18時台の放送を聴く
2019年1月27日(日)放送より

【出演者】
柿沼アナ:柿沼郭アナウンサー
柴原キャスター:柴原紅キャスター
佐藤さん:佐藤健寿さん(写真家)


<ちきゅうラジオ>「教えて!ちきゅう特派員」では、世界中のリスナーのみなさんから寄せられたお便りの内容を掘り下げます。1月のテーマは「行ってみたい あの国・この場所」。
リスナーからのお便りを基に、行ってはいけない場所だけど、ちょっとのぞいてみたい『インドの北センチネル島』について、世界の奇妙な物事に詳しい写真家の佐藤健寿(さとう けんじ)さんにお話を伺いました。


柴原キャスター: 『北センチネル島』はインド洋に浮かぶ島で、インドの連邦直轄領のアンダマン・ニコバル諸島に属しています。広さおよそ60平方キロ。三宅島よりもやや大きい程度です。
詳しい調査がなかなかできないため、人口も定かではありません。39人とも400人とも言われています。そして言語や文字の有無、宗教も不明ということなんです。
柿沼アナ: 地図で見ましたら、インドよりも東南アジアの方にむしろ近い。
もっと掘り下げていこうということで世界の奇妙な物事の専門家にお話を伺うことができました。写真集『奇界遺産』で知られる写真家の佐藤健寿さんです。
佐藤さん: 北センチネル島は外部との交流を徹底的に拒否し続けていることから、「文明未接触の島」というふうにして知られています。
この島の人たちは男女とも衣服を着ていないので、火をおこして自給自足の生活。交渉しようとするとヘリコプターに対しても弓矢で応戦したりするので、なかなか接触は難しい状況が続いている。
インドの少数民族保護法によって島の近くに近づくことが禁止されてるんですけども、昨年(2018年)の11月に海上の警備をかいくぐってアメリカ人の宣教師がキリスト教を布教するために上陸して殺害されたというニュースもありました。
柿沼アナ: 北センチネル島の人たちに外部の人が接触を試みたというのは、いつごろからなんでしょうか。
佐藤さん: 北センチネル島の人たちは数万年前からあの辺りで暮らしていると言われているんですけども、18世紀にイギリス人が島を発見して、それからたびたび島の人たちに接触をしようとしたと言われてます。
1880年に、英国の植民地の管理者が部族の人を何人か、10人ぐらいだと思うんですが、拉致したという事件がありまして、このことから彼らが外部に対して攻撃的になったって言われます。その後もインド側が何回か接触を試みたんですけども、ずっと失敗に終わっているという状態ですね。
柴原キャスター: 今後、北センチネル島はどうなっていくと思いますか?
佐藤さん: 北センチネル島の周辺の島っていうのは、今もうビーチリゾートとして観光地化が進んでいまして、だからインド側としては現代文明の干渉を受けていないセンチネル族を尊重して、深刻な自然災害とか病気の発生がないかぎりは島に干渉することはない。基本的には、島を秘境のまま保持させるという方針を取ってます。ただ、政府はそういう方針を取っていても、漁師にお金を渡して観光客が興味本位で近づいたりするというケースは後を絶たないそうですね。
地球で最後の石器時代の暮らしをしてると言われてるくらい珍しい場所ではあるので、基本的にはインド政府の方針通り、彼らをそっとしておくというのが一番いいんじゃないかと思います。
ただ、仮に向こうから接触してくるようなことがあるならば、その時は病気とかがすごく広まりやすいので、そういう対策をした上で受け入れる体制というのは準備しておいた方がいいんじゃないかとは思います。
97年に、その近くに暮らしているジャラワ族という部族が初めてインド政府と接触を持ったんですけれども、その時に結局彼らの間では『はしか』がすごく広まってしまって、結構な数の人が亡くなったっていう話もあるので、やっぱり慎重に接触はすべきなんじゃないかなと思います。
柴原キャスター: 世界100カ国以上巡って奇妙な物事を撮影し続けていますが、今年行きたい所はどこでしょうか?
佐藤さん: 去年は、中国の敦煌(とんこう)辺りから始まって、シルクロードをずっと巡ってまして。それで年末はウズベキスタンとかトルクメニスタンとか中央アジアまでは行ったので、もうちょっとその先でヨーロッパの玄関となるようなコーカサスですね。アゼルバイジャンとかアルメニアとか、あの辺を丁寧に回りたいなというふうに思ってます。
この辺って昔ソ連の時代には、ソ連の衛星国として存在していたので、旧ソ連政府が作った巨大な建築物であるとか不思議な構造物とかそういったものが今も結構残っていたりとか。その一方で文化的には、ゾロアスター教の発生地でもあるので、ゾロアスター教の寺院とかなかなか表舞台に出てこないような遺物だとか遺跡がたくさんあるので、そういったものを取材したいと思ってます。

18時台の放送を聴く
2019年1月27日(日)放送より