ふかわりょう

暗闇を
照らす、
灯台。

ふかわりょう:
ふかわりょうです。FM50周年、おめでとうございます。

ーー 一番最初に聴きはじめた時の思い出とか、いつ頃聴きはじめたとかっていうのはありますか?なんか全然、NHKの番組じゃなくても。

ふかわりょう:
初めてポケットラジオ、買ってもらったのが、あ、ま、手にして、それを布団の中で、もううれしくて、布団の中ずっと聴いてたのが、小学校、低学年とかですかねえ。

その何が聴きたいとかでも、単純にそのラジオ、っていう。そのアイテムというか、もうそれ自体がすごく魅力的だったので。そのポケットラジオを手に入れた時の印象は、やっぱり残ってますね。

ーーどんな番組、聴かれてたんですか?

ふかわりょう:
もう本当に、あのー何を聴きたくて、ではなくって、番組の。単純になんかこう、チューニング?して。ここではなんか野球が聴こえる。ここでは、何かが聴ける。その、プログラムとプログラムのはざまの、なんかその、ノイズ音さえ、なんか、多分、心地よかったんでしょうね。でなんかこう、高周波の音というか、キーンていうなんか音とか。なんかそういう全てが、なんかこう、吸収できたというか。

ーーご両親とかがあまりいない所でこっそり一人で、みたいな。

ふかわりょう:
あ、けっしてそういうことではなく、多分寝る前に、ええ。あのー、テレビってね、わりと子どもの頃はあんまり、長時間見れなかったりもして。で、ラジオはわりと、あんまりそういう制限もなく。で、夜でもなんか聴けたっていう。で、そうですね。テレビは、あの、お茶の間に一台とかそういう、あのー、お一人様じゃなかった、な、なんていうのかな、そう自分の物じゃなかったので。ラジオは自分のラジオだったんですよね。多分それもうれしさの、チャンネル権は全部、あの自分にあって。テレビはチャンネル争いをしてた時代なので。そういう意味でもなんかすごく、もうマイラジオだったんでしょうね。

それで、あのー結局、まあ調べればちゃんとわかるんでしょうけど。何が聴こえてくるかわからないっていう。ラテ欄とかを見ながらやってたわけじゃないので。あ、ここにやったらなんか声が聴こえるぞとか。ここはなんか外国語が聴こえるぞ、だとか。なんかそこら辺も、わからなさ加減がまたワクワクにつながってましたね。

ーーご自身も音楽やられていて、FMラジオで音楽聴くってどういう、こう特別の思いとかやっぱりありますか?

ふかわりょう:
えっと、そのー、出会いでいうと、いまだに、あの車でちょっと遠出すると、ラジオをこう適当に合わせるんですよね。でやっぱ地元地元で、FMなんとかってコミュニティだったり、地域のFMがあって。まあまるでその地域の、そのー地酒やワインを味わうように、その場での、なんかそのー、プログラムの、その、質感てあるじゃないですか。地方地方の。

ーーローカルの。

ふかわりょう:
ええ。まあそれこそその、方言とか出てなくても、そのローカルな、なんか空気感がラジオから、ラジオ越しに伝わってくるのがすごく好きで。で、あのー、そのローカルならではのCMだとか、やっぱりそれが音で、なんかこう味わえるっていうのを今でも、楽しみの一つですね。ええ。

ーーあの、NHKのFMでいうと、結構クラシックってすごく大きな柱の

ふかわりょう:
多いですね。

ーー 一つかなあと思っていて。
で、ご自身もあの「きらクラ」っていうクラシックの番組ご担当されてると思うんですけど。
まあクラシックの新しい出会いを提供していくっていう、

ふかわりょう:
うん。ええ。

ーー部分てあると思うんですけど。その辺ってどうですか?番組やられて。

ふかわりょう:
僕自身が、あの、まあたまたまピアノを習っていたので。多少クラシック、のそのー知識というか、知ってる曲があったので。当時はその、FM雑誌ありましたよね?「FM Fan」だとか、「FM STATION」だとか。まあ兄が買ってたのもあるかもしれないですけど、そういうので全部、そのオンエア曲がこう載ってて。で、知ってる曲があると、これがかかるっていうのがうれしくて。なんかチェックしてそれをこう、聴くんですよね。でもその、ラジオでその聴くっていうのが、そのCDで聴くのとはまた違う喜びがあって。それはなんかそのシェアする喜びなのか、ラジオ越しで聴こえるっていうなんかその、スパイスなのか。まあそういう喜びがあったので。それが今となっては、その発信側になってるっていうのが、えー、なんていうんでしょうかね、やっぱりその、当時僕が感じてたようなラジオで聴こえる喜びっていうのを、ちゃんと共有できるといいなあとは思いますけどね。

なんか、不思議な感覚というか。好きな曲をリクエストして、それがオンエアされる喜びっていうのがね、なんかやっぱりラジオならではというか。ですよね。

まあ今まあ発信するというか、なんでしょうかね。その、中継するというか。そのー、まあ特に今双方向度合が強い気もするので。ラジオって特にその、一方的ではなくって、やっぱりこう、相互に影響を与えつつ、なんかこう培っていくような気がするので。面白いですよね。

なんかそのキャッチボールによって、なんか一つの、世界が、なんかこう構築されるというか。なんか本当、畑や田畑をこう耕すような感じですよね。パーソナリティとリスナーとでこう耕して、そこでこう番組の、なんかその果実が実るような感覚はありますよね。

ーー最後にあのご自身にとって、まあ、自分にとってラジオとは何何だ、みたいな形でちょっと一言、まとめていただけたらと思うんですが。

ふかわりょう:
もうすごいなんか漠然と言い方、漠然とした言い方、になっちゃうんですけど、救ってくれるもの、だと思うんですよ。ちょっとおおげさかもしれないですけど。そのなんかこう、闇にこう差す、こう一筋の光というか。なんかそういうような感じで。なんか太陽とした、太陽のようなこう燦燦とした光じゃなくて。なんか闇にいる、人たちをこう、軽みにいざなってくれるというか。なんかそんなような、なんかこう深海に、差す光みたいな、そんなような(笑)、イメージなんですけどね。

自分にとってラジオとは、「灯台」です。灯台のようなものです。