ねほりはほり聞いて!

政治のことば

ねほりん

ねほりん

なにかと難しくてわからない政治のことば、このコーナーで解説するよ

ぱほりん

ぱほりん

政治のことば

今回は
地域おこし協力隊

ねほりん

ぱほりん

デスクイメージ

デスク回答

地域おこし協力隊とは

「地域おこし協力隊」は、総務省が財政支援して、自治体が実施する制度。

委嘱された人は、地方自治体に移住して活動する。地域ブランドの振興や、地場産品の開発、イベントの計画・参加、農林水産業への従事、住民の生活支援などの活動を行いながら町おこしを行う。総務省が財政支援して、任期はおおむね1年以上3年以下。

総務省によると、2020年度は1065団体でおよそ5500人の協力隊が活動した。隊員の約7割が20代と30代で、男性が6割、女性が4割。

任期終了後、約6割の隊員が同じ地域に定住している。定住した人は、▼41%が自治体職員や観光業などへの就業、▼38%が飲食サービス業や宿泊業などの起業、▼12%が農林水産業などに従事している。

【リンク】「地域おこし協力隊」の記事 東日本大震災から11年いまだ取り残された空き地は

ページトップ