飼ってるドジョウが水面に上がってくるのはなぜ?

質問者ゆきこさん

放送日2020年8月3日(月)

ざっくり言うと
いたくらゆきこさん(小学4年生・東京都)からの質問に「水中の生物」の林公義先生が答えます
水温が上がったりして水中酸素が不足すると、ドジョウは腸呼吸をする
エアポンプから出る泡の空気を吸いに、水面に上がるのかもしれない

テーマ

水中の生物 林公義先生

放送を聴く
2020年8月3日(月)放送より

記事を読む

放送日時:2020年8月3日(月)午前11時6分ごろ~午前11時18分ごろ

山本アナ:山本志保アナウンサー
林先生:林公義先生(北海道大学海洋生命学部講師)
ゆきこさん:質問者


山本アナ: お名前教えてください。
ゆきこさん: ゆきこです。
山本アナ: どんなこと、聞きたいですか?
ゆきこさん: 私の家に2匹のドジョウがいて、片方のドジョウが“先住民”みたいな感じです。そっちが2日ぐらいしてから、エサをあげているときに沈むはずなのにいきなり水面までやってきて、エサを水面のほうで食べ始めています。
山本アナ: いつもだと底でエサを食べるのに、上のほうに上がってきちゃった?
ゆきこさん: 最初は底で食べてて、だけど知らないうちに水面で食べ始めて、でももう1匹は下のほうでしか食べません。
山本アナ: 先輩のドジョウと後輩のドジョウ、どうして違うのか、林先生に聞いてみましょう、お願いします。
林先生: ゆきこさん、こんにちは。
ゆきこさん: こんにちは。
林先生: 元気なドジョウだね。2匹のうち1匹は少し長く飼ってて、先輩なのかな。
ひょっとするとね、ドジョウにそういうことがあるかどうか、調べたことはないんだけど、魚っていうのはわりと狭い空間で飼ってみると、あとから入ってくる魚がいると自分が住んでいたところにナワバリを作って、取られたくないということで2匹で闘争というか力関係が出てくることがあるみたいで、そういうときに、あばれて水面から飛び出したりすることがあるかもしれません。
ゆきこさん: でも2匹いっしょに泳いだり寝たりしています。
林先生: そうか。じゃあそのあたりは2匹で解決済みなんだね、きっと。
ドジョウが水面に上がってきたのを観察していて、ゆきこさん、何か気付いたこと、あります?
ゆきこさん: 水槽にブクブクっていうフィルターみたいなのがついてるんですけど、それを止めた直後に、「あっ」って気付いたように水面に上がってきて、エサをおねだりしていきます。
林先生: エサは、水面に浮くものをあげてるの?
ゆきこさん: 昔は浮くやつにしてたんですけど、それはメダカがいたのでメダカのためで、今は水の底に沈むやつなのに、水面までやってきてパクパクおねだりしていきます。
林先生: なるほど。メダカとドジョウは自然界では住む場所が違っています。ドジョウはどちらかというと川底や泥に近い底のほうに住んでいて、メダカは水面下、または水中の上のほうを泳ぐタイプだから、それぞれにあった、沈むエサと浮くエサを分けてあげないととりにくいんだけど、そのあたりはよく研究してたから大丈夫なんだね。
ドジョウがわりと元気に水面に上がってくるということだけれど、ドジョウはおなかで「腸呼吸」するという話は、聞いたことある?
ゆきこさん: ありません。
林先生: ドジョウは魚だから、エラ呼吸ですよね。でもドジョウのエラは、なかなか外から見えないでしょう? 金魚だとエラぶたが大きいから、口をパクパクしているとその隙間に赤いエラが見えるけど、ドジョウはあの辺が狭くてよく見えないよね。
ゆきこさん: うん。
林先生: ふつうドジョウがすんでいるのは水深の浅いところや田んぼなど、水温の上がるようなところが多いんです。水の中に溶け込んでいる空気というのは、水温が高いと酸素が少なくなっちゃうんですよ。
ゆきこさん: へぇ、そうなんですか!
林先生: 冷たいときは、水のほうが酸素が多いの。ドジョウはエラで呼吸してるけど、水温が高くなった水の中ではエラ呼吸だけでは酸素が不足してしまうのね。だから水面に向かって上がって行って、口でくわえた空気中の酸素をおなかの中に取り込んで、おしりの穴から二酸化炭素のガスをポンと出すんです。
ゆきこさん: あぁ~。
林先生: だからひょっとするとゆきこさんのところも、エアレーションで水を循環させて水面に泡がボコボコ出てるでしょ。その近くにドジョウが行ったときに、おなかをくるっとしてガスを出しているかもしれないね。下にいても出すことはあります。たぶん、水面に浮かんできた泡の中の空気を吸うことを、ゆきこさんが飼っているドジョウは覚えたんだと思うんだよね。
水温が高くなったり水が汚れたりして水に溶け込んでいた酸素が少なくなると、ドジョウは腸呼吸を頻繁にやるようになります。それはSOSだと思うから、少し水を替えたり、水温を低くしてあげるといいんだね。そして元気な状態で腸呼吸をしたときに、勢い余ってポ~ンと外に出ちゃうこともあるんだよね。
ゆきこさん: 何回かありました。
林先生: あ、あった? それはたぶんエネルギーが有り余って飛び出しちゃったんだと思います。
それから音にすごく敏感だから、急にポンプの音がしてびっくりして飛び出すこともあります。水の循環をやっているのが一番いいと思いますけれども、ドジョウだったら、ボールみたいなものの下から泡がでるエアレーションで大丈夫かもしれない。でも夏はやっぱり水ごと回して酸素を豊富にしてあげたほうがいいかなと思います。
ゆきこさん: だけど私のドジョウは1回もガスを出しているのを見たことがなくて、見えていないだけかもしれないけど、3分ぐらい観察しても出さないから、変だなぁとずっと思ってました。
林先生: あぁ、そうか。水の中に酸素が豊富であれば、腸呼吸は少なくなるという実験結果はあるんです。ゆきこさんが飼育をしている状態はエラ呼吸で十分にいける状態なのかもしれない。
ドジョウにとっては迷惑かもしれないけど、エアポンプを1回止めてみて、腸呼吸するかどうか観察してみたらどうかなぁ。
山本アナ: ゆきこさんがドジョウをすごくかわいがっている様子が、すごく伝わってきますね。
林先生: そうですねぇ。ゆきこさんはドジョウに名前つけてるの?
ゆきこさん: はい。
林先生: おっ、なんていうの?
ゆきこさん: 先のほうが、ブッチャー。どう猛だから。
山本アナ: ふふふ、どう猛なんだ……。
ゆきこさん: 後輩は、ロザ・パークス。
林先生: おぉぉ。おしゃれな名前だねぇ。
山本アナ: なんで?
ゆきこさん: 女の人といえば、なんか、ロザ・パークスって思っちゃって。ロザ・パークスさんのようになってほしいから。
山本アナ: じゃあ、ブッチャーさんとロザ・パークスさんに、よろしくね。先輩と後輩で仲良くできるといいね。ゆきこさん、お電話、ありがとう。また質問があったら、メール待ってまーす。
ゆきこさん: は~い。
林先生: さよなら~。
ゆきこさん: さよなら~。

放送を聴く
2020年8月3日(月)放送より

関連

新着