グッチ裕三

ラジオは、
聴く、
ごちそう。

グッチ裕三:
この度は、FM50周年おめでとうございます。グッチ裕三です。

ーーラジオとはずっと、あの、聴いていらっしゃった時期っていうのはあったと思うんですけど、いつぐらいから聴き始められたんでしょうか?

グッチ裕三:
高校生ですね。あの、僕たちの時代って軽自動車が乗れたんですよ。最後の時代なんですよ。高校1年の時から軽自動車が乗れて、でその、みんなでこう車で遊んでたんですよ。高1から。そうすると、楽しみがやっぱりラジオなんですよね。それで、でっかい音で車の中でラジオ聴いて「あー、楽しいな」とか、流行りの音楽を、なんかでっかい音で聴いて、すごくみんなで楽しんだの覚えてますね。あの、あの曲が印象的でしたね。ピンキーとキラーズの、えぇ・・「わーすれられないの♪」。あの曲、ボリューム上げて聴くと結構ベースがブンブンしてて「うわー、ピンキーとキラーズかっこいい」みたいなね。すっごく印象に残ってます。あとは、車の中で聴いて一番ショックだったのは、雪が降ってて、楽しみがラジオしか無くて、またボリューム上げてたら、エルビス・プレスリーの「この胸のときめき」がかかったんですよ。もうね、鳥肌が立ちましたね。「かぁ~っこい~!!」って思いましたね。それがものすごい印象に残ってる2曲ですね。

ーーその時となりには?

グッチ裕三:
あぁ、つまらない男の友達です(笑)。

ーーFMで特に何か聞き始めた頃の思い出ってございますか?

グッチ裕三:
あぁ、FMはね、やっぱ音が良くて好きでしたね。僕やっぱりその、バンドやってるぐらいで音がやっぱり大好きでしたから、なんとかその、ラジオでもステレオでも良い音で聴きたいっていつも思ってましたからね。だからその、FMをステレオで再生した時の音の良さは、やっぱ忘れられないですね。「なんだよこれ、レコードより良い音じゃん」みたいなね。それは針が悪いんだって話でしょうけど。

ーーま、そういう洋楽っていうのは、こう、入り口になったのはやっぱりラジオっていうのは大きかったっていう事ですかね?

グッチ裕三:
そうですね。やっぱり僕たちの、ちょうど青春時代って、こう深夜放送がわぁっと流行りだした時期で、なんか聴かないと仲間入りできない、みたいな。友達とね。そんな感じがしましたね。

ーーラジオに対して、ま・・バンドもされる、テレビもされる、料理もされる、そしてラジオでやるっていう時に、何か込められてる事とか・・

グッチ裕三:
あの、テレビで食レポって流行ってるじゃないですか?あれって見てると、結構タレントさんとか、ちょっとツッコミ気味なんですよね。どういう事かって言うと、食べた瞬間「うまい」って言ったりね。もうコメント決めてて喋るような人がいるんですよ。なんか顔も作ってコメントも考えてあって、もうスイッチが入って喋るみたいな。でも実はあれって、あの・・リアリティーを追及すると、最初食べてずっと味が分かるまで時間がかかるんですよ。でもやっぱりカメラに撮られてると、すぐ言わないといけない気がして、間が詰まってて、ちょっと嘘っぽいんですよね。ていうか、わざとらしいんですよ。だけど、ラジオで食べる時って、画を撮られてないから、間がちゃんと空くんですよ。皆さんこうやって食べて、「はぁー」とかね、「なるほど」とか、「へー」とかね。すごくなんか、本当っぽいですよね。リアリティーがあるから、ラジオの食レポの方が僕は面白いと思う。

ーータメがありますからね。

グッチ裕三:
そうなの。

ーーえ、で、どうなの?

グッチ裕三:
そうそう。だから多分、聴いてる方はよだれ垂らして聴いてるんじゃないかなっていうね、そんな気がする。

ーー「俺にとってはラジオはこうなんだ」っていうので言うと、

グッチ裕三:
良いの考えてきましたよ。僕にとってラジオは、「聴くご馳走」。どうでしょう(笑)?


ーー決まり、決まり、決まり過ぎじゃないですかね?

グッチ裕三:
(笑)ちょっと車の中で考えてきたんです。

ーーありがとうございます。

グッチ裕三:
失礼しました。