DJ KOO

ラジオは、
ずっと心に
残るもの。

DJ KOO:
イエイ、イエイ、イエイFM50周年おめでとう!コングラッチュレーション!!

ーーラジオの出会いのことを教えていただきたいんですけど。

DJ KOO:
えーっ、やっぱりラジオ最初に聴き始めたのは、小学校の高学年ですね。で、やっぱり深夜放送をやっぱり一人で聴くようになりました。なにか、それが何だろう?自分が段々大人になって行くような気持ちで。そのラジオの深夜放送って言うのを聴いてましたね。後はですね、夕方にやっていた電リク番組。電リクって今の人は分かるかなあ?電話リクエストなんですよ。で、自分が電話でリクエストをして、その頃電話ですね。メールとかじゃないですね。電話でリクエストしてどんどん人気のヤツがかかって行くみたいな番組があって。結構そー言う参加番組って言うとことろで興味がすごくありました。

その時はちょうどですねあの僕、小学校の高学年の頃とか、ジュリー。沢田研二さんが大好きだったんですよ。で、ジュリーの曲を一所懸命リクエストしてました。

時の過ぎ行くままにであるとか、それから危険な二人であるとか。ホントにもうタイガースからあの、ソロになったころのジュリーでしたね。当時はだからもう、新御三家と言われている、郷ひろみさん、それから野口五郎さん、西城秀樹さんがもうすごくもうメインで活躍されていて。後、天地真理さんとかもいらっしゃいましたね。だからもう子供の頃の丁度音楽に入るワクワクの頃でしたね。

ーーFMって言うは何時ぐらいですかね?

DJ KOO:
FMはですね、やっぱりすごく洋楽と言うイメージがあったんですよ。特に僕、丁度小学校6年、それから中学にかけて、やっぱり沢田研二さんがキッカケで。ギターを始めたんです。はい。あのう、実際にその自分でアルバイトをしてですね、親戚のお店でアルバイトとかして。お小遣いでギターを買って、そっからやっぱり洋楽に入って行きましたね。あのう、実は洋楽に入ったキッカケも沢田研二さんなんですよ。あの、実際沢田研二さんの前、タイガースで。で、実際タイガースってどー言うことやってるんだろうと思ってアルバムを買ったら、ライブアルバムだったんですけど。当時のグループサウンズってライブだとあのう、洋楽のカバーをやってるんですよね・・・

で、そこで知ったのがローリングストーンズで。で、僕が初めて買った洋楽のレコードって言うのがローリングストーンズでした。はい。

ーーFMの番組だとどんなのが?

DJ KOO:
えーっと、ですね。シブヤヨウイチさん、イマイズミさんだったかな?ヤングミュージックショーって言うロックの番組があったんですけど。当時、1970年代後半になるのかな?やっぱり洋楽って言うもの、ロックって言うものが中々あのう、入ってこなかったんですよ。で、中々テレビでは取り上げてくれないし、唯一そー言うFMラジオで聴けるって言うような凄い何だろうな?あのう、ロックファン、ロック少年の火をつけるような番組がありました。

それからですね、やっぱりあのう、TRF。時代は飛んでしまってTRFになるんですけども。TRFの初期はやっぱりディスコの時代だったんですよね。クラブと言うか?で、ディスコとあのう、もう全国のFM局と言うのがリンクしてまして。で、ダンス番組って言う専門的な番組がすごく多くあのう、オンエアーされていたんですよ。で、そこでですね、えー。FMならではとは思うんですけれど、ノンストップで、ダンスミュージックをノンストップで繋げて行く番組って言うのが結構あってですね。そこで僕もノンストップでDJをやらせてもらったりとか、実際ディスコでやってるようなDJをラジオを通して、FMを通してよりディスコを、に来るお客さんでない方にも電波で聴いて貰うって言う様な、だから、すごいアウトプットになっていましたね、当時。はい。

後、あのFMの番組でやはりあの、レギュラー番組とかも持たせていただいたりしてる中で。やっぱりそこから何か生み出したいって言う気持ちがすごくやっぱり出て来たんですよね。そこでですね、オーディションをやったりであるとか。やっぱりあの色んなFMって、全国にあるので、関東や、自分の住んでいる近郊だけでなくですね。全国にその電波が広がっているんで、全国から声が、ボーカルが一つに集まってくるって言うようなその現象?やっぱりそれがそのすごいなと思いましたし。それと同時に各地方のFM局に行って、色んなパーソナリティーの方と話を、おしゃべりさせていただく中で。独特な物があったりとか、そー言う背景がすごくあるんで。そのまあ、たかが電波と言うかも知れませんけど。そこに乗っかってくる人の心と言うか?その、色々なバリエーションはもうホントにもう、自分の、ここで、マイクの前で。一つのマイクの前で喋ってるんだけども、それがどれだけ拡がっているか?って言うですね。たくさんの人を感じましたね。はい。

テレビだとあの、すごく目で見るじゃないですか?目で見るじゃないですか?ラジオは聴くじゃないですか?聴くって言うことはより体の中に何かあの、気持ちにそれを持っててくれるって言うことになるのかなと言うことですよね。だから後、距離感。距離感がやっぱり断然ラジオってFMって近いなって感じはしますね。それはえー。昔だとお葉書ですよね。あのう、お葉書ってすごく僕好きで。手書きで書いてくれるじゃないですか?だからそれで、リスナーの方もあのう、会話してるようなお手紙で遣り取りしてるような、すごく近い距離であのう、こちらに対してやっぱり書いてくれてると思うんですよ。まあ、それで時代はすごく、今はもうメールだったり、LINEだったりしますよね?あのう、そのレスポンスも。でも、それもやっぱり時代で、スマホで打つような、スマホですごく距離の近い人と。いや、今の面白いじゃないですか?ってツッコミを入れたりとか。そー言う発想でポンポンポンポンやり取りが出来るって言うところでは、やっぱりその、会話を出来るって言う所の楽しさでしょうね?

ーーコーさんにとって、ラジオってどんな物でしょうか?

DJ KOO:
はい。えー。ずっと心に残る物ですね。