miwa

miwaさんにとってラジオとは?

miwa:
FM50周年、おめでとうございます。

ーー最初にラジオに触れた記憶っていうのが、どんな感じか。何かエピソードを教えて頂けますか?

miwa:
そうですね。車の中で聴く事が多くて。家族でみんなで聴いたりとかしてる時に、家族みんなで知ってるような曲が流れると嬉しかったなぁ、って思いますね。両親は、ユーミンさんとか、槇原敬之さんとか、山下達郎さんとか、小田和正さんとかが好きだったので、そういったアーティストの方が流れると、家族みんなで「あ、この曲ねぇ」みたいな感じで、良いよねー」みたいな感じで聴いていましたね。

キャロル・キングとか、カーペンタースとか、んー・・シンディー・ローパーとか、そういう洋楽もすごい好きだったので、そうですね。意味も解らず聴いたり口ずさんだりしていました。その時はなんか「誰」っていうのは、あんまり分からなかったんですけども、ま、大きくなってから、中学くらいからこれは誰で、これは誰でっていうのが段々分かるようになってきて、掘り下げていったんですけど。でも、そうですね、小学校の時から耳にはしていたので、こう、ラジオから流れてきても「あ、この曲知ってる」みたいな感じで聴いてました。

ーー自分の意志で、ラジオから聴くっていうのはいつぐらいで、どんなのを聴いてました?

miwa:
学生時代に、ま、やはり好きなバンドが出演する、生出演するってなった時は、あの、ラジオをつけて、ずっと、勉強机で勉強してる感じなんですけども、耳はずっとラジオに集中していて「いつ出るんだろう?」って感じでワクワクしながら待ってました。

あの、どこの情報よりも早く新曲のインタビューとか、あの・・ご本人の口から、こう、聞ける。しかも生出演てなると、何喋るのか誰もわからないので、すごいワクワクしながら待ってました。

ーーライブをするようになって、ラジオでお喋りをするようになって、みんなに話しかける立場になりました。そういう原体験から、自分が今どんな気持ちで皆さんに話しかけますか?

miwa:
そうですねー、んー、パーソナリティーになってからっていうのは、もう私の音楽キャリアと全く同じなので。デビューした当初からラジオ番組持たせて頂いて。んー、やはりラジオがすごくホームな場所だと思ってやってきたので、ま、今でもNHK-FMさんで「ミューズノート」っていう番組を持たせてもらってますけど、やはり他のメディアだったりっていうものとは違うものとして思っていて、リスナーの人と1対1で、あの・・んー、関われるというか繋がれる場だと思うので、より素の状態というか、そういうものを見せていけてるんじゃないかな、って思っています。

ラジオのおかげで、ライブでも1対1の大切さとか、えーと、MCで喋る時もラジオの、えっと、コーナーみたいなのを作って。その方が私的には喋りやすくて。あの、会場に来てくれた人から、ラジオにメール送ってくれるみたいに、その・・テーマを決めて、それについて予め書いてもらって、その紙を見ながら、ラジオの時みたいに、メールを読むみたいに読んで、その質問に答えたりとかってやる方が話しやすくて。ラジオのコーナーみたいなものを設けてやったりとかしています。

ーー最後に一個。あの、今後ラジオは、ちょっと変化の時代ですよね。ネットができて・・

miwa:
あ、そうですよね。あの、色んなとこで聴いたり。結構この番組も「何しながら今聴いてますか?」って生放送のタイミングが月に一回、月末にあるので、生放送の時は「今、何しながらこの番組を聴いてますか?」っていうのを毎回聞いてるんですけど、「ケーキ屋さんでケーキを買いながら聴いてます」と言う人とかいて、そんな瞬間もイヤフォンで、やっぱりラジオって聴けるので、今は。「そうなんだ・・」とか。「友達と家で集まって遊びながら、みんなで聴いてる」っていう。やはりスマホ1個置いて、みんなでそれをシェアして聴いたりとかしているみたいで。そういった人とかもいて、聴き方が、その部屋でね、一人でこもって聴くっていう聴き方だったり、車の運転中に聴くっていう聴き方だったり、こう、個人の空間で聴くものだったな、って思ってたものが、そうやってみんなとシェアしたり、自分の生活で、お出かけ中も何か他の事に集中してても、その、何て言うんだろう?聴けるっていうのは、なんかすごい不思議・・だなって思いながらも、なんかラジオがより生活にもっと密着して、もっともっと身近な存在になっているんじゃないかな、と思って。なんか、よりラジオの可能性を感じてます。