新型コロナ 死亡の20歳未満 半数が基礎疾患無し 意識障害やおう吐も

ことしに入って新型コロナウイルスに感染して亡くなった子どもなど、20歳未満の人について国立感染症研究所が調べたところ、詳しい調査ができたおよそ30人のうちのほぼ半数には基礎疾患がなかったことが分かりました。意識障害やおう吐などが多くみられ、呼吸器以外の症状にも注意する必要があるとしています。

国立感染症研究所はオミクロン株が広がったことし1月から8月までに発症して亡くなった子どもなど、20歳未満の41人のうち、詳しい状況を調査できた29人について分析し、その結果を9月14日に開かれた厚生労働省の専門家会合に報告しました。

亡くなったのは年齢別に
▽0歳が8人、
▽1歳から4歳が6人、
▽5歳から11歳が12人、
▽12歳から19歳が3人で、
ほぼ半数の15人には基礎疾患がありませんでした。

ワクチンの接種対象年齢だった15人のうち、2回接種していたのは2人だったということです。

医療機関に到着した時点での症状をみると
▽発熱が79%、
▽吐き気やおう吐が52%、
▽意識障害が45%などとなっていて、
とくに基礎疾患のないケースでは意識障害やおう吐、けいれんが多く、呼吸器の症状以外にも注意が必要だと指摘しました。

また発症した日が分かった26人のうち、亡くなるまでの期間が1週間未満だった人は73%を占めていて、発症後1週間は特に症状の経過観察が重要だとしています。

脇田座長「子どもでもワクチン接種が重要」

専門家会合の脇田隆字座長は「子どもでもなるべく感染しないようにしてもらうことが重要で、その方法の一つとしてワクチン接種が重要だと考えている」と話しています。