畑の野菜より、雑草の方が水をたくさん吸うのはなぜ?

質問者たかよしくん

放送日2018年8月23日(木)

ざっくり言うと
おがわたかよしくん(小学校2年生・福岡県)からの質問
植物の多田多恵子先生が回答
畑の中で繰り広げられる、雑草VS.野菜の水をめぐる競争!

テーマ

植物 多田多恵子先生

記事を読む

放送日時:2018年8月23日(木)午前8時34分ごろ~午前8時40分ごろ

石山キャスター:石山智恵キャスター
多田先生:多田多恵子先生 (植物生態学者 / 立教大学・国際基督教大学 兼任講師)
たかよしくん:質問者


石山キャスター:続いては福岡県のお友達です。おはようございます。
たかよしくん:おはようございます。
石山キャスター:お名前と学年を教えてください。
たかよしくん:おがわたかよしです、2年生です。
石山キャスター:はい、おがわたかよしくんですね、どんな質問かな?
たかよしくん:なぜ畑に植えている野菜より、雑草のほうが水をいっぱい吸い取ってしまうんですか?
石山キャスター:これはどうして疑問に思ったのかな?誰かから聞いたのかな?
たかよしくん:先生が水をいっぱいとっちゃうから抜きなさいって言われたから。
石山キャスター:そうなのね、畑で野菜を作っているんですか?
たかよしくん:はい。
石山キャスター:うん、分かりました。ではこの質問は多田先生にお答え頂きましょう。多田さんお願いします。
多田先生:はい、たかよしくんおはようございます。
たかよしくん:おはようございます。
多田先生:畑に今どんなお野菜作ってるの?
たかよしくん:とうもろこしと、ナスと、ラディッシュ。
多田先生:ラディッシュも作っているのね。今どのぐらい大きくなった?
たかよしくん:うーん、どのくらいだろうねぇ。
多田先生:もう食べられるように育った?食べてみた?
たかよしくん:まだ食べてみてはないけど。
多田先生:そうなんだ、これからできたら食べるのかな、みんなで。
たかよしくん:うん。
多田先生:そっか楽しみだね。植物ってさ、お野菜でも雑草でも水を根っこから吸っているんだよね。
たかよしくん:はい。
多田先生:その水を吸ったその水はどこに行くのかなっていうと、何になるか知ってる?
たかよしくん:葉っぱ?
多田先生:そうだね。葉っぱに吸い上げられていってさ、葉っぱとか茎に吸い上げられる。その葉っぱや茎を作るためのひとつは材料になるのね。その原料になる、水の形からそういう葉っぱのものに変わったりするのがひとつ。それからもうひとつ、水をいっぱい吸い上げるとその植物の葉っぱから水がまた空気中にね、蒸散っていうんだけどね、また出ていっちゃうの。あれ?吸い上げているのに出てっちゃうの不思議だなと思うんだけど、それはどうしてかというと、植物が根っこから水を吸い上げるにはそのままだと水が入ってこないから上のほうから水をパッパッパッパッて空気中に出していくと下のほうの根っこからグッグッグッて水がまた吸い上がってくるの。
たかよしくん:はい。
多田先生:植物は成長するためにお水をグングン吸っているのね。
たかよしくん:うん。
多田先生:だからどんな時にいっぱい水吸い上げるかっていうと、植物はグングングングン育っていく時に水いっぱい吸い上げてるの。今作っているお野菜とか多分実をつける時期になってるのかなと思うんだけど、どうかな?
たかよしくん:うーん、もうすぐ夏の野菜だから、もうすぐ。
多田先生:そうだよね、その時期になるとお野菜は実を作る時期になると葉っぱを作るのをちょっとストップして、実のほうを太らすように頑張っているわけ。でもその時に雑草がいやいやまだ俺たちはこれからだぞ、もっともっと育ってやるぞ、もっともっとでかくなっていっぱい種作って来年も増えてやるぞって、グングングングン育ってるの。そういう時ってね、雑草ね、もっと育ってやるぞって根っこからグングングングン水吸い上げちゃうの。そうなんだよ。そういうこともひとつあると思う。いろんな事があるんだけどね、雑草ってもともと、すきあらば育ってやるぞっていう植物たちで、その育つにはお水が必要だっていうことね。それでその時に、たくさん育つ時には水いっぱい吸い上げちゃう。
たかよしくん:はい。
多田先生:土の中には雑草の種がいっぱい眠っていて、畑を耕すと、いろんなとうもろこしだとかナスとかも植えるんだけどそれ以上にたくさん雑草生えてきちゃうでしょ。
たかよしくん:はい。
多田先生:みんな頑張ってね、よし育ってやるぞって根っこからグングングングン吸っちゃう。植物は動けないから根っこから水を吸うんだけどお互いみんな競争してるのね。
たかよしくん:はい。
多田先生:俺様が水を取ってやるぞって、根っこどんどん伸ばして、俺様のほうがいっぱい水取ってやるぞって、競争しているの。誰かが水取っちゃうと誰か水が足りなくなっちゃうのね。
たかよしくん:うん。
多田先生:畑の中ではお野菜と雑草がそうやってずっと競争していて、雑草のほうは元気よくもっともっといっぱい育っちゃうぞって水グングン吸っちゃって。だから雑草を抜いちゃったほうがお野菜は水がたっぷりあってよく育つんですよって言って、先生もだから雑草をちょっと抜いて、お野菜のほうにも水がちゃんと行くようによく育つように実がたくさんできるように雑草抜きましょうねって言っているんだと思うよ。
たかよしくん:はい、わかります。
石山キャスター:雑草のほうが成長意欲が旺盛でもっと育ちたいってお水をたくさん欲しがる。
多田先生:もともとそういう植物が雑草なんですっていう私たちは呼んでいるんですよね。
石山キャスター:お野菜も特にお水がたくさん必要な時期には周りの雑草を抜いてあげたほうがいい。
多田先生:そうですね、水やりをたくさんしてあげて水が足りなくならないようにするとお野菜もよく育つし、実もたくさんなると思いますね。
石山キャスター:たかよしくん わかりましたか?
たかよしくん:はい。
石山キャスター:おいしいトウモロコシやナスを収穫してくださいね。
たかよしくん:はい。
石山キャスター:今日はどうもありがとう。
たかよしくん:ありがとうございました。

関連

新着