地域に愛される鉄道へ 赤字ローカル鉄道の挑戦

「定期代が高いんじゃないですかね」社長は通学定期を半額にする決断を下しました。秋田県の「由利高原鉄道」に再び生徒たちの姿が。利用者のニーズに応えて走り続ける36年目です

ページトップ