尾上右近

今を
生きている人の
音が聞こえる。

尾上右近:
FM50周年おめでとう。

ーー最初にラジオに出会ったときは、どんな思い出がございますか?

尾上右近:
ラジオと出会った、初めてラジオに触れた瞬間ですか?初めてラジオに触れた瞬間って、なんだっただろうな。多分、学校の送り迎えをわりとしてもらうような、甘えっ子な小学生だったので、その頃ですね、学校に送ってもらってる最中に聴いてました、ラジオ。母の独断と偏見の、曲によってですね。なので、なんだったかな、あのときはTOKYOFMだったかもしれないですけども。聴きながら通ってましたね。

尾上右近:
自分で意識して触れるようになったのは、中学時代に湘南乃風さんに凄いハマった時期があって、湘南乃風がメディアに出るっていうものは全て網羅しようと思ってて、で、ラジオに出演するみたいな情報を得て、聴いてました。それが自分で意識してラジオを聴くってことの初めての思い出かもしれないです。中学2年生ですかね。

ーー他のメディアで接するアーティスト像と、ラジオで接する見聞きするのと違ったとか印象はありますか?

尾上右近:
やっぱりその人の本質的なものがなんとなく感覚的に、直に伝わってくる感じっていうのは、やっぱりこういわゆるテレビとか映像よりもより身近に感じるって感覚を初めて感じました、その時に。で、小学生時代に聴いてたラジオがなんだったかはちょっと覚えてないんですけど、どんな顔した人なんだろう?って思って誰が喋ってるとかもわかってなくて聴いていたので。どんな顔の人が喋ってるんだろうな?って子供心に(イメージの中で)すごい美しい女性の方が喋ってらっしゃったんで、絶対、顔面美しいだろうなぁって思ってました。

ーーそれでFMラジオっていうのは、特に意識された機会ってありますか?湘南乃風さんも。

尾上右近:
そうですね、母はFMが好きだったんでむしろFM以外は知らなかったと思います。いつも基本的にはFMを聴くっていう家風で育った感じがしますね。
FMだけしか聞いたことないんじゃないかな、ぐらいな勢いですね。

ーーどんなリスナーにどんな気持ちになって欲しくてやってるっていうのはございますか?

尾上右近:
不特定多数の人に耳に届くっていうことがもう凄く面白いことだと思うんですよ。やっぱり自分をまだまだ知ってもらうってことが一番じゃないかなっていう風に思ってるんで、基本的には自分の日頃の生活で感じていることだったりとか、自分をわかってもらえるようにしたい。もともと知ってる人でも、より深く知ってもらえたらいいなって風に思うし、それは自分って中にパーセンテージとして80パーセントくらい歌舞伎っていうのがあるんですけど、そのやっぱり歌舞伎を知ってもらいたい。知ってる人はより知ってもらいたい。知らない人は気づいてもらいたいっていう思いでやってます。

ーーやっぱり演ずる側の気持ちとかを、関係者の方とトークで結構深い話をされると同時に、WANIMAの曲かけて、これ好きなんだよねっていう落差がすごいなって思って。

尾上右近:
そうですね。その落差を許していただいてるのが、自分でも幅を持てるから、非常に嬉しいことでもあって、でも、どこに統一されたものがあるのかっていう、難しさっていうか、こだわらなきゃいけないポイントっていうのも感じてますね、同時に。
やっぱり一貫性がどこかで感じられたらいいなっていう。それはでも広く音楽の番組として、音を楽しんでるっていうというとこに帰営すると思うんですけど、その中でも僕の持っているものっていうのが、どことそれがリンクしてるのかっていうことはわかってもらえたら嬉しいなっていう。
今こういう時期なんだなって、時期的なもの、今しかないってやっぱりあるんで、極端なこと言えば先週と今週で考えが全く変わってる部分もあるけど、今トータル26歳なら26歳の僕はこういうふうに生きているってことが伝わればいいなと思うし、自分でもそれを記憶に留めるために喋ってるみたいなとこもあります。

だからかこう、日頃の思ってることだったりとか感じたことだったりとか、経験したり体験したりすること、していることっていうのを、話すことによって自分の中で消化するっていうこと。今まではそんなに定期的にそういう機会というのがなくて、読書とか話す機会っていうのが特別に設けられた時にどどっと喋るって感じでしたけど、こうコンスタントに喋ることによって、常日頃の自分が整理整頓されるっていうか、整理整頓せざるを得ないっていうのが、面白いなと思います。

ーーラジオっていうメディアがね、自分がどういう風にやっていきたい、あるいはラジオってメディアはこういうメディアであって欲しいとかそういう思いとか、もしやってる中であれば教えてください。

尾上右近:
やっぱりこう集中しなくても入ってくるものである気がするんですよね。やっぱり日頃いろんな行動したり作業したりしてる人の中に勝手に入ってくるもので、勝手に入ってくるんだけどもその質がいいか悪いかで、なんか記憶にとどまるか、とどまらないかみたいな。引っかかるか、引っかからないかっていうのが、いい意味で引っかかりたいし、いい意味で記憶にとどまりたいっていう、生活にすごく近いメディアって言ったらいいのかな。

やっぱりそのために時間を割くってことじゃないってところがすごい魅力だと思ってるんで、その枠の中でやっぱり歌舞伎っていうのは、歌舞伎という枠がある中で自由になる。でも僕の本質的になんでもありの中で自由にできるタイプではなくて、決められたものの中でそれをどう使うかっていうことによって自由を見出すってタイプなんで、すごく寄り添ってもらってると思うし、逆に番組の趣旨に寄り添いやすい部分もあるんで、そういう部分をどんどん強みにしていけたらいいなと思ってます。

ーー一言で言うとしたら、ラジオはなんでしょうかね。

尾上右近:
いまを生きているということを刻み続ける記念碑。