10時台を聴く
21/08/29まで

10時台を聴く
21/08/29まで

おがわただしくん(小学1年生・福井県)からの質問に、「天文・宇宙」の本間希樹先生が答えます。(司会・石井かおるアナウンサー)

【出演者】
本間先生:本間希樹先生(国立天文台教授 水沢VLBI観測所所長)
藤田先生:藤田貢崇先生(法政大学教授)
ただしくん:質問者


――お名前を教えてください。

ただしくん: ただしです。

――ただしくんは、どんなことを聞きたいのですか?

ただしくん: 宇宙ができる前は何もないっていってるけど、何もないっていうのはどういうことですか?

――うん。ただしくんはどうしてそのことが気になったんですか?

ただしくん: 僕は恐竜が好きだから、恐竜の時代のもっともーっと前の時代のことも知りたいからです。

――そうなんですねえ。それはいいことですね。本間先生に聞いてみましょうね。お願いします。

本間先生: ただしくん、こんにちは。
ただしくん: こんにちは。
本間先生: 非常に壮大な質問をありがとうございます。答えるのが正直難しいんですけど、僕なりに頑張って説明していきますね。宇宙ができる前というのはなんにもないんですけど、まず「物がない」って、想像できるかな? 例えば宇宙空間に出ていくと、「真空」といって空気もないんだけど、そんな状態。難しいかな……。想像できるかなあ。
ただしくん: ……、できないです。
本間先生: そうだよね。宇宙に行ったことないから、わかんないよね。僕たちは地球の上に住んでいて、空気を吸って呼吸をして、地面の上に立ったりして生活していて、周りが物であふれているよね。だけど地球を飛び出して宇宙空間に行くと、なんにもない状態になる。でもそれは真空という状態であって、宇宙ができる前の何もない状態とは、全然違うんです。
ただしくん: うん……。
本間先生: もっと難しくなっちゃうんだけど、宇宙ができる前っていうのは、「時間」もないし、「空間」もない。例えば時間がないって、ただしくん、想像できるかな?
ただしくん: ……、わかんない。
本間先生: これはね、僕にも想像できません。僕たち、こうやって生きている以上は必ず時間が流れていきますので、そういう意味で、時間が流れない世界を体験することがない。時間がない世界を体験できないんですよね。それからただしくんは、前に歩いたり横に歩いたり後ずさったり、自由に動けるじゃないですか。
ただしくん: うん。
本間先生: これは、「空間」というものがあるからなんです。動ける場所があるから、ただしくんは動けるんです。でも宇宙ができる前は空間もないから、右に行ったり左に行ったり、全くできない。もう明らかに、僕らの想像を超えた世界なんです。時間もない。空間もない。さらにいうと「法則」もない。
ただしくん: 法則?
本間先生: 「決まり」だね。例えばただしくん、外で遊んでジャンプすると、下に落ちてくるよね?
ただしくん: うん。
本間先生: これは物理の世界では「万有引力の法則」といって、平たくいえば、ただしくんは地球に引っ張られてるから、ジャンプしてもまた戻ってくる。そういうことを、ある種の「法則」ということができるんだけど、そういうルールも、宇宙が始まる前にはないんです。
だから宇宙の始まる前には何もなかった、というのは、物がないだけじゃなくて、時間もなければ場所もない。法則・ルールもない。なので、考えようがない世界。僕らが考えてもしょうがない(笑)。そういう世界なんだよね。どうだろう、なんとなくでもいいんだけど、この説明で伝わったかなあ。ただしくん、どうですか?
ただしくん: わかんなーい……。
本間先生: わかんないよね……。もうこれは僕の説明の域を超えてるので、藤田先生に助けてもらいましょう。お願いします!
藤田先生: ただしくん、こんにちは。
ただしくん: こんにちは。
藤田先生: 本間先生のお話で、新しく聞くことがたくさん出てきたと思います。イメージとしては、私たちが今いる世界とは全然違うんだろうなっていうことは、伝わったかな?
ただしくん: うん。
藤田先生: 本間先生は、私たちが生きているこの宇宙よりも前というのは、時間もないし空間もない、そういうイメージを持ってくださいねということをお話しなさいましたよね。そのイメージなんですけど、私たち、今、目の前に物があふれているから、何もないっていうとガランとした部屋を想像しちゃうんです。ただしくんも、そうじゃないかな? 広い部屋に何もない、これが「無」なんだと思うかもしれないんだけど、そうではなくて、その空間自体もない。本当に、何もないんです。

ただしくんは、宇宙ができたあとにこの世界に生まれた。私も含めてみんなそうなんだけど、そうすると、この宇宙の法則については理解できる。この宇宙が始まったから、空間、場所とか広がり、縦横高さの方向とか、時間とか、そういうものが初めてスタートするんです。
ただしくん: ああ……。
藤田先生: だから宇宙ができないと、空間も時間もスタートできない。本間先生がさっきいった「ルールがない」っていうのは、そういうことです。私たちの宇宙ができて初めてルールができるんだっていうふうに、わかってくれるといいかなと思うんですけど、どうでしょう。
ただしくん: んー、大体……。
藤田先生: でもこれはねえ、大学生が考えるようなことでもあるんですよ。

――宇宙ができる前は、ただしくんのように「どうなんだろう」と考える人間も、もちろんいないですよね。

藤田先生: 考えることに意味はあるかもしれないんですけれども、私たちが知っている法則はこの宇宙の物理法則で、その宇宙から外れてしまうと、物理法則が成り立っているかどうかすら、わからないんです。そういう物理の大原則みたいなものがあって、結局この世界のことしか話せない。法則外のことを話すのは、うそなのか本当なのか全くわからないので、科学の世界ではそういう世界については語らないというのが、一番正しいいい方ではあります。本間先生、いかがでしょう。
本間先生: ありがとうございます。藤田先生にまとめていただいたとおり、僕らの手の及ばない世界、科学が届かない世界なんですよね。でも、ただしくん、これを質問してくれたのは本当にすごいなと思います。僕らも答えられない。でも知りたいなと思う。そういう根源的な質問です。ただしくん、すごい! 見事です。

――ただしくんがこの質問をしてくれたのは、恐竜が大好きで、恐竜が生きていたもっと前の時代のことを知りたいというのがきっかけでしたね。逆にいうと、私たちが生きているずっと前に恐竜が生まれて、そして今私たちがごはんを食べたり遊んだりできることが、とても貴重なことだとわかると思います。ただしくんの質問がとても大事だっていうことを覚えていていただいて、またみんなで、考え続けていきましょう! いいですか?

ただしくん: はい。

――ありがとうございました。さよなら~。

ただしくん: ありがとうございました。さよなら~。

【放送】
2021/07/04 子ども科学電話相談 「天文・宇宙」 本間希樹先生(国立天文台教授 水沢VLBI観測所所長)

10時台を聴く
21/08/29まで

10時台を聴く
21/08/29まで