谷村新司さんをしのんで 最後に掲げた「アリスのSDGs」とは?

23/11/05まで

50年目のアリス~BEGINNING2023~

放送日:2023/10/29

#音楽#なつかしの名曲#J-POP#SDGs

放送を聴く
23/11/05まで

放送を聴く
23/11/05まで

1972年のデビューから50周年を迎えたアリス。それを記念した番組「50年目のアリス~BEGINNING2023~」では、これまでの50年を当時の楽曲を聞きながらふりかえり、持続可能な努力目標「アリスのSDGs」として今後10年の活動を続けていこうとしていた3人の思いをお伝えしました。

去る10月8日に亡くなった谷村新司さんをしのんで、今年1月2日に放送した番組を再放送でお送りしました。

50年目のアリス~BEGINNING2023~

1970年代から80年代にかけて、数々のヒット曲を連発して大活躍したアリス。1972年のデビューから50年を迎えた…

詳しくはこちら

【出演者】
谷村:谷村新司さん(アリス)
堀内:堀内孝雄さん(アリス)
矢沢:矢沢透さん(アリス)
中村:中村慶子アナウンサー

これから活動を10年続けていこうと思った理由とは?

  •  ○ 番組の前半で放送した内容からお伝えします。

中村:
谷村さん、アリスは50周年を迎えて、今後10年間活動されるんですよね。

谷村:
そうなんですよ。去年の年明けだったよね。「今後10年、アリスは活動する!」と、宣言をいたしました。

堀内:
エラい事言っちゃったよ。

谷村:
はい、これはあくまで持続可能な努力目標として「10年」というのを掲げたんですけども、僕らの思いよりも、何倍もファンの人たちがみんな。

堀内:
逆に勇気づけられたとか、いろんな声をいただくんで、うれしいですね。

谷村:
反響ありましたね。

堀内:
うれしいですね。

谷村:
みんな元気になってくれれば何よりだと思っておりまして、とりあえず今年6月からアリスが全国を回っていくよっていうのを、これから10年続けるという“努力目標”です。あくまで(笑)。

中村:
これまでも活動休止と再結成を繰り返してこられたと思うんですけれども、今回はどうして10年続けるということを宣言されたんですか?

谷村:
再結成を繰り返してきたというよりも、終わってないんで。3人がやりたいという気持ちになったらいつでも動き出せるっていう。

堀内:
でも今思うと、あの時はそういうことがふっと浮かんだことだったんだけれども、正解だったね。

谷村:
そうね。

堀内:
いつ動き出すかわからないもん。

谷村:
今思えばね。

堀内:
今思えば正解ですよ。

谷村:
よくぞあのとき“一時停止”って。

堀内:
あの言葉を見つけたね。

谷村:
エラいね。

堀内:
君はエラい。谷村エラい!(笑)。

中村:
でも今回10年続けようって思われたのには、何かきっかけがあったんですか?

谷村:
あのね、再活動とかコンサートって、割と飛び飛びに、こうオリンピックぐらいな感じでやっていたんですけれど、そのたびにね、やっぱりファンのみんながすごく喜んで元気になってくれるんですよね。それで、そのことが僕らをまた元気にしてくれるんで、「これだったら10年かましちゃえ!」みたいなね。

堀内:
これやっぱり相乗効果がものすごくあるんじゃないかとね。有言実行じゃないけど、それによってすごくいい波風が。

谷村:
そうね。口に出すっていうことで、何か動き出すことってあるんですよね。

中村:
そんな中発表したのが新曲「BEGINNING(ビギニング)」ですけれども、どんな思いを込めて作った1曲ですか?

谷村:
そうですね、歌詞を読んでいただければ、もうそのまんまっていうか。いろんなことを乗り越えて、これから。
あのなんて言うかな、未来って明日だって思うじゃない、みんな。なんだけど、実は未来って今そのものなんだなっていう。

堀内:
普通に考えるとそうですよね、たぶん。だから今は、その時は一番大事なことなんで。だからあまり先の事考えると、重荷になっちゃうじゃないですか。で、「気がついたら、俺83歳だ!」、というんだったら最高ですよ、これ!

谷村:
だから今こそが未来なんだっていうことをやっぱり伝えたいなという思いで、歌詞を書きました。

堀内孝雄さん

ファンからの声援を聞いて思うこととは?

  •  ○ 番組後半のエンディング

中村:
東京・渋谷のNHKからお送りしています、「50年目のアリス~BEGINNING2023~」。アリスの谷村新司さん、堀内孝雄さん、矢沢透さんの3人をお迎えしてお送りしてまいりました。残り時間少なくなってきましたけれども、いかがでしたか?

