紺野美沙子

ひとりひとりの心に、
そっと寄り添って
くれるもの。

紺野美沙子:
FM50周年、おめでとうございます。

ーー最初に、ラジオ、特にFMラジオに関わったというか自分で聴いた、その最初の頃の記憶っていつぐらいとか、覚えてらっしゃいますか?

紺野美沙子:
ラジオは、中学生の頃に、友達の間で深夜放送を聴くのが流行って、それで毎晩夜更かしして聴いていました。
文化放送の「セイヤング」とか、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」とか。聴いてました。

ーーじゃあちょっと、夜更かしも相当夜更かし。

紺野美沙子:
ま、毎日じゃないですけど、好きなパーソナリティの方の時は聴いていて、あとリクエストはがきを書いたりとかも、してました。

ーー好きなパーソナリティの方って、例えば?

紺野美沙子:
谷村新司さんとか、チンペイさんとか、好きでした。
そうですね。ラジオで色々と、学ばせていただきました。

ーーそれはだいたいじゃあ、お部屋で聴いていて、学校で友達と話するみたいな。

紺野美沙子:
そうです、そうです。昨日のあれ分かった?とか。あと、友達が一人リクエストはがきを読まれて、メグのはがき昨日読まれたよね!とか、そういうので、女子だけだったんですけど、盛り上がってました。
多分、そうですね。色々、書いたんだと思いますけど。

ーーそれ、谷村さん宛ですか、それとも?

紺野美沙子:
そうですね。谷村さん宛でした。はい。

ーーどこかで谷村さんとお会いしたこととかありますか?

紺野美沙子:
あ、あります。それで昔聴いてたんですよって言ったら、ずいぶんませてたんだねって、言われました。

ーーで、あの、そのあと、車で聴かれたりとか、ちょっとFMを、AMを、卒業されてとか、テレビ見ながらラジオ聴く時間あるとか、家事しながら聴く時間があるとか、今までで、お付き合いの仕方って変わられました?

紺野美沙子:
大学一年生の時に、ボーイフレンドとドライブしてる時に、FMとかを聴いたような遠い記憶があります。

ーーどこへ行ったんですか?

紺野美沙子:
湘南あたりとか。なんか恥ずかしいですね。

ーーAMはどっちかっていうとね、その、あの、友達とワイワイやってる、で、FMは、ちょっとデートに結びついてるっていう。

紺野美沙子:
そうですね。はい。

ーーじゃ、そうやってFMを自分でも聴いて、今こういうお仕事をされていて、難しい事とか、ちょっと心がけてることとか、何かありますか?

紺野美沙子:
私の母が、晩年にラジオをホントによく聴いていたんですね。ホントにこう、ラジオが心の支えみたいなものだったと思うんです。で、その母が、私が多分中学か高校生ぐらいの時に使っていた、白いラジカセをずーっと大切にしてくれて、多分私がもう要らないって言ったんだと思うんですけど、その白いラジカセで、ラジオをずーっと聴いていたので、あ、ラジオってこんな風に、ラジオって、こんな想いで、寂しさだったりとか、病の辛さとか色々あると思うんですけれども、こんな風に聴いてる方が母だけじゃなくていっぱいいるんだろうなっていう想いがありますね。

ーーじゃあ今、ご自分でされる時に、ちょっとリスナーをイメージされたりするんですかね。

紺野美沙子:
それはいつも思います。もちろんね、お仕事で聴いてる方とかもたくさんいると思いますけど、ご高齢の方が、ほんとに必死に耳を傾けてくださってるって、そういう方もたくさんいるんだろうなって、いつも思います。

ーー私にとってラジオとはなんとかであるっていう、一言をいただけたらと思っていて、どういう言い方になりますか。

紺野美沙子:
ラジオとは、一人一人の心にそっと寄り添ってくれるもの、だと思います。