2019年7月16日

自民党 組織運動本部長 山口泰明さん

夜の会合続く本部長を支えるサラダ

2019年7月16日

お昼どき、自民党本部から足早に出てきたのは、組織運動本部長の山口泰明さん(70)です。

同僚議員からは親しみを込めて「泰明(たいめい)さん」と呼ばれているそうです。
新人の頃から「宴会部長」に指名されるなど、豪快な飲みっぷりでも知られる泰明さん。仕事の合間を縫ってコンビニで買ったランチは…

袋詰めのサラダです。
「忙しい時も、毎日、野菜を食べる。これが大事だね」

泰明さん、野菜を食べることを習慣にしているとのこと。党本部の自室で、お皿によそって食べます。
この日はサラダに、メンチカツとおにぎりを合わせて438円。

山盛りのサラダ、なかなかすごい量ですね。
「食事をする時には必ず野菜を食べる。3年以上続けていて、もう4年近くになるかな。朝は野菜ジュースを飲み、昼は野菜を食べる。夜の会食も最初の突き出しに代えて、サラダを出してもらったりしている。野菜もこれだけの量を食べると腹がふくれるよ」

泰明さんは、業界団体とのパイプ役になる党の組織運動本部長を4年近くにわたって、務めてきました。夜は団体や企業関係者などとの会食の日々。1軒で終わらず、2軒重なる日もあると言います。野菜を食べ始めたきっかけは、体を気遣ってのことでした。
「夜の会合がヘビーなので、朝も昼もちゃんと食べると必ず太っちゃう。僕は普通の人よりも飲むから。アルコールにもカロリーがあるでしょう。そんな時に、ある支援者から、野菜中心の食事に変えると痩せると聞いて食べ始めたんだよね」

ランチでは、ごはんや麺の量を減らし、野菜を多く食べることを心がけているそうです。
効果はあったんですか。
「少し高かった血糖値が、正常値に近くなってきたんだよ。野菜を食べるのは体にいいと思う」

野菜を食べ続ける泰明さんに、周りの人も驚いているそうです。
「妻からは『よく続きますね』と言われているね。同僚議員も、一緒に食事をしていて、私が野菜を食べ始めると、『俺もくれ』って、同じものを注文する人もいるよ」

党職員から報告を受けながら、5分でサラダを食べ終えた泰明さん。
業界団体を訪問するため、足早に車に乗り込みました。

多忙な組織運動本部長を支えるサラダランチ。

ごちそうさまでした。