央省庁の運用見直し
「自分の任期の中で」首相

中央省庁の改革を求める自民党の提言を受けて、安倍総理大臣は、行政の効率性は不断の見直しが必要だとして、これから3年の任期で、中央省庁の運用の見直しを進める考えを示しました。

自民党の行政改革推進本部は、中央省庁を、社会の変化に合わせて改革する必要があるとして提言をまとめ、21日、本部長を務める甘利元経済再生担当大臣らが、安倍総理大臣に提出しました。

提言では、子育て政策を一体で推進する官庁を検討するよう求めているほか、厚生労働省は、業務の量が極めて多いなどとして、政策の方向性や業務量などを踏まえて、在り方を検討する必要があるなどと指摘しています。

これに対し、安倍総理大臣は「行政の効率性は、不断の見直しが必要だ。組織だけでなく運用でも、しっかり機能しているか見直すことが大事だ。自分の任期の中で、できるところは参考にしたい」と述べ、これから3年の任期で、中央省庁の運用の見直しを進める考えを示しました。