MISIA

MISIAさんにとってラジオとは?

MISIA:
NHK-FM50周年、おめでとうございます。MISIAです。私とラジオの繋がりは、そうですね、私、MISIAのデビューから、スタートします。というのも、デビュー当時、全国のクラブで、私の「つつみ込むように…」という曲が、DJの方がかけて下さって、かかって、その「つつみ込むように…」を、来ていらっしゃる、お客さんが、みんなで大合唱するという現象が全国のクラブで起こりまして、それにいち早く、ラジオのDJの方々が反応して、全国のラジオで、ヘビーローテーションして下さって、それですごく話題になって、私、デビューの曲からすごく色んな方に曲を聴いて頂いたんですよね。で、デビューしてすぐに、ラジオのレギュラー番組も、持たせて頂きました。それも、しかも生放送だったんです。もう19歳の、もう右も左も分からないような私に、よく生放送させて頂けたなって(笑)、すごく今でも思うんですけども、でもそのラジオを通して新しい楽曲に出会ったりとか。あと、ラジオにゲストをお招きする事もあって、ミュージシャンと交流したりとか。

NHK-FMでも、2014年度から「MISIA アフリカの風」というラジオ番組をレギュラーでやらせて頂いておりました。週1回の放送で。そして、その後も2015年度には、今度は「アフリカの風」からタイトルが「星空のラジオ」というタイトルと、それからテーマを変えて、これも以前はですね、月3~4ぐらいだったんですけども、昨年からですね、毎週、ラジオをやらせて頂いております。で、この「星空のラジオ」は、星空で繋がっているリスナーの方々と、音楽を通して色々な話をしましょう、というテーマでやってるんですけども、色んなゲストもお迎えしていて、そのゲストというのが・・

第一回目のゲストの方がまず、加藤登紀子さん。そして次が、石川さゆりさん。それから美輪明宏さんと続いてですね。すごい方々が続々と来て下さって、そのラジオの中ではセッションもやらせて頂いているんですね。加藤登紀子さんとも石川さゆりさんとも歌わせて頂きましたし、藤井フミヤさん、それから堂本剛さん。小林武史さんもピアノを弾きながら、歌わせて頂きましたし。それから、GLAYのTAKUROさんも来て下さって、GLAYさん、TAKUROさんともやらせて頂きましたし、今年はGLAYのTERUさんもいらっしゃって、一緒に二人で歌わせて頂きました。で、そこからですね、米倉利紀さんというシンガーと、このラジオで出会って、楽曲提供をお願いして、実際にアルバムの中にその楽曲が収録されるというですね、すごく音楽の繋がりも沢山頂いております。番組にはミュージシャンだけじゃなくて、天文学者から、それから総合格闘技の修斗の世界チャンピオンまで、色んな方が来て下さっていて、

沢山の大きな出会いを頂いております。今後、私のラジオでも、リスナーの皆さんも、音楽であったり、ミュージシャンとのお話の中で気づく事があったりというですね、色々な人生においての「出会い」を提供できるようなラジオになっていくと良いな、と思っております。という事で、私にとってのラジオは「出会い」です。

MISIAでした。