檀ふみ

ずっと
長く一緒にいられる、
気の置けないともだち。

壇ふみ:
FM50年、おめでとうございます。

ーー 一番最初にラジオと出会ったというかいわゆる聞き始めたご記憶ってどこからでしたか。

壇ふみ:
すごく昔ですよ。「フクちゃん」という・・・どんなものか全然覚えてないんだけれども、それが、連続ラジオでやってたんじゃないかなと・・・「♪フークちゃん、ふぅ」みたいな、そういう歌だけ覚えてる。だから歌だけ覚えていますね。
あと、テレビだかラジオだかはわからないけど「鉄腕アトム」なんかもラジオでやってたんじゃないかな。いわゆる「♪空を越えて~」という歌ではない歌を覚えているので。ラジオだかテレビだかは覚えていないですけれども、そういう歌が残っているのはたぶんラジオだと思いますね。

ーーという始まりの記憶から、さらに時間を進めていただくとどういった番組を?

壇ふみ:
深夜番組、深夜の、その・・・ごめんなさい、NHKではなくて「オールナイトニッポン」とかありましたので、それが私の思春期と重なっていたので時々聞いていました。やっぱり音楽を聞くために今流行りの音楽を聴くために聴いていたというのがありますね。
今流行っているこの音楽が聴けるのが私の聞ける範囲ではそこだったっていう感じですかしらね。わざわざレコードを買いに行ったりはしなかったから。

ーー今まさにご担当されているクラシックの影響みたいな。いわゆる色々なものを聞かれていく中でみたいなそういうものがあったんですか?

壇ふみ:
実はクラシック音楽をちゃんとラジオやFMで聴くようになったのは、自分がクラシック音楽との関わりができてからですね。それまでは、それこそ音源を買ったり、LPの時代もあったけどCDで聴いていていたりテープで聴いていたりして、熱心にFMとか放送チェックする人間ではなかったので。今ちょっと番組やって驚いて…みなさん「あの番組を、きちんとあの放送持っているのですが」って。それにきちんと録れなかったのでもう1度やって欲しいとか、何十年前の放送を聞いてらっしゃる、そういうお便りいただくと本当にすごいなと思いますね。

でも一つあった。今思い出しました。中学校の時、とてもクラシックの好きな男の子がいて。何かその話を聞いていたら何が好きか聞いたらバロックが好きだと。(クラシックを)全然知らないときですよ。そんなのどうやって聴くの?って聞いたら朝の6時台にバロックの時間があってそれを聴いているって聞いたので、それをしばらく聞いていたってことはありました。別に好きな男の子でも何でもないんですよ(笑)。好きって…感じのいい男の子だったし割と何ていうかな…尊敬する…趣味嗜好にとても、趣味嗜好、尊敬していた印象「あ、こんなに音楽が好きなんだ」っていうことを抱いていて、その興味を持って私はしばらく聴いていたんだけど。私は早起きな人間ではなかったので、聴き続けることはしていなかったです。

ーーラジオのお仕事の特徴っていうか。ちょっと「違うな」というか。そういうことを挙げるとしたらどういうものになりますか?

壇ふみ:
言葉だけで伝えるっていう、書くことも言葉で伝えるんですけど時間があるのでたっぷり考えてこう書けばいい、こういうふうにやったら伝えられるだろうか、どうやったら伝えられるだろうかってゆっくり考えながら、いろんな角度から見ながら書いて伝えることができるんですけど。ラジオっていうのはその言葉だけで「今、どんな服を着ているか」とか「今どういう表情をされているか前の方が」とか。こないだも池辺先生の持っていらした、古い文庫本の話になったんですけど、それがどういう状態なのかっていうことをぱっと伝えるというか…言葉だけで…何というのかな、瞬時に伝えられるということが非常に難しいなと思ったりしてますね。

ーー檀さんにとって「ラジオとは○○だ」って言いきりのフレーズでラジオというものを例えるとするならば。

壇ふみ:
ラジオって「気にならない友だち」ですよね。気にならない友だちというか、何かその「気の置けない友だち」というのかな。横にいてどんな表情してるのかなとか。だから・・・「気の置けない友だち」。