードしているんです。

そらくん:
はい。

清水先生:
なんでそんなことをするのかというと、自分のあとで別のオスが来てメスと交尾しちゃうと、自分の子孫を残すための「精子」と言うんやけれども、それがあとに来たオスのと混じり合っちゃって、自分の子どもの残る確率がすごく下がっちゃうのね。特に、あとで結婚したほうが有利だと言われているの。ちょっと難しい話になってくるけれども、人間なんかだと、卵が1つ受精するとそのあとの期間は他のものとは受精しないというか、次のものが発生するというのは起こらないんだけれども、昆虫は、1回オスとメスが結婚したらメスはそれでいくつも卵を産めるのね。

そらくん:
へぇ。

清水先生:
オスは自分の子孫をできるだけたくさん残したいのに、別のオスが自分が結婚したメスと次に結婚しちゃうと自分の子孫の残る数が減っちゃって困るので、昆虫のオスはメイトガードといって、メスをキープするというか自分のものだよと独占する行動をよくするんです。その中でもオンブバッタは、その行動がすごく長いんです。

そらくん:
あぁ。

清水先生:
交尾したあとも、長い間メスの上に乗っかっている。

――オレのものだ、と?

清水先生:
他に取られたら困る、と。オンブバッタがいつもすごくおんぶしているなと思うのは、そういうメイトガードが顕著というか、しっかりガードするという行動をとっているからということになります。

――そらくん、どうでしょう、わかりましたか?

そらくん:
はい、わかりました。

清水先生:
おもしろいのはね、時々メスの上にオスが乗って、またその上にオスが乗ったりして、取られたらアカンので下のほうのオスは必死でしがみついていると思うんですけれども、そういうのも野外で見かけられると思うので、ぜひ探してほしいと思います。

――そらくんが住んでいる神奈川県でも、見つけられそうですね。

清水先生:
わりと畑の周りとかに行くとよくいるバッタなので、今ぐらいの時期だと小さな幼虫がたくさん出てきていると思います。5ミリぐらいかな。オンブバッタそのものの形をした小さなバッタが跳ねていたら、オンブバッタかなと思って採ってもらったらいいと思います。ショウリョウバッタと間違いやすいけれどもね。でもショウリョウバッタとかと違って小松菜とかレタスとか菜っ葉で飼えるので、餌の用意もしやすいのでぜひ一度飼ってみてください。

――探しに行くときはおうちの人と一緒に行ってくださいね。

そらくん:
はい。

――そらくん、大丈夫ですか?

そらくん:
はい。

――質問してくれてありがとうございました。

そらくん:
ありがとうございました。よくわかりました。

清水先生:
ありがとう!

――よかったです、さようなら。

そらくん:
さよなら~。

清水先生:
さよなら~。


【放送】
2024/05/05 「子ども科学電話相談」

8時台を聴く
24/06/30まで

8時台を聴く
24/06/30まで