人間は、死んだあとどこに行くの?

放送日2020年12月29日(火)

ざっくり言うと
きむらゆうまくん(小学3年生・東京都)からの質問に「心と体」の大日向雅美先生が答えます
昔から「死」に関していろんなことを考えてきたけど、本当のことは分からない
でも大事なのは、「残された私たちがその人のことを思い続ける」ということじゃないかしら

テーマ

心と体 大日向雅美先生

10時台を聴く
2020年12月29日(火)放送より

11時台を聴く
2020年12月29日(火)放送より

記事を読む

放送日時:2020年12月29日(火)午前10時47分ごろ~午前10時51分ごろ、午前11時05分ごろ~午前11時07分ごろ

石井アナ:石井かおるアナウンサー
大日向先生:大日向雅美先生(恵泉女学園大学学長)
ゆうまくん:質問者


石井アナ: こんにちは!
ゆうまくん: こんにちは。
石井アナ: お名前を教えてください。
ゆうまくん: ゆうまです。
石井アナ: どんなことを聞きたいですか?
ゆうまくん: 死んじゃった人はどこに行くんですか?
石井アナ: 大日向先生に聞いてみましょう。お願いします。
大日向先生: ゆうまくん、こんにちは。どうしてそんなことを考えたの?
ゆうまくん: 志村けんさんがコロナで死んでしまったのをニュースで見たから。
大日向先生: 新型コロナウイルスの影響で「死ぬ」ということについて子どもたちがいろいろと考えているんでしょうね。さて、ゆうまくんが疑問に思った「死んだらどこに行くのか」というのは、とても難しい質問なのね。ハッキリ言ってしまうと、私も本当のことは分からない。だけど一緒に考えてみてくださいね。人は昔から「死ぬ」ということに関していろんなことを考えてきたの。なぜかと言うと、私たちは生まれてきた以上、誰でもいつかは死ぬじゃない?
ゆうまくん: うん。
大日向先生: 「死ぬ」ということからは逃げられないの。だから「死んだあとはどうなるのかな」ってみんなとても怖いし不安だし、考えたけど、ほとんど分からない。
ゆうまくん: へぇ。
大日向先生: 分からないけど、たくさんいろんなことを考えてきたのね。「あの世」って聞いたことある?
ゆうまくん: うん。
大日向先生: 「死んだらあの世に行くよ」とか言うわね。それは天の高い上のほうとか、山の上とか、海のかなたとか、地の底とか、今私たちが生きているのとは別の世界をいろいろ考えたりしたんですけど、いずれも「死後の世界」って想像でしかなかったり、「信じよう」って思うことかもしれない。そこから宗教も生まれてきたの。宗教って分かりますか? 仏教とか、キリスト教って聞いたことある?
ゆうまくん: うん。
大日向先生: 世界中にいろんな宗教があるけれども、宗教の多くは、「私たちは死んだらどうなるのかな?」っていう問いから始まっていることも共通していると思うのね。だけど、もうひとつ多くの宗教が大切にしていることは、「死んだらこうなる」って決めているんじゃないと思うの。むしろ、「生きているときの生き方が死後の世界につながる」ということみたいですよ。
ゆうまくん: へぇ~。
大日向先生: 「一生懸命生きて人のために何かをしたり、人に喜んでもらえると天国に行ける」とかね。だから、古くから人が死について考え続けてきたということは、逆に考えると「どう生きたらいいか」っていうことなの。
ゆうまくん: へぇ。
大日向先生: ちょっと難しいかもしれないけど、ゆうまくんに伝えたいことがあるのね。ゆうまくんが、「死」という難しい問題を考えてくださったわね。それは、志村けんさんが亡くなったことがきっかけだったでしょう?
ゆうまくん: うん。
大日向先生: 志村けんさんのこと好きだった? 有名な人で、ゆうまくんは覚えていたのよね。
ゆうまくん: うん。
大日向先生: ということは、志村さんは亡くなっても、ゆうまくんの心の中で生きていてくれていると思うの。「あんなふうに楽しませてくれたなぁ」とかね。
ゆうまくん: うん。
大日向先生: 死んだらどこに行くのか、私は分からないのね。だけど、ゆうまくんにご質問をいただいて改めて思ったことがひとつあるの。「誰かの心の中に生き続ける」ということ。それが死後の世界を恐れないで生きられるということかなって思っています。せっかくゆうまくんが質問してくださったのに、分からないというのはごめんなさいね…。でも本当に分からないの。だけどよくね、「そんなことをしていたら地獄に落ちる」なんて言う人もいるけど、あんまり不安に思わないで。むしろ、今を一生懸命生きていきましょうね。それからもうひとつとても大事なのは、大事な人が亡くなったら心の中でその人のことを思い続けるでしょう? ということは、その人はお空の上か分からないけど、間違いないのは、「残された私たちがその人のことを思い続ける」ということではないかなと思います。とても大事な問題を考えてくれたわね。
ゆうまくん: わぁ。
石井アナ: ゆうまくん、どうですか? 分かりましたか?
ゆうまくん: 分かりました。
石井アナ: ゆうまくんの身近で亡くなった方で、今もゆうまくんが思い出す人っていますか?
ゆうまくん: あんまりいない。
石井アナ: まだそういう経験は少ないんですね。
大日向先生: そうですね。
石井アナ: これから先あるかもしれないけれども、大事な方が亡くなったときに、今の大日向先生のお話を思い出してみてくださいね。
ゆうまくん: はい。ありがとうございました!
石井アナ: ありがとうございました。
大日向先生: ありがとうございました。
石井アナ: さようなら。
ゆうまくん: さようなら。

10時台を聴く
2020年12月29日(火)放送より

11時台を聴く
2020年12月29日(火)放送より

関連

新着