ねほりはほり聞いて!

政治のことば

ねほりん

ねほりん

なにかと難しくてわからない政治のことば、このコーナーで解説するよ

ぱほりん

ぱほりん

政治のことば

今回は
学校連携観戦プログラム

ねほりん

ぱほりん

デスクイメージ

デスク回答

学校連携観戦プログラムとは

学校連携観戦プログラムは、東京オリンピック・パラリンピックの会場がある自治体などの子どもたちに会場で直接、競技を見てもらう取り組みです。

開催都市の東京都はチケット代を公費で賄い、希望する都内の学校の子どもたちに見てもらえるよう、区市町村の教育委員会や各学校に意向調査を行って参加を募りました。

大会が1年延期される前は、オリンピックとパラリンピックに公立学校から80万人余り、私立学校から9万人余りの合わせておよそ90万人の小中学生や高校生などが参加する予定でした。

しかし、オリンピックでは、都内のすべての会場が無観客になったことを受けて、都内の学校連携観戦も中止となりました。

パラリンピックについては、大会組織委員会とIPC=国際パラリンピック委員会、政府と東京都の4者による会談で原則、無観客での開催となった一方、学校連携観戦は、教育的な意義を重視して、安全対策を講じたうえで実施することが決まりました。

一方、都の教育委員会によりますと、保護者の同意が得られず参加しない児童や生徒については欠席扱いにしないということです。

ページトップ