谷村:
なんか、あっという間でしたね。

堀内:
早いですね!

谷村:
早いね! みんなお正月なんで、ぼんやり聞いている方も、ほろ酔いで聞いている方も、いろいろいると思うんですけど。

堀内:
「え~!」って感じですよね。

谷村:
「あれ~! 途中寝ていたかな?」っていう人もいるかもしれませんけど、でも何か僕らも50年目っていう新しい節目なんで、節目を上手に生かしていける、何かそんなふうに今年はやっていければいいかなと思うんで、ここから10年間、“持続可能な努力目標”でアリスも動いていきますんで、皆さんも一緒にね、10年間楽しんでほしいなと思いますね

矢沢:
だって初めてじゃない! こうやってツアーをやるって決まっていて、年が明けてっていうのは。

谷村:
そう、初めてですね。

矢沢:
だから気持ちが新たになりますよね。

谷村:
そうね!

矢沢:
やる気も出てくるしね。

堀内:
確かにそうだ!

谷村:
しかも何かこう、笑顔の年の明けという感じがすごくしますね。

中村:
じゃあ今年もいい1年になりそうですね。

谷村:
ねっ、なりますね。

矢沢:
なる、なる!

中村:
さあそれではですね、最後にいつもならファンの皆さんへのメッセージをいただくところなんですけれども、今回はアリスの3人へ、ファンの方々からメッセージをいただいています。お聞きください。
(※昨年11月に東京・有明で行われたアリスのコンサート会場で取材しました。)

ファンの女性:
死ぬまでずっと聞かせてください(笑)。一緒についていきます。

ファンの男性:
こんなに長く聞けるとは思わなかったんで。今日も久しぶりなんで。ご本人たちのライブもあるんだけど、ファンの中での知り合いも増えたんで、そういう人たちに会うのが楽しみです。

ファンの女性:
私たちは、3人が元気で私たちの前にいてくれるだけで幸せなので、とにかく体に気を付けて、いつまでも私たちの前にいてくれるとうれしいです。

ファンの男性:
(アリスとしての)活動自体が短かったので。でもこうやって集まってくれるっていうのは、同窓会的でいいなあっていう感じですよね。

ファンの男性:
ちょうど私も古稀になったので(皆さんと)一緒ですから、頑張ってもらうとこちらも励みになると。で、家族も私につられてファンになっていますので、ぜひ頑張ってほしいなと。

ファンの男性:
もう長生きしてほしいですね、それだけですね。はい。

谷村:
はい、はい!

中村:
はい、はい! っておっしゃっていましたけど。

堀内:
もう簡単に死ねないぞ(笑)。

矢沢:
ちょっと死ねないね(笑)。

中村:
ファンの皆さんのメッセージ、どうお聞きになりましたか。

矢沢:
やあ、うれしいなあ。

堀内:
うれしいですよね、ほんとに。

谷村:
50年やって来て、こういう声がファンの方たちから来るってことが、やっぱりもう何よりも僕らにとっては元気のもとになりますね。

堀内:
うれしい、うれしい!

矢沢:
これ50年やったからこそ、この長生きしてほしいですねって。昔、若い時にこんなのはありませんもんね、絶対に!

堀内:
そうだね。まだ途上だから、実感がね。ひとまずの50年というのは、やっぱり大きいですよ。

矢沢:
大きい!

谷村:
それでこれからアリスがこうやって10年間目指していくことって、実は前人未踏のことなんですよ。で、僕らも想像つかないし、ファンの人たちも想像つかないんだけど、あのそれは、ファンの皆さんと一緒に作っていく10年間にできればいいなと思っているんで、今年は6月から全国のホールツアーに出ていきますんで、ぜひ皆さん、会いに来てくれるとうれしいなと思っております。

矢沢:
はい!

堀内:
お願いします!

矢沢透さん


番組では、新年の放送ということで、3人のお正月の過ごし方、代表曲「チャンピオン」の制作秘話も伺いました。そして今後の10年を目指して、生き生きと活動する3人の様子をお伝えしました。

~在りし日の谷村さんの声を、ぜひ聴き逃し配信でお聞きください。

谷村新司さん


【放送】
2023/10/29 「50年目のアリス~BEGINNING2023~」

放送を聴く
23/11/05まで

放送を聴く
23/11/05まで

この記事をシェアする

※別ウィンドウで開きます